2018.10.05

アメリカといえば、大迫力のスポーツ観戦!baseballメジャーリーグ、golfアイスホッケー、アメフトにNBAbasketball

という訳で、今回はNBAを観に行ってきました。basketball

サンフランシスコの中心部からBART(電車)で約20~30分。

Coliseum Station駅で下車し、徒歩10分弱。

試合会場のオラクルアリーナへ到着です。

駅からは一本道なので、道に迷うことは無いと思います。good

P9303761

入口に入る前に、荷物検査があります!

大きな荷物は持ち込めないので、必要最低限のものだけ持って行きましょう。3辺の大きさは35×35×15cm以下でないとだめです。bag(バックパックも不可)※2018年9月現在

一眼カメラを持っている方は要注意!camera 望遠のレンズは持ち込み禁止です。

荷物検査の後は、アリーナの入口でチケットticketを見せ、入場します。

P9303762

試合は05:30pm開始で、休憩を挟み8時過ぎまで続きます。

フード、ドリンクは充実しておりますので、開始前に何か買っておくのが良いかもしれません。riceballfastfoodbeer

やはり値段は少々お高めですが、、、

P9303766

もちろんオフィシャルグッズも充実!帽子やユニフォームなどなど。sportsdrama

目当てのグッズがある人は、早めに会場入りしておきましょう。

P9303763

会場のようす。既に観客の熱気に包まれております。impactimpact

選手紹介で火柱が上がったりと会場の演出も豪快です。

アメリカのスポーツは基本的に、席と試合内容によって値段がかなり変わります。

私は2階席から観戦しましたが、1階席、前方の席や人気チーム同士の試合はとても高額!

モノによっては1000ドルを越えることも、、、さらにファイナルシーズンに入るともっと値上がりします。dollar

P9303773

試合が始まりました。ゴールデンステイトウォリアーズ(ホーム)対ミネソタ・ティンバーウルフズ(アウェイ)です。

日本では中々見られない、大迫力のダンクシュートアリウープといったスーパープレイの度に歓声が沸きます。試合の迫力もさながら、観客が一体となって盛り上がる賑やかな雰囲気も楽しいですね。shine

P9303782

バスケットボールはルール上第4ラウンド(クォーター)。各ラウンドの間はもちろん、チアリーディングなどのエンターテイメントが行われ観客を飽きさせません。

P9303785

一進一退の白熱した試合でした。最終的に、ウォリアーズは114-110で惜しくも敗れてしまいました。。。sweat01

日本ではバスケットボールの漫画を読むくらいの私ですが、世界最高峰のプロバスケットボールリーグ観戦はとても楽しめました!

帰りは観客が一斉に帰るので、早めに帰ってしまいましょう。

荷物検査が少し要注意ですが、チケットさえ買えば試合観戦はらくらく!

以上、NBAの観戦レポートでした。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2018.12
    loading...
    WORLD情報局