イベント 2018.12.10

今年もクリスマスの気配xmasがしてきました。あと残すこと2週間でクリスマスがやってきます。

さて、今回はラスベガスよりクリスマス準備や雰囲気をお届けしましょう。notes

まずは、クリスマスのメインとなるxmasxmasxmasクリスマスツリーxmasxmasxmasから。。

アメリカではプラスチックのツリーを飾る家と、本物のもみ木を買ってきて飾る家があります。

サンクスギビング(11月の第4木曜日)が終わる頃から、スーパーマーケット、ガーデニングショップや期間限定の「ツリー屋さん」にて本物のもみ木が売り出されます。

その期間限定の「ツリー屋さん」はこちら。Tent_2この「ツリー屋さん」がスーパーなどの大きな駐車場の隅に設置され始めると、そろそろクリスマスの時期だなと実感します。

テントの手前にはこーんなにも大量のもみ木が売られています。Trees_2いろいろな大きさや形のものが売られています。

気に入った木が見つかったら、幹をカットしてもらいます。これはお花を買ったときにの水切りのようなものです。Cuttin_tree_3このカット処理が終わると、大きなネットにくるんでトラックなどで家に持ち帰ります。

家に着いたら早速飾り付けです。

ただし、この新鮮なツリーも使用は今回限り。

来年にはまた新しい木を買わなければいけません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

飾りつけされたクリスマスツリーは、年が明けてから約1~2週間まで飾りっぱなしですが、その後は飾り付けを取って、木は住んでいる地域の自治体が指定する「クリスマスツリーの捨て場」にそのまま捨てます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次はラスベガスの街中にあるxmasxmasxmasクリスマスツリーxmasxmasxmasを見てみましょうnotes

こちらはホテル街にあるコスモポリタンホテル内

”つらら”のように白くキラキラしてますね。Ariatree_1_2

こちらはエララホテル内

落ち着いた雰囲気で、ゴージャスですね。Elaratree_2

こちらはトレジャーアイランドホテル内

赤が入って、よりクリスマスらしい雰囲気です。Titree_2

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカではクリスマスプレゼントはクリスマスツリーの下に置きます。クリスマス当日になるまで、用意したプレゼントを徐々にツリーの下に置き、12月25日、家族でクリスマスを祝った後、皆でいっせいにプレゼントを開けます。

子供にとっては、12月25日の朝はドキドキ、わくわくの日となります。happy01

家族からもらうプレゼントも嬉しいのですが、子供たちは12月24日の夜寝る前に、サンタに食べてもらうクッキーとミルクを用意しサンタが来るのを寝ながら待ちます。

いい子にしていた子供たちにはサンタからプレゼントがもらえると信じている子供たちは、その日は緊張してベットに入ります。

そしてサンタは12月24日の夜、子供たちが寝てからクリスマスツリーの下にプレゼントを置いていくのです。

次の朝、目覚めた子供たちはクリスマスツリーの下を見て、サンタが届けてくれたプレゼントを見つけると大喜びします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらはファッションショーモール内

電光によるツリーはより煌びやかですねshineMalltree_2

これも、この時期になるとよく見られる光景です。Santa_2サンタと一緒にクリスマスツリーを背景に撮影するというイベントで、子供たち(実際には親たちが楽しみにしている)に大人気です。

今はまだお客さんが少ないですが、クリスマスの1週間前の週末から親子連れの長蛇の列になります。

次は、presentpresentpresentクリスマスプレゼントpresentpresentpresent

この時期になると、普段利用しているスーパーには、沢山のプレゼント商品が並べられます。Box_2

Choco_2

さてさて、忘れてはならないのがこれです。Flower_2ポインセチアtulipです。

ポインセチアには、「祝福」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」などの花言葉があり、クリスマスにぴったりの花言葉です。

この時期になると、花屋さん、食料品のお店にまでポインセチアが並びます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ポインセチアがクリスマスの花とされるようになったもう一つの理由は、色です。クリスマスによく使用される赤・緑・白の3色はクリスマスカラーと呼ばれ、赤は「キリストの流した血の色」、緑は「永遠の命や愛」、白は「純潔」を表します。葉が赤と緑、樹液が白のポインセチアは、まさにクリスマスにぴったりの植物です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ポインセチアは、玄関、リビングなど家中のあらゆるところに飾られます。

ここまで準備ができれば、あとはクリスマスが来るのを待つだけですhappy01

以上、クリスマスの~気配~について、ご紹介させて頂きましたが、クリスマス準備は順調に進んでいますか?

xmaspresenttulip今年も残りわずかとなりましたが、良いお年をお迎え下さい。

MS

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2019.01
    loading...
    WORLD情報局