今や、ラスベガスに来る目的の一つに上げる方も多い
シルク・ドゥ・ソレイユ のショー。

個人的にも何回も(何十回も)見てますが
どのショーも見る度に感動するので
本当に本当に、ラスベガスに来たらマストでオススメです。


そんなシルクのショーに、
この10月から新しいラインナップが加わる事が発表になりました!!



まだまだベールに包まれたショーの内容を記者会見での様子と共にご紹介。



ショーのタイトルは R.U.N
走る、という意味はもちろんですが、英語の省略文字として使われる
R=Are
U=You
N=In
という意味も併せ持つのだとか。

Simg_0494_2

ちょっと↑の画像をみて、あれ?シルクっぽくない・・・と思う方もいらっしゃるかと思います。

そう、このR.U.Nは、これまでのシルクとは、一味も二味も違う、異色のショーなのです。

Simg_0490RUNを表すキーワードはコレ!として出されたのが

・13歳以上
・ライブDJ
・ライブアクション スタント
・判りやすいストーリー
・アクション映画やアメコミ風
・炎の効果

などなど。
うーん、シルクをイメージさせるキーワードが一つもない!!!
Simg_0498
ストーリーは・・・

ネバダ州内のどこかの砂漠にて・・・
小さなチャペルにて結婚式が行われていた
が、何か様子がおかしい・・・
男はなぜだか建物の外に飛ばされてしまった・・・
自分の人生に怯えるかのように車へ向かって走る男…
新郎とその取り巻きも後に続く。
どこにいるのか、いつだか、なんだかわからないけれど復讐のために・・・

彼は一体何をしたのか?
なぜ、結婚式が駄目になってしまったのか?
命をかける事なのか?

適当な翻訳ですが、元文を読んでも意味不明なのです。

これがキャラクター達。

Simg_0502

そして、好きな人にはたまらない、この制作陣!

Simg_0512
シナリオは、あのロバート・ロドリゲス監督が担当!
フロム・ダスク・ティル・ドーンや、シン・シティなどでおなじみ。



音楽担当は、映画デッドプール、ジョン・ウィックやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを担当した映画音楽家、ダイラー・ベイツ。バンド、マリリン・マンソンのギタリストとしても活躍中。



ディレクターは、数多くのスポーツイベントや、ミシェル・オバマ前大統領夫人のイベントなどでもおなじみ。





制作陣をみるだけで、結構ダークでバイオレンスなイメージがもりもりです。

かなりバイオレンスなシーンも多いらしく、13歳未満はおすすめしない、という内容だとか。
家族連れには向かないけれど、ハードなアクション系、という事だけははっきりしてますね。



開始は10月!

チケット販売はまだですが、申し込みページはコチラから。

開始になり次第、このページから販売します。お楽しみに!


BY:AY

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2020.12
    loading...
    WORLD情報局