しんちゃお~ハンです。

現地人に教えてもらわない限り分からない隠れ家的な料理店を探すのは私の趣味です。
本日個人的に紹介したいのは60年以上続くヒエンカン(HIỂN KHÁNH)という老舗デザート屋です。

ベトナム北部出身の創業者は故郷への想いを込めて、1959年にヒエンカンデザート屋を開きました。ここに扱っているメニューは北部風です。にもかかわらず、昔のサイゴン市からホーチミン市に市名が改名された今までも現地人が足繁く通のは相変わらないようです。

住所は718 Nguyen Dinh Chieu 3区で、ホーチミン市の中心部からちょっとそれたところです。

表通りに面していますが、わざわざ行かなければ通りかかりそうなごぢんまりとしたお店です。

Che_hien_khanh_2

なんとレトロな看板でしょうね。

Che_hien_khanh_sign

外観だけでなく、内観にもレトロな雰囲気が漂っています。

Che_hien_khanh_interior_1

創業者さんの趣味は詩を作ることだそうです。自分で作った詩を綺麗な手書きでボードに控えて壁に掛けてあります。題材はお店に売っているタックチェー、煮えた緑豆餡チェー、ちまきなどの材料意味や効能です。

Che_hien_khanh_interior_2

入口辺りにこんなものが壁に飾ってあります。

Che_hien_khanh_scan_of_japanese_mag

18年前に日本人記者さんが来店してヒエンカンのデザート屋を雑誌に紹介したらしいです。オーナーさんは感謝の気持ちをこめて、その記事のスキャンを大切に扱っているそうです。

ヒエンカンのデザート屋にタクチェー(Thach che)は定番です。
そもそも、タクチェーというのはどのような食べ物でしょうか。

タク(Thạch)とは寒天のようなものです。この品に限り、麺状にカットされます。
チェー(Chè)はベトナムのローカルデザートです。日本で例えるならあんみつみたいなものだと思います。
主な具材の麺状の寒天以外、竜眼、蓮の実、ライチ、クワイなど色々なトッピングを注文できます。

常にテーブルに置いといたメニューはベトナム語ですが、係員に聞くと、英語版もありますので外国人も簡単に注文できます。

Che_hien_khanh_menu

多くの品が羅列されても、要するにタク(寒天)とトッピングです。トッピングの数によって値段が違います。
・寒天のみ(トッピングなし):18,000ドン(約85円)
・寒天+1つのトッピング入り:20,000ドン(約90円)
・寒天+2つのトッピング入り:23,000ドン(約105円)
・寒天+3つ以上のトッピング入り:27,000ドン(約125円)
※2020年10月現在の値段です。

メニューにて写真がなくて少し不便なものですが、印刷メニューの代わりに、入口辺りのカウンターに好きなトッピングを指さして注文しても大丈夫です。

Che_hien_khanh_counter_1

カウンターのガラス越しに色々な具材が並んでいるのが見えます。

Che_hien_khanh_counter_2

私は試したのは1番目のタク・チャン(Thạch trắng)と18番目のタク・タップ・カム(Thạch thập cẩm)です。
トッピングなくて最も地味な前者と多くのトッピングをミックスされる後者を食べ比べたいですから。

ちなみにタップ・カムとはミックスです。常にベトナムの料理店にはタップ・カムと名付く品は具材がもっとも多くて特別なディッシュです。初めて行った料理店に何が注文すれば良いか迷うような時はあるでしょう。そんな時にタップ・カムから試したら大丈夫だと思います。なぜなら食べるほど必ずお気に入る組み合わせを見つけられます。

運ばれたのはこれです。見た目にも涼しいですね。

Che_hien_khanh_thach_thap_cam_thach

右はタク・チャン(Thạch trắng)です。
左はタク・タップ・カム(Thạch thập cẩm)です。タク以外、5種類のトッピングも入っています。

Che_hien_khanh_ingredients

下にクラッシュアイスがありますので、具材と氷をよく混ぜてから食べましょう。

さあ、トッピングなしのタク・チャンから始めましょう!

材料はタクとシロップだけで見た目は地味で目立ちません。ところが地味であればこそ、材料の美味さを味わえます。
ホロリと歯切れのよいタクは味がありませんが、ジャスミン香りが立つシロップのほんのり甘みに組合せば美味しいです。シロップにまじるクラッシュアイスのザグザグ感とともに、さっぱりした味わいが楽しめます。

タク・タップ・カムなら、ジャスミンティフレーバーのシロップと歯ごたえがある寒天のほかにトッピングを味わえます。クワイのシャキシャキ感、竜眼とライチのジューシーさ、オウギヤシの実のブニブニ感、そしてほくほくした蓮の実の全部が相性抜群!!!

Che_hien_khanh_thach_nhan_2

チャンスがあれば他の品を食べ比べがおすすめです。
たとえば、
タク・ニャン(Thạch Nhãn/寒天+竜眼)。これは私の大好きなコンビネーションです。
時々シロップにジャスミンの花が入っています。

Che_hien_khanh_thach_nhan_1


タク・バイ・クーナン(Thạch Vải Củ Năng/寒天+ライチ+クワイ)

Che_hien_khanh_thach_vai_cu_nang


タク・セン・ダウサイン(Thạch sen đậu xanh/寒天+蓮の実+甘く煮た緑豆餡)

Che_hien_khanh_thach_sen_dau_xanh

中心部から少し離れるロケーションと華やかなレストランでないローカル料理店ですが、ヒエンカンのデザート屋は試す価値があると思います。ベトナムの食文化を楽しむのに興味があれば、ぜひ立ち寄ってください。

店名:ヒエンカン(HIỂN KHÁNH)
住所:718 Nguyen Dinh Chieu District 3, Ho Chi Minh city
営業時間:9:00~12:30&14:30~22:00

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ベトナム支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局