2019.12.24

12月もあっという間に終盤となり、コスタリカは

クリスマスムード一色になっています。

北半球が冬となったことで、標高1000メートルあるサンホセも、

時折、冷たい風が吹く季節となってきました。

四季がないコスタリカでも、

季節の変わり目というのは、野生生物にとって変化が出てくる時期、

ここ数日は、ケツァールのオスが求愛の舞をするようになってきました。

Img20191214wa0017

カップルが誕生し、2月頃から繁殖期に入るケツァール、

3月以降になるとオスとメスが一緒に巣作りを開始し、

抱卵から子育ての時期となる

3月~6月あたりまでが、ケツァール観察のベストシーズンとなります。

ケツァールは、通年観察可能ですが、

巣の場所を押さえていればより容易に観察が可能となります。

ただ、巣には絶対に近寄ったりしないよう、

ガイドの指示に従い、エチケットを遵守して観察してください!

ケツァールの他、コスタリカを代表する野生動物として

以下の可愛い動物達も観察したい方、

Sloth

Toucan

Akame

3月に、添乗員さん付き「楽園紀行コスタリカ10日間」が現在参加者募集中です。

わたくし上田も 「コスタリカ政府公認ガイド」として

現地でご案内させて頂きますので、是非、参加して

コスタリカの愉快な動物達、そして世界一幸福な国と言われる

コスタリカを直に体験してください!

ツアーの詳細及びお問い合わせは 以下

https://e.his-j.com/shop/tour/voyage/02A_10/TI-BSD3000___1

なお、このツアーでは、フランスで世界一美しい滝という賞を受けた

絶景リオ・レセステも訪問します!

859949_554997947851703_835647005_o

皆様の参加をお待ちしております!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS コスタリカ支店

    2020.02
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧