ラスベガス、と聞いて、思いつくのは、こんな風景じゃありませんか?

Sscimg6295_2 

ギラギラのネオン。きらびやかなショーやカジノ。

Ss84799301stripclas_vegas_news_bure ©Las Vegas News Bureau



その一方で、ガイドブックやテレビの紹介でよく使われる
「砂漠」という表現に対し、不思議に思う方も多いのではないでしょうか?

個人的にも、友人・知人に、「一体何処が砂漠なわけ?」と聞かれたことも数知れず。。



というわけで、今回は、なかなか観光でラスベガスに来る方は目にすることのない、
ラスベガスの砂漠の実態をお伝えします♪



やってきたのは、ストリップのホテル街から車で南西に20分位の場所にある
閑静な住宅街、マウンテンズ・エッジ。
ラスベガスに暮らすミドルクラス層に人気のエリアですが
ココには、Exploration Peak Parkという、
住宅地にある公園とは思えない、なんちゃって山登りができる所なんです。

Ssp1040017

公園でお散歩・・・というつもりで舗装道路を進んでいくと・・・

Ssp1040015

現れるのは、え、結構本格的?とも思える、トレイル。

Ssp1030993

写真だと、随分なだらかに見えますが、結構急な坂もあるので
住宅街の裏手にある丘・・・なんて、ナメてかかると、結構息切れします。。。

Ssp1040006

頂上までたどり着くと、小洒落た小屋が。

Ssp1030974

ちょうど日の入り時間帯だったので、西に沈んでいく太陽がとてもキレイ。

Ssimg_0901

さて、砂漠、ですが・・・

この丘から、ラスベガスの象徴であるストリップを見てみましょう・・・



まずは、カメラズーム!

Ssimg_0900

かなり開発の進むラスベガス南西部ですが、ストリップまでの土地は
こんなにガラガラ!

なんだか、1960年代のラスベガス、、みたいな、妙に黄ばんだ写真ですけど、
れっきとした、2017年2月に撮影したものです。



そして、カメラを引いて、街の様子をお見せすると、ちょっと衝撃的ではないでしょうか?

Ssimg_0902

うわ~!!なんにもない!!!



点在して住宅街はあるものの、ほぼほぼ荒野、とも呼べるような景色です。



なんだか、誰も住んでないゴーストタウンみたいですけども
これでも立派に人口200万人を超えるラスベガスの街。
住宅もドンドン増え、開発も進むとはいえ、土地もまだ沢山あるんですねぇ。



あと10年もすると、この荒野も家で埋まるんでしょうか?



ストリップのネオン街をたった20~30分離れるだけで砂漠の全貌が見えてきます。



色々な顔を持つラスベガス。

観光で来るのももちろん楽しいですが、暮らす街としてもとても魅力的です。



この先にある、国定公園レッドロックキャニオンでは
砂漠と荒野を満喫できる、大自然が広がるのでオススメです!
【レッドロックキャニオンと飲茶ツアー:詳細はコチラ】

BY:AY

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2020.12
    loading...
    WORLD情報局