2017年7月19日より、アメリカ行き便をご利用時の空港手荷物保安検査が強化されております。

 
 
具体的な内容は・・・・

・搭乗者・持ち込み電子機器の検査強化
・航空機や搭乗者エリア周辺のセキュリティ強化
・先端技術の導入
・検査犬の拡大
 
 
一体何をどう気をつけたらいいの?
 
 
スマートフォンより大きな電子機器は保安検査に向かわれる前に
ケースから取り出して追加検査をすぐ受けられる状態にしてください。
その際バッテリーを必ず充電しておき、電源が入る状態にしてください。
電源の入らない機器は検査が受けられなくなります。
 
 
 
②保安検査にとにかく時間が掛かります!
空港には余裕を持って出発3時間前にはご到着ください。
 
 
 
検査のスタッフは入念に入念に調べます。
あなたの飛行機があと10分で出発するから急がないと・・・等そういう次元で生きていません。
 
 
 
一に安全、二に安全、守る義務がありますからねflair
ですので、ギリギリに到着して乗り遅れちゃうどうしよう!!となっても自己責任です。
 
楽しい旅のスタートにトラブルの無いようにご注意を!
 

Air

 
 
 
ボン子

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. バンクーバー支店

    2019.10
    loading...
    WORLD情報局