2017.10.16

ラスベガスの長~~~い夏sunがようやく終わり、お出かけするのにちょうど良いシーズンとなりましたね。

今日は、お子様連れでちょっとお出かけするのにおススメ、ラスベガスにある小さな動物園pigを紹介します。 場所は、ラスベガスの西の端。レッドロックキャニオン近くにあるBONNIE SPRINGS RANCH。

20170926_1218270_2

西部開拓時代を感じさせる入口。

20170926_111449

中に入ると小さな町並みが再現されています。

20170926_111538

入って直ぐ左手のお土産物屋の中で入場料を払います。

さっそく中に入ると、、、、

おっと、いきなり放し飼いにされている鹿のお出迎でびっくり!

20170926_111910

鹿だけでなく、ロバや鶏、ヤギやアヒルなど、いろんな動物が放し飼いにされているんですね!

20170926_1120210

20170926_114248

25セントで餌の自動販売機があります。

そんな目でみつめられたら、、、ついつい買ってあげたくなりますね。

我が家のベイビーも餌やりに挑戦。

20170926_115541

他にもこんな動物達がいるんです。

EMU(エミュー)

20170926_112446

Bennett's Wallaby(ワラビー)

20170926_112815

Prairie Dog(プレイリードッグ)

20170926_113125

Porcupine(ヤマアラシ)

20170926_113140

リャマ

20170926_112458

そしてなんとオオカミも!近くで見るとすごい迫力。

20170926_113908

中でも珍しいのが、このServal Cat(サーバル)

アフリカサハラ砂漠に住む肉食獣ですが、絶滅の危機に瀕している稀少な動物だそうです。

20170926_113618

penguinhorsefishchicksnaildog

さて、こんな動物園ですが、「NON-PROFIT」つまり非営利目的で運営されているため、寄付やボランティアを募っています。

20170926_1135190

象やキリンなどのような動物園の定番動物がいるわけでもなく、決して大きくもないのですが、子供が動物と触れあえるラスベガスでは大変貴重な場所だと思うので、是非末永く運営できるように私もサポートできればと思います。

~~~~~~~~~~~~

動物園からの帰り道。

20170926_1228110

目の前に広がる「レッドロックキャニオン」は圧巻でしたsign01

(H.I.S.オリジナル「レッドロックキャニオンと飲茶ツアー」)


~BONNIE SPRINGS ZOO 入園料~

Monday and Tuesday | Adults and Children: $7.
Wednesday thru Sunday | Adults: $10, Children: $7

chickREchick

2017.10.14

本日は、ストラトスフィアタワーの様子をご案内



チェックインカウンター
沢山の人が、チェックインに並んでいます。
Fullsizerender_2

カジノフロアー
みなさん、一攫千金をねらってます・・・

Fullsizerender_4

キャッシャー
勝ち金はここで換金します。
日本の方は、ここで、日本円からUSドルへ両替もできますよ。
(ただし、逆、USドルから日本円の両替はできません)

Fullsizerender_3

 ストラトスフィアタワーといえば!

忘れちゃいけないのが、H.I.S.のツアーデスクです。

Fullsizerender

カジノフロアーの1つ上。
エスカレーターで2階に上がり、マクドナルドの左側・・・

Fullsizerender_1



午後3時~夜9時まで、毎日営業しております。

ご用の際は、お気軽にお立ち寄り下さいませ。



H.I.S.ラスベガス支店

2017.10.13

ストリップの様子をお届けします。



ピラミッド型のホテルで人気のルクソールのプールエリア。

朝晩はすっかり気温も下がり、ラスベガス住民には「秋が来た~!」なんて思う今日このごろ、ですが
日中はまだまだ30度近く。

普通、、、これじゃ、まだ、「夏」ですよね・・・(笑

当然、プールに入る人も多々いらっしゃいます。

Luxor

パラッツォ前

沢山の観光客の方々がいらっしゃいます。

Palazzp

ベネチアン前
こちらも同様、沢山の方が観光中。



カッ!と光る太陽と、雲一つない真っ青な空。
ラスベガスは、年間300日が、こんな空なんですよ。

11月中旬から冬になりますが、12,1月は氷点下になることもあります。
年中暑い街、と思う方も多いようですが、冬は寒いので、防寒着をお忘れなく♪

Venetian


トレジャーアイランド前
かつては、海賊船のショーで人気だったホテルですが、今は海賊船は飾りだけ。。
でも、この桟橋から見える景色は、ディズニーランドみたいで、訪れるたびにワクワクする
人気スポットの一つです。

Ti

ウィンホテル前
交通量が多く、いつも渋滞になるゾーンですが、昼間から凄い車の量。。。

トレジャーアイランド、ミラージュ、ベラッジオなどの創始者であるスティーブ・ウィンが、
すべてをMGMに売却し、それまでの経験と知識、失敗を踏まえて作ったのが
このウィンホテルと、その横(写真左側)のアンコールホテル。
お部屋の豪華さや、ホテル滞在の快適さ・・・などを踏まえると
ラスベガス一、ともいえるラグジュアリーホテルです。

Wynn

ラスベガス、見所満載です。



気力を取り戻そうと一丸となるラスベガス・コミュニティ、
きっと観光で来られる方のパワーにもなるはずです。



H.I.S.ラスベガス支店

2017.10.12

本日の空港の様子をご紹介します。

こちらは出発に向けて、ゲートへ向かうセキュリテイで並ぶ人々。

Img_2198

こちらは到着。
お荷物を受取るターンテーブル近辺です。

Img_2196

ラスベガス名物、空港にもある、スロットマシーン!
ここで一発当てたら、滞在中のホテルは、スイートルームにアップグレードですね~!

Img_2197

フト、ターンテーブルを見ると、なにやらマークが・・・

Img_2195

事件後のスローガンのようにもなっている、#VegasStrong ですが
可愛いハートマークのロゴが登場しています。

ウェルカムサインを基調にしたこのロゴ、いいですねぇ。。。
Img_0197

そして、空港の出口には、観光局からのメッセージが。

Img_0204

From the Bottom of our Hearts,
Welcome to Las Vegas.
心のそこから、ラスベガスへようこそ!

Img_0203

これ、本当に私達ラスベガス住民の気持ちです。

皆さんの楽しい時間のために、ラスベガスがあります。

Img_0201

H.I.S.ラスベガス支店

2017.10.11

今日もラスベガスサインです。

毎日、毎日 お花、メッセージ、ろうそくが増え続けております。

1

多くの観光客が献花、お祈りにこの場所を訪れています。

2

勿論、記念撮影も普通におこなうことも出来ます。

3

ウエルカムサインの裏側は、実はこのようになってます

「DRIVE CAREFULLY Come Back Soon」

4

それにしても、ものすごい数のお花、ろうそく、メッセージ、そして国旗

5

シカゴ近郊に住む、元大工のグレッグ・ザニスさんが作った、慰霊碑も凄いことになってます。

(誰が何故、この慰霊碑を建てたの?という方は、以前のブログをチェック!)

6

所狭しと、お花、写真、メッセージ、国旗、ろうそくがおかれてます。

Img_0757

上の写真は、10月5日(木)にグレッグさんが犠牲者の為に建てたばかりの写真です。

7

それから、多くの方々がこの慰霊碑に訪れて今のような姿になってます。

もう、十字架もお花やメッセージで見えなくなっています。

85

ウエルカムサインサインの直ぐ側にある、多分 電気の配線などが入っているものです。

ここにも、多くの方からのメッセージ、そして「Vegas Strong」の文字が。

89

ボランティアの方々用のちょっとした休息所も設置されてます。

追悼の為の演奏も行ってました。

8

本当に沢山の方が、このウエルカムサインを訪れています。

9

道路沿いのフェンスにも

10

たくさんのメッセージが

11

そして、黒に青のラインの入った星条旗

これは、「Thin Blue Line」といって、文字通り国旗の中央に青いラインが入ってます。

この青いラインは、警察官・法執行機関の殉職者への追悼と、仲間の絆を表現するものだそうです。

因みに、

赤いラインは、消防士、

白いラインは、救急救命士

オレンジラインは、レスキュー隊 だそうです。

12

ハワイの州旗も一緒に飾られています。

日本の方にはあまり知られてないかもしれませんが、ラスベガスはハワイの9番目の島(the 9th Hawaiian Island, Las Vegas)と呼ばれるほど、ハワイ住民が旅行や移住でやってくる街。
ハワイの知事からも「我々の家族や知人も多く暮らす、9番目の島・ラスベガスでこんな痛ましい事件が・・・」と追悼コメントを出していました。

13

#VEGASSTRONG

222

1日、数千名の方が訪れている、ウエルカムサインですが、

道の真中にある為、道路を横切って危険な為、ゲートが設置され、

横断歩道を渡らないと、行けないようになりました。

みなさんも訪れる際は、車に気をつけて下さい。

おまけ。。。

Gptempdownload_6

この下の写真、右から3人目のグレーのTシャツ、短パンの男性。

わかりづらいですが、ほうきとちりとりをもって来て、

駐車場などに散らばっているゴミ掃除をして帰ってました。

ご苦労様です。有難うございます。m(__)m

エイチ・アイ・エス ラスベガス支店

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.10
loading...
WORLD情報局