こんにちは

今回はウィスラーに続いてカナダで二番目に大きいスキーリゾート fujiサンピークスfuji への旅を皆さんに共有したいと思いますhappy02

カナダのスキーリゾート1位と2位が両方あるBCなんで素敵なのheart04

夏の時期にスキーリゾート?と思われる方もいらっしゃると思いますが夏のスキーリゾートは冬とはまた違った楽しみ方が出来るんです!

バンクーバー市内にあるパシフィックセントラル駅から今回の旅行はスタートです。

Img_4024

この駅はバンクーバーから長距離移動をする際の電車、バス専用です。

カナダを横断しているVIA鉄道や、シアトルへ向かうバスなどはここから乗車しますsubway

Img_4025_2

upwardright駅の中はこんな感じ

夜八時半の列車に乗車予定だったので一時間前の七時半には搭乗手続き開始ですeye

Img_4028

搭乗手続きが終わってからゲートを抜けると電車が止まっています。

Img_4030

カナダを横断し歴史を築いてきた電車の外装はかなりレトロ、、、

Img_4031

列車の一つ一つに名前がついていました

列車が何両もありとてつもなく長いので指定された車両にたどり着くのにかなり歩きましたrun

今回私が利用したのはRoom for one (1人用個室寝台)です。

ソファーのある寝台の個室です。バーをひねるとベットが出てきて横になれますscissors

長ーい列車の旅も横になって寝れてしまえば快適

Img_4035

ひとつ気になることがあるとすれば、このソファーの正面がふた付きのトイレになっているので前を向いていると常に視界にトイレが入ってきます。

写真の下に移っているのがフタがしている状態のトイレです。(笑)

ベットはこの上にかぶせるような形となるので、寝てしまえば気になりませんcoldsweats01

Img_4034

個室の片隅には小さな扇風機もついてましたflair

Img_4036

こちらはベットを引き出した状態downwardright

160センチの私も足を伸ばして広々過ごせました(*^-^*)

Img_4048

VIA鉄道には展望車という車両があり、そこは天井がガラス張りになっており景色が楽しめるようになっております!

わたしが乗車した日はちょうど曇りで絶景が見えるとまではいきませんでしたが、まわりが見渡せて開放的な気分になれましたsun

写真に写っているお兄さんがアクティビティコーディネーターさんで、時間になると目的地の説明やみんなで遊べるアクティビティをしてくれるみたいです!

Linecamera_shareimage1

このまま展望車で夕日が沈むのを見てから個室に戻り就寝準備

翌日の朝6時にカムループス着予定だったのでとっても早起きsweat01

1つの駅には15分ほど停車後またすぐ次の目的地に向けて出発すると言われたので寝坊しないかと心配でしたが、スタッフの方が起こしに来てくれると言っていたので安心して眠りにつきましたsleepy

しかし翌朝五時にアラームをセットし目が覚めると列車はすでに停車していました。

出発してから何度も止まったりしていたので気にもとめず準備をしていると、

お兄さんがやってきて もう着いたよ と驚きの一言eyeeyeeyethunderthunderthunderthunderthunder

なんで驚きかというと、この電車基本的に遅れるんです。

半日とか平気で遅れるんです。日本の常識だと考えられないと思うのですが

遅れてもまぁしょうがない。これも旅行の醍醐味くらいに構えてるカナダ人はそんなに気にしません。

そんな電車が一時間も早く着いてしまったので、わたしたちを起こしに来てくれたスタッフのお兄さんも寝坊した模様(笑) 基本は降りる予定の駅に着く20-30分前には起こしに来てくれるみたいです(笑)

Img_4060

upwardrightカムループスの駅で電車を降りた後の写真

見事に何もない。カナダの田舎間しっかり出てます。

ここで一晩お世話になったVIA鉄道に別れを告げ、この旅の目的地サンピークスへ向かいますrvcar

続く、、

ちぱ

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. バンクーバー支店

    2018.10
    loading...
    WORLD情報局