2019.06.24

モンテカルロホテル(現 Park MGMホテル)の向かいにあったスミス&ウォーレンスキー。
気がつくと閉鎖されていて、寂しい思いをした人も多いのではないでしょうか?

そのスミス&ウォーレンスキーが、なんとVenetian ホテル内にリニューアルオープンしました!!

Img_0211


早速、見学。

印象は「広い!」「明るい!」

Img_0190

前のレストランが昔からある高級ステーキハウスそのもので、、
「明かりはキャンドル」、、、といった風だったので、
今度のレストランはびっくりするほど印象が違いました。

爽やか、

その上、広い!

前は3階建てのビルがまるごとレストランだったので、食事スペースも広く、
団体パーティーなどでずいぶんお世話になったのですが、
今回はホテル内、、ということで、「狭くなっちゃったんだろうなー」と思ってました。

しかし、ホテルの中にもかかわらず2階建てになっていて、
メインダイニングの他に、 4つも個室があって、
ホテルの中とは思えないほど広かったです。

Bar_empire_2

Canal_2
メニューも、他の都市にはないラスベガスのオリジナルプレートを用意するなど、
レストラン側の新店舗への期待感と愛情を感じさせます。


店内にはビーフを熟成させる貯蔵庫もちゃんとありましたよ。

Img_0200

また、前との大きな違いは、ランチ時間も開いてること。
ラスベガスでは珍しい、お昼も食べられるステーキハウスなのです。

ベネチアンはコンベンションが開催されるホテルなので、
ほとんどのレストランがランチも営業しています。

昼のおすすめは、ステーキサラダ。

昼からステーキ、、というのは、重たい感じですが、
サラダをメインにすれば、昼にぴったりなヘルシープレートになります。

これはシーザーサラダにフィレミニョンをアドオン。

他にも数種類のサラダがあり、アドオンもいろいろ選べます。

Img_0206

トマトスープもおすすめです。

Img_0204

おなじみのパンもついてきますので、サラダだけでも結構なボリュームになりました。

Img_0203

定番の、チョコレートケーキも健在です。

Img_0209

あれもこれもと、、頼んでしまって、「たべきれない!!」ときでも心配無用。
残った食事は持ち帰って、お部屋でゆっくり食べてください。

そのときに入れてくれるのがこの紙袋。

Img_0220_2

ひっくり返すとこんなかわいいロゴが。

Img_0221

持ち帰りすることをドギーバックといって、
「決して私が食べるのではなく、飼い犬に持って返ってあげるのよ」という洒落なのですが、
そんなお犬様へのメッセージがちょこっと書かれています。

あと、ついつい持ってきてしまいましたが、
昔はよくこんなマッチが入り口に置かれてましたよね

Img_0223

今の時代は、爪楊枝です。

Img_0226

夜だとお高いステーキハウスは、ランチが狙い目です。

Smith & Wollensky
Lunch:Daily 11:30 am–4:00 pm
Dinner:Daily 4:00 pm–11:30 pm

cancer

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2019.08
    loading...
    WORLD情報局