シアトル編 2007.02.23

ワシントン州のシアトル。

シアトルといえば大抵の方はイチロー選手やマリナーズをはじめ、最近では

シアトル発祥のスターバックスなどを連想するんでしょうか。

Windowsで知られるマイクロソフト社もシアトル郊外のレドモンドという所に

本社を構えていたりしますし、インターネット販売の大手であるアマゾンドット

コムもシアトル発祥だったはず。

そんなシアトルを少しでも知ってもらおうと、サンフランシスコ支店にも関わ

らず他都市を扱ってしまうこの企画、しばらくお付き合い下さいませ。


『シアトルといえば』企画の第一回目はこちら↓



『パイクプレイス・マーケット(Pike Place Market)』

もっと分かりやすく言うなら生鮮市場とでも言ったらいいのでしょうか。


ちなみにこのマーケットは1907年に開かれたので今年で100年ということに

なり、全米の数あるマーケットの中では最も古い歴史を持っていると言われ

ています。

100年も続くマーケットってスゴイと思いません?


じゃぁ、マーケットの中ではどんなものが売られているのかと言いますと、



色とりどりのフルーツや野菜が売られていますが、どれもフレッシュ!

普段、フルーツなんて見向きもしない私でさえ、つい手に取ってしまいます

こんな感じで売られれば買いたくなりますよね。


続いてはこちら↓



チョコレートやドライフルーツ、ジャムなどが売られています。

このメーカーはワシントン州のメーカーさんでして自然派を売りにしているの

でどれもおいしそうだし、特に女性に人気があるようです。

http://www.chukar.com/


引き続き、マーケット内を徘徊していると、こんなお店が↓



このお店は現地では結構知られていますが、なぜかというと

以前、トム・ハンクスとメグ・ライアン主演で作られた映画「めぐり逢えたら」

(英語名Sleepless In Seattle)でトム・ハンクスが食事を取るシーンで使わ

れたレストランでして、お店のウインドウには彼の写真が貼られています。

ちなみにこのお店では世界中のビールを集めていますので、ビール好きに

はたまらないお店です(余談でした・・)


その他にもお花屋さんや↓


中にはベルトのバックル屋さん、Tシャツ屋さんを始めとしたお土産物さん

が狭いエリアに溢れるようにしてお店を構えています。


ところで、パイクプレイスの1番の目玉は、やっぱりなんといってもシーフー

ドです。所狭しと並べられた蟹や生ガキ、ロブスターからサーモン、とにかく

何でも売っています。↓



見てください↑このカニ達を!

これでもかっ!と並んだその姿は、なんか妙にエグイ気もしますが・・・。

(エイリアンみたい)



この店ではカニのほかにも貝類やえび(シュリンプ)なども売っており

しかも写真の上辺りを見て頂くと分かりますが、

「We Ship Fresh Seafood Overnight To Anywhere In The U.S.」と謳って

ます。


アメリカ国内なら発送も可能と・・・・。

スゴイですね。



こちらのお魚さんも、どれも活きのいいこと。

眼が死んでません。

どれも真っ白でさっきまでスイスイ泳いでいたような感じすらあります。

アメリカで「新鮮」な魚介類を買うというのは結構難しいもんで、中国系の

マーケットなんかに行くと、寝不足気味の魚が陳列していたりします。


そんなカニ屋さんのなかでもひときわ眼を引くのがこちら↓



「Pike Place Fish」というお店。

先ほどごらん頂いた看板の写真に写っている入り口の所に位置している

ので分かりやすいのと、恐らくいつも黒山の人だかりなので見つけやすい

と思います。

なんでこの店が有名(人気)なのかと言いますと、店員とお客さんの掛け

合いが面白く、商談がまとまると、売り手の店員はカウンターの中にいる

店員にお客さんが買ったばかりのカニやサーモンといった「商品」を放り

投げて渡すその姿が滑稽だったりするわけです。


雰囲気だけでも分かってもらえたらと思いまして下の動画を撮ってきまし

たのでご覧下さい。


「Pike Place Fish」の店頭動画↓



このパイクプレイスマーケットはシアトル市内のどのホテルからでも歩い

ても大体10~15分の距離ですので行くは簡単です。

唯一の注意としてはどのお店も店じまいが17:00から18:00頃ですので

呑気に夕方近くに行きますとシラケた市場を見ることになります。


次回のブログではこの直ぐ近くにあるスターバックス1号店をご紹介

お楽しみに!!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: みんみん -2007年2月23日 (金) 08時02分

      ■いっつも。。
      このブログを拝見しては懐かしさにため息ですが。。Berkeleyに住んでた時にはシアトルにも行きました。友達が住んでたので一人で行き、このマーケット近くの安いユースホステルに泊まりました。。記事にも書かれてる映画で使われたレストランではここの名物(?)とかいう赤いチャウダーは戴かないでふっつーの白いクラムチャウダーを食して来ました。Berkeleyとは違い、朝の8時過ぎくらいにならないと空が明るくならないのが驚きでしたがアーティスティックな街って感じで良い所ですよねぇ。

    • 投稿: his-sanfrancisco -2007年2月23日 (金) 21時03分

      ■コメントありがとうございます。
      みんみん様色々と旅行されているのですね~!!その内にバークレーもご紹介させていただきますので、お楽しみに!!(=⌒▽⌒=)

    

    HIS サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2021.01
    loading...
    WORLD情報局