グルメ 2018.02.03

少し前に、SLSホテルにある地中海料理のレストラン「Cleo」に行ってきました。

Img_3505_2

SLSホテルはレストランの評判がすごくいいので、とても楽しみにしていたのですが、
雰囲気も料理も想像以上でした。
Img_3406

レストランはとても落着いた雰囲気で、メインダイニングの横には10名程度の少人数用に
カーテンで仕切られた小部屋がいくつもあり、隠れ家的な雰囲気が味わえます。

104

Img_3392

ここはタパスを中心とした小皿料理が中心なのですが、
メニューを見ても何をどのくらい頼んだらよいかわからなかったので、
レストランにおススメのメニューをコースにして出してもらいました。

メニューはこちら

【前菜のハムス】
タヒニという胡麻ペースト、オリーブオイルなどを加えたヒヨコ豆のペースト。
ゴマの風味がかなり強めで、ゴマ好きにはたまりません。

Laffaというパンと一緒に食べるのですが、奥に映っている紙袋に入ってくるので、
長い間、あったかいままで美味しかったです。

Img_3379

【マグロのツナ・タルタル】

これで2~3人分。
横に添えてあるオリーブやアボカドを薬味代わりにして、パンと一緒に食べます。
もう少し量が欲しかった。coldsweats01

Img_3382

【揚げ芽キャベツのサラダ】
パリッパリの芽キャベツにチョットお塩がかかっていて、スナック感覚でパクパクいける美味しさです。
とてもサクサクで軽いので、あっという間になくなりましたhappy02

Img_3385

【スパイシーシガー】
牛肉を春巻きの皮で巻いてあげてあります。
本体はピリ辛ですが、ラブネというヨーグルトで作ったペーストと一緒に食べると
まろやかになって美味しいかったです。
見た目以上に、肉感がありました。

Img_3387

【ギリシャ風サラダ】
フェッタチーズとオリーブが地中海っぽいサラダ。
他のものに比べると想像通りの味付けでしたが、安心の美味しさでした。

Img_3391
【ラム肉のロースト】
下に引いてあるのもヨーグルトペーストですが、スパイシーシガーとは味付けが違っていて
全くの別物でした。
柔らかくて、癖がなく、とても食べやすかったです。

Img_3395

【タコのマリネ】
生のタコがマリネされているのかと思っていたら、グリルしたものをビネガーでマリネしてました
カットしたタコではなく、小さいタコをそのままグリルしているので、食べ応えは充分です。

Img_3397

【マッシュルームのピザ】
ピザにしては珍しく、しいたけも入ってました。
ドライトマトやオリーブもたくさん入っていて、見た目とは違って意外とあっさりしてます

Img_3399

【キャラメルソースのブラウニー】
見た目は甘そうですが、下のブラウニーに殆ど甘みがなく、逆に少し苦めなので、
上のアイスクリームとキャラメルの甘さが程よく助けてくれる感じでした。

Img_3400


アメリカンレストランで見かける料理と似ているのもありますが、
地中海料理というだけあり、味付けはかなり違っていました。

たぶん、日本人にはかなり好まれる味付けだと思います。


コンベンションや祝日などの繁忙期をのぞいたウィークデーにはハッピーアワーがあり、
半額で食事することが出来るそうです。

チョットお高めなレストランですが、半額だったらかなりお手ごろな値段で美味しいものを食べることが出来ます。

もし興味があったら、16時くらいに是非このレストランを覗いてみてください
もちろん、ディナーとしてお出かけされても、後悔はさせませんよ。

Img_3404

Cleo (https://slslasvegas.com/restaurants-bars/cleo/)
  営業時間:5:00pm-10:30pm
  定休日: 火、水曜日

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2018.02
    loading...
    WORLD情報局