先週1週間ほどカリフォルニアの北に位置するオレゴン州のポートランド

に行ってきました。仕事の都合で行ったのですが、せっかく行くのであれば

ということで、そのまた北に位置するワシントン州のシアトルにも行ってきま

した。


ここはサンフランシスコのブログじゃないのかって??

我等はサンフランシスコだけじゃなく、ポートランドやシアトルもカバーします。


記念すべき1回目はサンフランシスコからポートランドまでの飛行機からの

景色をご紹介しましょう。以前、サンフランシスコから南に位置するロサンゼ

ルスまでの飛行機からの風景をご紹介しましたが、今回はその反対、

一路進路を北にとってみました。


フライト時間は1時間35分という短いものですが、結構楽しめます。

飛行機が離陸しておよそ20分もしない内にカリフォルニアワインで有名なナパ

バレーエリア上空に到達します。



時期が2月ということもあり、あまり緑々していませんが、6月頃からは

見事な田園風景を楽しませてくれるわけですね。


ナパエリアをパスした後、およそ30~40分もすると今度はマウントシャスタ

エリア上空に到達します。



写真でも分かるようにシャスタレイクは複雑に入り組んだ姿が特徴で、

北カリフォル二アでも最も人気のある湖の1つであると言えます。

最もポピュラーなものを挙げますと、水上スキー、ジェットスキー、

忘れてならないのがモーターボートでして、みんな車の後ろにボートを

引っさげて湖に登場します。(羨ましい・・・)


シャスタ湖を見た後に直ぐ現れるのがマウントシャスタです。

先日のブログでも触れましたが、聖なる山ですね。

ちなみに高さは4317mありますので、当然ながら富士山よりものっぽな訳

ですね。

スピリチュアルな山って富士山もそうですが、独特の風格と言いますか、

周囲の雰囲気とちょっと異なったオーラが出ているような気がします。

しかも、ここだけ雪が積もり、その周辺には雪すらないのと周りに雲を従え

るその姿は威厳すら感じます。


このマウントシャスタが見えたということは、ほとんどカリフォルニアとオレ

ゴンの州境に達したということを意味しています。


次に楽しみなのはこちら↓

って、これだけ見せられて分かる人はスゴイですね。

この湖はアメリカで最も「深い」湖として知られています。

深さはおよそ589mあります。


正解は「クレーターレイク」といい、南オレゴンの見所の1つです。

これは今から6800年前に火山が大噴火して出来たカルデラ湖で、

資料によると当時ここに「あった」山の標高はなんと3600m!

1980年にお隣のワシントン州にあるセントへレンズの大噴火

(覚えていますか?)の42倍のエネルギーで一瞬にして山そのもの

を吹き飛ばしたそうです。

恐るべし自然の力。



などと、自然に敬意を表していると、徐々に雲が多くなって来ます。

恐らくこの雲の下は雪が降っているのでしょうね。

あまり知られていないかもしれませんが、オレゴン州というのはスキー

が盛んなところでして、代表的なのはポートランドから片道1時間ちょっと

でいけるマウント・フッド(Mt. Hood)を筆頭に夏でもスキーが出来るという

スキー・ボウル(Ski Bowl)など魅力的な山々がたくさんあります。


スキー行きたいなぁなどと、思いを馳せていると機体は徐々に高度を下げ

始めていき、およそ20から30分でポートランドに到着です。


どうですか?短い空の旅ですけど結構面白いでしょう。


知らないと下なんか眺めないでしょうけど・・・。事前にこういったものを知

った上で、飛ぶと結構色んなものが見れます。

是非とも眠ることなく、下を眺めてみてはいかがでしょうか?


注:話の都合上「サンフランシスコからオレゴン」と書きましたが、今回搭乗

したサウスウエスト航空はサンフランシスコ発ではなく本来はオークランド

発のみが運行されております。

(今年の秋からはサンフランシスコ発が運行予定)

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2020.11
    loading...
    WORLD情報局