グルメ 2017.02.18

今回は、私のお気に入りのレストラン『SWEET TOMETO』をご紹介します。ヘルシーなサラダが食べ放題で、いつ行っても、新鮮な野菜が食べれます。野菜は厳選された家族経営の農家より仕入れているそうで、丁寧に育てられ、人の手で収穫された野菜が並んでいます。サラダ・ランチしたい時はここへ。健康志向の方や女性客。子供連れのお客さんでいつも賑わっています。

レストラン内はまるでファーマーズマーケットのような雰囲気。

Sweet_tometo

Broccories_onion

Salada1

 ブロッコリー、ピーマンも生の状態で。日本ではあまりなじみがないかと思いますが、クリーミーなドレッシングをかけて頂くと、これまた美味しいんです。

Baked_poteto サラダだけでは物足りない場合は、コーンブレッド(とうもろこし粉のケーキ)。素朴なお菓子です。ベイクド・ポテトは、玉ねぎ、ねぎとサワークリームを添えて。マカロニ・アンド・チーズはアメリカならではの料理。

日頃の野菜不足を解消!カロリーをあまり気にせず、好きなだけ食べちゃいます。happy01

Salada_2 

Cesars_salada

Pizza_pasta_2  ホームメイドのパスタやピザ、チキンヌードルスープも。coldsweats01

See_you_next_tyme

ちょっとした駄洒落がなんともお洒落です!SEE YOU NEXT TIME! 

料金もリーズナブルで、大体11ドル~30ドルくらいです。お店の情報はこちら。中心部のホテル街から離れているので、レンタカーをご利用のお客様にお奨めです! http://souplantation.com/ 

Sweet Tomatoes 375 North Stephanie St.
Henderson NV 89014

グルメ ニュース 2017.02.15

昨日は2月14日、バレンタインデーでした。
アメリカでは男性から女性へプレゼントを送るのが習慣。
この日はこぞって、あちこちでバラの花束が売れる時です。

S2016021310さて、そんなバレンタインデーに発表された、珍ニュース。
東京にも上陸した、お手軽にメキシカンのファーストフードが食べられるTaco Bell。
ストリップには、ミラクルマイルモールの近くにありますが、なんとそこで、ウェディングパッケージを販売するとのこと!

S2016111301(写真は、たまたま去年のラスベガスマラソンの際、オープニングセレモニーで、奇妙なホットソースの着ぐるみがいたので撮影)

なんと、お値段は1組につき$600
含まれているものは・・・
●ヘアバンド
●蝶ネクタイ
●ホットソースでできたブーケ
●「結婚しました」と書かれたTシャツ
●メニューのひとつでもあるシナボン(シナモン味のドーナツ)ケーキ
●タコス12個入りパック
●挙式代
ホットソースのブーケ・・・とっても微妙です。写真はこちらのWEBページからどうぞ。


開始するのは今年の夏からだそうです。
今、タコベルのホームページでは、もれなくこの結婚式第一号になるカップル1組を無料でご招待&募集中!
タコベルに関するラブ写真または30秒のビデオを、インスタグラムかツイッターでアップするだけだそうです。(#LoveAndTacosContest)
詳細はこちらから。

と、タコベルの宣伝みたいになりましたが・・・。
なかなか斬新なアイデア。
タコベルが大好きなカップルは是非タコベルで結婚式をしてみたい!と思うんでしょうね。


さて、今期間限定で販売しているこちらの商品。

S20170126_193458その名もNaked Chicken、ハダカの鶏、ということで、通常のタコスですと小麦粉やコーン粉でできたシェルの中に具が入っていますが、このシェルがチキンになっているという代物。

S20170126_194548なかなかいいアイデアですね。
でもシェルがすでにお肉なので、中身は野菜だけでちょっと寂しいですが・・・。

ラスベガスの最新ニュースでした!

BY AK

先日、急用で韓国に行かなければいけなくなり、初めて大韓航空のラスベガスー仁川(インチョン)便を利用してみたのですが、これがまた意外によかったので、今日はご紹介させていただきます。

大韓航空のLAS⇒仁川便airplaneは、今現在ですと月・水・金・日の週4便出ています。

ラスベガス出発時間は、23:50で、結構遅い時間なのですが、観光でいらっしゃる方であれば、最終日まで思いっきりラスベガスでのご滞在を楽しめますし、ラスベガス住民であれば、仕事が終わってから出発してもOKという素晴らしさgood

当日は、20時半ごろチェックインカウンターに行ってみました。

(ちなみに、大韓航空のカウンターはターミナル3にあります。)

20170130_214737

なんとまあsign01待ち時間無し。

1便しかないのにカウンターが7つ以上開いていて、一応キオスク(セルフチェックインの機械)もあるけど、カウンターに直行で搭乗手続きをしてもらいました。

カウンターでの対応もとても丁寧でした。wink

チェックインが完了すると、セキュリティーゲートに向かいます。

大韓航空のカウンターからこのゲートまでは、直線で50メートル程度。

20170130_215008

夜遅いので、ゲートも昼間のような混雑が無く、15分程度で通過完了sign01

そして、大韓航空はターミナル3内にあるEゲートから出発するため、モノレールに乗って移動する必要もありません。セキュリティーゲートを通過すると、10分もかからずにゲートに到着。

チェックインから搭乗ゲートまであまりにもスムーズに来てしまったので、逆に待ち時間が長くなってしまい困りました。coldsweats01

20170130_2319150

20170130_232115

座席は3-3-3の並びです。

20170130_232621

座席に予め、毛布・ヘッドホン・ミネラルウォーターのボトル・スリッパと歯ブラシのセットがおいてありました。ありがたいnote

そして、娘には、韓国の大人気キャラクター「ポロロ」の塗り絵セットをくれました。

20170131_001358

離陸し、しばらくするとディナーrestaurantの提供が始まります。

時刻にすると夜中の1時くらいなので、この時間に食べるのはちょっとどうかな~と思っていたのですが、、、、

20170131_005315

韓国料理の定番ビビンバが登場!!(もうひとつのメニューは、チキンでした)

これはいただかずにはいられません。噂通り美味しかったです。

ディナーが終わったらすぐに就寝sleepy

実は、今回、私と娘(1歳11ヶ月)との母子2人のフライトだったのですが、夜中出発であるため、娘は離陸と共に寝落ちしてくれて、13時間ちょっとのフライト中、10時間くらいずーーーーっと寝ていてくれたので、本当に本当に楽をさせてもらいました。

これも、このフライトの魅力shineです。

韓国に到着する1時間位前に、朝ごはんの提供がありました。

20170131_101636

20170207_055542

疲れた胃にやさしいお粥、もしくはオムレツから選べました。

飛行中に十分に寝て、朝ごはんも食べ、いよいよ韓国に着陸。

順調に飛行すると、韓国に着陸するのは、ラスベガス出発の日付けから2日後の朝6:15AMです。

【例】

ラスベガスを2月13日の23:50出発

↓ 飛行時間13時間25分

韓国(仁川)に2月15日の6:15AM到着

寝て起きると朝になっているので、時差ボケもそんなに酷くありません。

娘も直ぐに現地時間に適応できました。

また、チェックインカウンターやCAさん達の対応も、すごく親切で好感がもてました。

娘がぐずったりすると、CAさんがすぐにあやしにきてくれたり、お手伝いできることはないか、わざわざ席に聞きに来てくれたり、母は感動すら覚えましたよ。catface

そして、韓国からラスベガスに戻る際にも、同じ直行便を利用してきたのですが、こちらは、今現在ですと、21:00に韓国(仁川)を出発すると同日の15:10にラスベガスに到着します。

【例】

韓国(仁川)を2月15日の21:00出発

↓ 飛行時間11時間10分

ラスベガスに2月15日の15:10到着

こちらも夜のフライトなので、飛行中はほとんど寝ることができ、ラスベガス到着後の体調もいい状態を保つことができました。run

日本ーラスベガス間は直行便がないので、必ずどこかを経由して来なければいけません。みなさんがよく利用される日系・米系の航空会社の場合、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルなどが経由地となります。

この場合、この経由地での乗継時間の間に、入国審査、荷物の受け取り、荷物の再預け入れを完了させなければいけません。

上記の経由地の空港は、非常に規模が大きく利用者も多い為、導線が複雑で長く、また、混雑も半端ないので、入国審査も時間がかかります。万が一日本からの国際線が遅延して乗継時間が短くなれば、ラスベガスへの便へ乗継ができなくなってしまう場合もあります。sad

しかし、この大韓航空を利用してくる場合、アメリカの入国審査がラスベガスでとなります。ラスベガス空港は規模が小さい方なので、飛行機を降りて入国審査場までの導線が単純で短く、また入国審査も比較的空いています。

「飛行機を降りる⇒入国審査⇒荷物の受け取り⇒出口」という導線が、私が今まで利用したアメリカの空港の中で、一番単純で短くわかりやすかったです。

乗継便に遅れるかも~~!という心配もいりませんしね。

韓国の仁川(インチョン)空港は、日本のたくさんの地方都市に直行便があるので、地方にお住まいの方だと、一度東京などに出る必要も無く、韓国での乗継1回で本当に楽にラスベガスに来ることができるのではないでしょうか?

実際、年を取ったうちの母も(某地方都市在住)も、少し値段は高いけど、いつもラスベガスに来る時は、インチョン経由の大韓航空を利用しています。英語もほとんどできませんが、いつも迷わずに一人でちゃんと来られます。scissors

決して、大韓航空の回し者ではありませんが、、、。

コレ、おススメです!!!

RE

※フライト時間などは、2017年2月現在のものです。時期によって変わりますので、ご注意ください。

グルメ 2017.02.10

前回に引き続き今回もタコス屋さんに行ってきました。

TACO BELLと同じくらい沢山店舗があるDEL TACOを紹介します。もちろんストリップ大通りにもあります。

Dsc_0896

Dsc_0897

ここは外でも食べれる場所があります。

Dsc_0898_2ドライブスルーもあります。

Dsc_0899_2

Dsc_0900_2 デルタコは24時間営業の所が多く、レンタカーを借りた際も大変便利です。

今回注文したのは

Dsc_0901_22 Street Tacos Plato(タコス・ライス・ビーンズ・チップスのプレート)

Dsc_0902 Grilled Chicken Taco

Dsc_0904 Jumbo Shrimp Taco

Dsc_0905 Beer Battered Fish Taco

Dsc_0907 Classic Grilled Chicken Burrito

Dsc_0909 Del Beef Burrito

タコベルとは違ってシーフードのタコスやハンバーガーなど他にもいろいろあるので試してみてください。

BY OZ

 

 

ラスベガス、と聞いて、思いつくのは、こんな風景じゃありませんか?

Sscimg6295_2 

ギラギラのネオン。きらびやかなショーやカジノ。

Ss84799301stripclas_vegas_news_bure ©Las Vegas News Bureau



その一方で、ガイドブックやテレビの紹介でよく使われる
「砂漠」という表現に対し、不思議に思う方も多いのではないでしょうか?

個人的にも、友人・知人に、「一体何処が砂漠なわけ?」と聞かれたことも数知れず。。



というわけで、今回は、なかなか観光でラスベガスに来る方は目にすることのない、
ラスベガスの砂漠の実態をお伝えします♪



やってきたのは、ストリップのホテル街から車で南西に20分位の場所にある
閑静な住宅街、マウンテンズ・エッジ。
ラスベガスに暮らすミドルクラス層に人気のエリアですが
ココには、Exploration Peak Parkという、
住宅地にある公園とは思えない、なんちゃって山登りができる所なんです。

Ssp1040017

公園でお散歩・・・というつもりで舗装道路を進んでいくと・・・

Ssp1040015

現れるのは、え、結構本格的?とも思える、トレイル。

Ssp1030993

写真だと、随分なだらかに見えますが、結構急な坂もあるので
住宅街の裏手にある丘・・・なんて、ナメてかかると、結構息切れします。。。

Ssp1040006

頂上までたどり着くと、小洒落た小屋が。

Ssp1030974

ちょうど日の入り時間帯だったので、西に沈んでいく太陽がとてもキレイ。

Ssimg_0901

さて、砂漠、ですが・・・

この丘から、ラスベガスの象徴であるストリップを見てみましょう・・・



まずは、カメラズーム!

Ssimg_0900

かなり開発の進むラスベガス南西部ですが、ストリップまでの土地は
こんなにガラガラ!

なんだか、1960年代のラスベガス、、みたいな、妙に黄ばんだ写真ですけど、
れっきとした、2017年2月に撮影したものです。



そして、カメラを引いて、街の様子をお見せすると、ちょっと衝撃的ではないでしょうか?

Ssimg_0902

うわ~!!なんにもない!!!



点在して住宅街はあるものの、ほぼほぼ荒野、とも呼べるような景色です。



なんだか、誰も住んでないゴーストタウンみたいですけども
これでも立派に人口200万人を超えるラスベガスの街。
住宅もドンドン増え、開発も進むとはいえ、土地もまだ沢山あるんですねぇ。



あと10年もすると、この荒野も家で埋まるんでしょうか?



ストリップのネオン街をたった20~30分離れるだけで砂漠の全貌が見えてきます。



色々な顔を持つラスベガス。

観光で来るのももちろん楽しいですが、暮らす街としてもとても魅力的です。



この先にある、国定公園レッドロックキャニオンでは
砂漠と荒野を満喫できる、大自然が広がるのでオススメです!
【レッドロックキャニオンと飲茶ツアー:詳細はコチラ】

BY:AY

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.02
loading...
WORLD情報局