オレゴン・コーストと一般に呼ばれるように、オレゴンの海岸線はそれだけ

でも非常に有名なエリアだと言えると思います。


なぜか?


恐らく変化に富んだ風景、思いっきり岸壁に打ち付ける荒波や複雑に入り

組んだ海岸線はどういうわけか人々の心を惹きつける何かがあるのでしょう


仮にポートランドから、オレゴン・コーストを一度見てみようと思うと、

やはりレンタカーということになってしまうと思うのですが、ここポートランドは

恐らくアメリカの他都市に比べて車の運転がしやすい街なんではないでしょ

うか。道路が比較的分かりやすいような感じがします。

さて、ポートランドから比較的楽に行けるルートとしてはインターステートハイ

ウェイの26号線を一路西に進むコースではないでしょうか。

まっすぐ向えば片道約1時間30分ほどで海岸線沿いに出られます。


お勧めの行程としては、朝7:00か8:00時頃にポートランド市内を出発し26号

線を西に向います。

あえてホテルで朝食を取らずに出発するのには訳がありまして、この26号線

の途中にあるレストラン「CAMP 18」が絶対お勧めだからです!


キャビンタイプの建物でして、その周辺にはその昔活躍していたと思われる

木材伐採用の機械やそれを運ぶための列車等が雑然を並ぶ姿はなんとも

不思議な雰囲気があって昔が偲ばれます。

ちなみに26号線を走っていてもレストランは見え難いので↓の看板が目印。



店内の雰囲気も非常に心地よくて、せっかくならホテルやファストフードなど

ではなくココで食べたいという気持ちが分かってもらえるでしょうか??

このレストランの目玉は「シナモンロール」ということで、

実際に注文すると分かるのですが日本人なら優に2人分といった

オバケみたいなシナモンロールが平気な顔して出てきます。


見てくださいこれ↓



甘いものが苦手な私にはまるで罰ゲームのような・・・・。


コーヒーをがぶ飲みし、無理やり流し込んだので味は良く覚えていません

が、隣のアメリカ人は「ワンダフル!!」みたいな感嘆の声を挙げるのは

その体格をみて妙に納得・・・・。


その他のメニュー(例:オムレツやステーキ等)も全てサイズがBIG!

日本人なら昼抜きでもOKでしょう。


Camp 18

Mile Marker 18 Hwy26

Seaside, OR 97138


さて、ここで死にそうなほど満腹になったら一路ビーチへ!

26号線で向うはキャノン・ビーチです。

まるでプライベートビーチのような様相をしています。

あいにくこの日は雨だったので鮮やかな景観というわけにはいかなかっ

たのですが、遠目に見える大きな岩(モノリス)はしっかりと私たちにオレ

ゴン・コーストのイメージを訴えかけてきます。


しかし、雨のオレゴン・コーストをご紹介するのはあまりにもこの業界の

人間として偲びないでオレゴン・コースト・ビジターズ・アソシエーション

(Oregon Coast Visitors association)の方から頂いた夏の写真をご覧

頂きましょう。


上下の写真を見てもイメージできると思いますがカリフォルニアの海岸

線よりもなんとなくゴツゴツした印象を受けます。

さぞかし冬の光景は津軽海峡冬景色(行ったことないですが)なんじゃ

ないでしょうか。(特別、意味はないので無視してください・・・)

下のような凧揚げ大会も開催されたりします。

オレゴンはサーモン(鮭)フィッシングも盛んでして、時期が来るとたくさ

んのサーモンがオレゴン中の川を遡って行くのでしょうけど、彼等はこん

な荒波に揉まれながら川に辿り着くのかと思うと妙な感動を覚えるのは

きっと釣りバカの私だけでしょうね。


さて、街はというと今回訪れたキャノン・ビーチは普段の人口は非常に少

ないそうですが、シーズンに入ると溢れんばかりの人が訪れるそうです。


夏場は避暑地としても有名とのことで、ここキャノン・ビーチ、もしくはここ

から北にすこし上がったところにあるオレゴン北西部では最も古い歴史を

もつアストリア(Astoria)での滞在がお勧めです。


キャノンビーチで滞在中にお勧めなのがこちら↓


クッキングスクールです。

ニューヨークで修行をしたシェフがパートナーと開いたこのスクールでは

サーモンチャウダーを始めとしたレシピを公開し、実際にその作り方を教え

てくれます。

上の写真のように生徒がシェフを囲んでレシピを学ぶだけでなく、

もちろん食事にありつく?わけですね。

サラダひとつとっても、こちらのおじさんのこだわりをじっくりと教えてくれる

訳です。この日は写真のようなサラダとサーモンチャウダーを食べさせて

もらったのですが、特にサーモンチャウダーは思っていたよりも手軽にでき

るんだなぁと拍子抜けしてしまいました。


オレゴン・コーストと一言で言ってはみたものの、実際には北オレゴンと南オ

レゴンでの景色は当然ながら違うわけで、単純にブログでご紹介するには

無理があります。

聞くところによると、南オレゴン・コーストの方が更にプライベート感があると

いうことでしたが、現地の人間が言う「プライベート感」というのは、実際には

特に開発もされず人里離れたエリアをそう呼ぶこともあるので一概に鵜呑み

にはできませんが、単純にどっちがお勧めと聞くと


「南オレゴン・コースト」ということだそうです。


いずれ私も行ってみたいなぁ~。


余談ですが26号線を走っている時に見える景色はこんな感じです。↓



のどかですよねぇ・・・・。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS サンフランシスコ支店

    いいね!サンフランシスコ
    2020.11
    loading...
    WORLD情報局