ラスベガスのシンボルマークとなっている Welcome to Fabulous Las Vegasの看板をご存知でしょうか?

通称「ラスベガスサイン」と呼ばれており、ラスベガスのシンボルと言っても過言ではない程、今やラスベガスには無くてはなくてはならない存在になっています。

P1080788 さて、このラスベガスサインは、写真上の左の方に写っているマンダレイ・ベイホテルからは、南に約1.3km、徒歩では約15~20分離れたところにあり、近くには、ハーレーダビットソンのお店があります。誰もが目につく比較的分かり易い場所にありますので、初めての方でも直ぐに分かるかと思います。

shine      shine     shine     shine     shine     shine 

 このラスベガスサインは、1950年台初頭に、地元の営業マンTed Rogichさんのアイディアから始まったと言われています。その当時、Tedさんの構想から、Western Neon Companyで働くデザイナーBetty Willisさんによってデザインされ、1959年このラスベガスサインが完成しました。Copy_of_3

 実際に近くへ行ってこのラスベガスサインを見てみると、色々な文字や形が含まれています。星マークの下にあるW・E・L・C・O・M・Eの文字は、丸い形をした円盤がデザインされており、これは、シルバードル(コイン)をモチーフにしているそうです。ラスベガスのあるネバダ州は、通称「Silve State」と呼ばれる程、銀の採掘が盛んに行われていますので、Bettyさんは、それをかけてこの看板をデザインしたのでしょうか。

総工費用は、その当時のお金で$4000程。高さは、7メートル60センチ。

Dsc00076_2

 そして、この看板に携わったのが、「Young Electric Sign Compan」。

ラスベガスでは、多くの有名な看板を手掛ける会社です。コスモポリタンホテルのストリップ通りに面した出入り口の看板や、シーザーズパレスの電光看板、LINQホテルの電光看板もこちらの会社によるものです!

 又、今はなきスターダストホテル、サハラホテル、リビエラホテルや今でも現役のゴールデンナゲット、サーカスサーカスホテル、リオホテル、ハードロックカフェ、バリーズホテルの看板も、全てこちらの会社によって作られて設置されています。

フリーモントの電光ショーに使われているこの大きなアーケードも、この会社によって設置されてたそうです。。。とにかく、ラスベガスにはこの看板会社はなくては、語れない存在なのです。P1020558

 ラスベガスサインの著作権ですが、デザイナーのBettyさんがラスベガスの発展の為にと、あえて著作権を持たずに、誰もが自由にこの看板を使うことができるようになっています!

 その為、ラスベガスのお土産は元より、バスのチケット、NASCARで使われるレースカーの車体、記念コイン製造機等のありとあらゆるものに、このスベガスサインの看板が使われています!

ラスベガスのバスチケット。bus

Cimg2431

NASCARの車体にも!car

Img_0013

M&Mのチョコレート達と一緒に!good

Img_0319

コインを作る機械にも、ラスベガスサイン!

P1110944

P1110945

 2008年には、 ラスベガスサインの前に駐車スペースが完成しましたので、早朝から深夜まで観光客の皆さんでにぎわっています。

 また、2009年には、国家歴史登録財(National Register of Historic Places)に登録されてからは、観光客が大幅に増加したそうです。その為、平日・休日に限らず、ラスベガスサインではいつも長蛇の列になっています。

rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar 

 この看板の裏には、ラスベガスからロサンゼルス方面へ帰路につく方の為に、「DRIVE CAREFULLY Come back soon」(運転に気を付けてね、又帰ってきてね!)と書かれていますので、ラスベガスサインへ行った時には、後ろからも見てあげて下さいね。

P1080794

 最後になりますが、このラスベガスサインは、市内を走るRTCバスが近くに停車しますが、バスでも少し行きにくいところにあります。その為、オプショナルツアーにご参加されて、ラスベガスサインへ立ち寄られることをお勧めします。

bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus

 H.I.S.ラスベガス支店では、こちらへ立ち寄る夜のナイトツアーを毎日(一部不催行日除く)催行しております。

ラスベガス在住数十年のベテランガイドがご案内しますので、ラスベガスサインでの写真の撮り方、ラスベガスの裏事情、ガイドブックやウェブに載ってないような小話もた~くさんありますので、ラスベガスにお越しの際には、ぜひツアーに参加してみては如何でしょうか。

来週、8月23日(水)は、1名様でのご参加も可能ですので、ご希望の方は、以下よりお申込み下さい。

ラスベガス・ナイトツアー

ラスベガスには、歴史やお楽しみがいっぱいです!

1

旅の参考までに!

HN-CHAN

ショッピング 2017.08.16

あっという間に今年も半分以上終わり、もう8月の中旬。。早いですよね~catface
アメリカの学校は夏休み明けが新学期ということで
ラスベガスの学校も今週から新学期が始まりましたcherryblossom
子供たちも6月から2ヶ月という長いお休みを終えてお友達に会える!!と元気に登校しておりますっhappy01

子供が学校=母の自由時間。。っということで、
平日の仕事のない日は子供が帰ってくる午後2時半ぐらいまでの自由時間があるのですhappy02
とはいえ家事を終わらせてからなのでなんだかんだ短いんですけどね。(泣)

今日はなんとなく我が家で今ハマっているセビーチェ(魚介類とお野菜のマリネのような南米料理)を買いにWHOLE FOODS MARKETへ行ってきました。

2263
なかに入るとまずはオーガニックのお野菜や果物のコーナーapple

2262
そしてその横にはその新鮮なお野菜や果物も使って作る野菜ジュースバーがあります。

2261
2260
どれも体に良さそうですが、今日の目的はこれではないのでまた今度~~


WHOLE FOODSはナチュラル&オーガニックの食料品や商品を取り扱っているチェーン店で、種類もかなり充実wink2256
ドライフルーツbanana ナッツなどかなりの種類がそろっていて選ぶのも大変!

2255

こちらもまた種類豊富なオーガニックの香辛料2254 2253

この他にもボディーローションやシャンプーなどの日本人に人気のボディーケア用品も揃っています。

そしてここはお惣菜コーナーもかなり充実していておいしそうなお料理がたくさんnote

2252 2250
生ハムにチーズ、ワインwineと食べたいっhappy02

2235 2234

2246
店内にある竃で焼いたピザも1枚から購入でき、焼きたてのパンで作ったサンドイッチなども人気です!

2239 2238
と、ここでお目当てのセビーチェを発見しましたが、なんだか残念な感じ。。
2258 (写真左)
ほぼ残りカスshock
これだけが今日のお目当てだったのにぃ~~
今日は皆さん、セビーチェ気分の人がたくさんいたのかしら。(笑)
かなりショックweep
でもしょうがない。。喉が渇いたのでアイスティーのみ購入。。
帰り際、こちらも日本人に人気のエコバック発見eye2231

2230
今日はお目当てのもが買えなかったけど、気になる商品がいっぱいありました!!
ストリップ通りに近い店舗はタウンスクエアの中にもあるので
オーガニック好きの方は是非チェックしてみて下さいねhappy01

MI

2017.08.16

先日、デラーノホテル内にある Della's Kitchenに行ってきました。

Img_3001

ここは、マンダレイベイホテルに併設したホテル。

以前はTHE HOTELという名前だったのですが、2014年にデラーノホテルとしてリニューアルオープンしました。

THE HOTELの時は近代的な超モダンなホテルだったのですが、今もその面影はのこしつつ、
天然石のオブジェがたくさんちりばめられて、人工と天然が上手く調和した、気持ちのいい空間が広がっています。

Img_2996

Img_2998
このデラズ・キッチンは朝から開いているデリ・レストラン。

ランチミーティングでご一緒する人が、「絶対おススメ」 とセットアップしてくれました。

Img_2997

Img_3002

一人が渋滞で遅れていたので、とりあえずペーストリーの盛り合わせをオーダー。

Img_3004

これにオムレツか何かを追加すればランチには十分かな?とも思ってましたが、メニューを見てたら食欲が爆発してしまいました。

Img_3003

セットアップしてくれた人の「今までに食べたもので外れたものがない」という一言も、私の食欲を後押し。

美味しそうなメニューの中でも、一番目を引いた「ポークカツサンド」をオーダーしました。

Img_3007

見た目は、日本のとは全く違います。

野菜もキャベツではなく、ほうれん草だし、

茶色いソースもかかってないし、、、、。

ありがちな「もどき」かと、ちょっとがっかりしてたんですが、
一口食べてびっくり。
日本のカツサンドに負けてません。

とんかつとほうれん草にしっかりと味がついて、超美味。

やめられない美味しさで、
半分残す予定が完食しちゃいました。

こちらもおススメだというパスタ。

次はこれかな?

Img_3008

Img_3009

食後のコーヒーと一緒にきたミルクがとってもキュート。

Img_3005

どうせ見かけだおしで、残念な小瓶だろう、、と思ってたら、
注いでも液だれしない、かしこい小瓶でした。

おなかにもう少しスペースがあれば、、、
ここはデザートも間違いなくおいしいと思います。

おしゃれなブランチがしたいなら、ここは超おススメです。

   Della's Kitchen @ Delano Las Vegas

    営業時間:6:30 AM - 2:00 PM

    https://www.delanolasvegas.com/en/restaurants/dellas-kitchen.html



ホテル 2017.08.14

ラスベガスのホテルの広大な敷地内には、宿泊者用のプールがあります。

6_3

例えば、パリスホテルのプールは3階にあり、
部屋からエレベーターで降りたらすぐFullsizerender_34

プールの入口でルームキーを提示

5_3

無料でタオルの貸出も有

Img_6002_4

入っていくと、目の前にはエッフェル塔shineeye

Fullsizerender_34_2

ラスベガスにいることを忘れてしまいそうな眺め。。。

Presentation1

ラスベガスにご旅行にいらっしゃるお客様から、「観光、買い物、オプショナルツアー、有名レストランでの食事、っと時間がいくらあっても足りな~い!」とのお声をよく聞きますが、
是非、プールサイドで束の間のひとときもお楽しみ下さい。

3_4

===============NN=================

2017.08.11

ラスベガスのホテルの中でも、

一番人気のあるホテルの一つの、ベラッジオ

正面入口の回転ドアを抜けると目の前に広がる

ガラス細工の無数の花のオブジェ

Img_9449_2

1,800枚以上の色鮮やかなガラス細工

Img_9450_3

数億円の価値があるものだそうです。

Img_9454

ホテルの様々なところに生花で華やかに彩られてます。

Img_9455

小さな噴水

そして、ベラッジオで有名な観光スポットは噴水ショーだけじゃありません。

Img_9456

ホテルチェックインカウンターからすぐのところにあるガーデン

「Conservatory & Botanical Garden」です。

Img_9457

年間5回、テーマを変えて衣替えをします。

春、夏、秋、クリスマス、旧正月(チャイニーズニューイヤー)です。

Img_9459

ちなみに、今年の春は日本がテーマで、

巨大な歌舞伎の人形がおいてありました。

Img_9462

いまは、夏のテーマ「イタリア」です。

Img_9464

なんと、57,000本の花を使っているそうです。

Img_9470

ガラスの天井からは、お日様も注いで

一瞬ホテルの中ということを忘れてしまいます。

Img_9479

すべてが、生花で作られてます。

もちろん、絵画も!

Img_9480

横から見ると、よくわかりますね。

Img_9478

私のおすすめは、ここ。

このガーデンを眺めながら食事や、お茶ができる

カフェ・ベラッジオ

Img_9475

日も指して、ガーデンビュー

Img_9476

こんな場所で、ゆったりとした時間を過ごすのもオススメ!

=================================

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

sm

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.08
loading...
WORLD情報局