先日、ラスベガスのお隣の街ボルダーシティーにある、フーバーダムミュージアムへ行ってきました。

Cimg4303

 このミュージアムは、ボルダーシティーの中心部にあります。フーバー・ダムの観光ポイントからは、離れた場所にありますのでご注意下さい!

Cimg4299

  ホテルの一角にある小さなミュージアムですが、11500枚もの写真が展示されており、想像以上にフーバー・ダムの歴史を知る事ができましたので、ご紹介させて頂きます!P1070435  入園料は、大人$2、子供$1です。入り口にカウンターがありますので、先ずは、そちらでお支払を済ませて下さい。さて、早速中へ入ってみました!

Cimg4307

Cimg4306

 フーバーダムが出来るまでの歴史、建設にかかった時間やお金、フーバー・ダムによって、ボルダーシティーが発展した背景等が、時代を追って説明されていました。

Cimg4314

 1929年の株の大暴落から、アメリカ中に失業者が増え、景気回復の為に行われた公共事業の一環として、フーバーダムの建設が行われたそうです。

Cimg4310

Cimg4318

 フーバーダムは、1931年に工事が着工され、1935年に完成。当時は約5000人の労働者が24時間体制で働いていました。Cimg4319 ミュージアムの至ることろに、当時ここで働いていた方々の写真が展示されていました。その方々の表情を見ると、今までに例のない巨大ダムを完成させるという気持ちが写真から伝わってきました。

Cimg4312

 又、当時のアメリカでは、人種差別によりこのダムに付ける職にも制限が掛かっていたそうです。人種によっては、ダムで働きたくても、働くことが出来ない方々も多くいらっしゃったそうです。

Cimg4317

 その中で、日系人のYONEDA BILL TOMIYASUさんのことが紹介されているパネルがありました。YONEDAさんは、このダムに携わる労働者の為に、食事を提供されていたそうです。このような形で日系人の方がこのダムの完成に貢献したということを、今回初めて知りました。Cimg4320 フーバー・ダムの高さは、約220メートル。実際にダムを見ると、たったの4年間で造り上げられたものとは思えない程、巨大なダムです。今でこそ、コンピューターが発達していますが、当時の状況を考えると、想像を絶する高い建築技術や建設の為の費用、そこで働く労働者の方々があったらこそ、完成したものではないでしょうか。

P1070426

 ラスベガスの中心部からボルダーシティーまでは、車で約40分、約45キロ程離れたところにあります。ボルダーシティーは、ラスベガスでは見ることの出来ないような、レトロな雰囲気のある街ですので、ラスベガスでレンタカーをご予定されていらっしゃる方は、ドライブがてらお立ち寄り下さい。

Cimg4294

  最後になりますが、H.I.S.ラスベガス支店では、フーバー・ダムへ行くツアーのお取り扱いを行っております!

bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。bus。。。。。。

 今回、紹介させて頂いたフーバー・ダムミュージアムへの立ち寄りは御座いませんが、実際にフーバーダムの内部を見学しますので、日本では出来ない経験ができお勧めのツアーです。ご興味の有る方は以下よりお申込み下さい!

clubフーバーダムツアー

clubBOULDER CITY/HOOVER DAM MUSEUM

住所:1305 ARIZONA STREET - BOULDER CITY, NEVADA
営業時間 10:00~17:00 毎日(アメリカの祭日除く)

旅の参考までに!

HN-CHAN 

先日、他州に引っ越す友達の送別会がありました。

会場は、ラスベガス大通り上にあるリンクホテル横のボーリング場「ブルックリン・ボウル」

Fullsizerender_6

中に入ると目の前には上りのエスカレーターと階段

Img_5568

上がっていくと、外からは想像もつかないほどの広い空間にバーやレストランがあり、

Img_5570

さらに上に行くと、少し暗いですが、左に16レーンのボーリング場、右階下にはライブ会場が。
(日本の有名アーティストのライブも先日ここで行われたばかり)

Fullsizerender_5

ここのボーリング場のテーマは「食べて、飲んで、ロックンロール」fastfood beer musicsign02

実は、ライブ会場の横に16レーンのボーリング場が1階と2階にあり、
同時に「ライブ」と「ボーリング大会」というなんとも不思議な組み合わせ。。。

Fullsizerender_7

椅子は、フワフワの黒革のソファで、アメリカンな軽食や飲み物もオーダー可。

Img_5769_2

アメリカには日本のような2次会、3次会の習慣がないので、イベントや行事では
飲んで食べて賑やかに解散です。

000

ラスベガスでロックなボーリングを楽しみたい方はぜひgoodshine

【Brooklyn Bowl】
住所:3545 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
Webサイト:http://www.brooklynbowl.com/las-vegas/
営業時間:17:00~01:00

NN

 先月4月5日に、ダウンタウンエリアにあるAcademy Of The Arts (Lowden Theater)で、落語家の「桂かい枝さん」の一夜限りの上方落語寄席が開かれました。

Cimg2948

Cimg2949

 この日は、入場料が無料ということもあり、夕方6時の開演30分くらい前からは、日本の落語を一目みようと地元の高校生や大学生、小さなお子様からお年を召された方まで、幅広いラスベガス市民が会場いっぱいに集っていました。300人ほどが収容できる会場は、ほぼ満席でした。

Cimg2968

 カナダ出身の落語家さんの諸注意からから始まり、主催者の挨拶等が終わると、いよいよ桂かい枝さんの登場です!※諸注意で、公演中の写真撮影は禁止となっていました。(T_T)

Cimg3102

 桂かい枝さんは、とても流暢な英語で、落語の歴史や扇子等の小道具の紹介や使い方を教えて下さいました。声のトーンで物事を表現する方法などは、とても興味深い話ばかりでしたので、聞き入っていくうちに、自然と落語の世界に引き込まれて行きました。

Cimg2964

 お恥ずかしながら、今回が初めての落語鑑賞でしたので、「落語」という日本の文化を知らない部分が大変多く、この公演を見て日本の歴史や文化、日本独特の風習や習慣を改めて感じることができました。

riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball   riceball

 お次は、落語家「桂 あさ吉さん」の登場です。こちらは桃太郎の落語で、私達が普段経験するような日常の生活と、桃太郎のストーリーを上手く合わせたとっても面白い落語でした。

Cimg2966

 今回、落語を鑑賞してからは、落語のイメージが大きく変わったように感じます。日本語でも、言葉だけでは人に感情や状況を伝えるのは難しい場面が沢山ありますが、今回はそれを全て英語でアメリカの観客に伝えていらっしゃったので、本当に素晴らしいです。又、日本の国際交流基金からは、この落語に関してのアンケートを取っていらっしゃいました。

Cimg2960

 ラスベガスでこのような素晴らしい落語を鑑賞させて頂き、関係者の皆様、本当に有難うございました。

Cimg3099

 最後になりますが、ラスベガスは小さなショーから、大きなショーやイベントまで、年中どこかで何かが開催されております。気になるショーやイベントが御座いましたら、チケット代行手配を行っておりますので、H.I.S.ラスベガスにお問い合わせ下さい。

diamond各種チケット代行手配diamond

P1110775

HN-CHAN

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.10
loading...
WORLD情報局