2019.07.25

前回のブログに続き、私も行ってきました!くら寿司。 smile

Img_0758

ずいぶん前にオープンの噂を聞いて、今か今かと楽しみにしていました。notenote

くら寿司は日本と同じ「鮮度くん」のシステムを採用。
お寿司にカバーが付いてます。

Img_0741

回ってくるお寿司をただ取るという旧式のシステムしか知らないので、
どうやって取れば良いのかわからず、しばし呆然。

しばらくするとお店の人がテーブルにやってきて、お皿のとり方を丁寧に教えてくれました。

周りを見るとほとんどが日本の回転寿司に行ったことのない現地の人ばかり。
それでも丁寧に教わったあとはちゃんと取れるようになっていました。

よく見ると、テーブルにも詳しい説明書がありました。

Img_0754

Img_0755

長らく回転寿司には行ってなかったので、今どきのシステムに超感動。
お味噌汁などタッチパネルでオーダーすると回転寿司の上のレールで運ばれてくるんですね。

一緒に行ったアメリカ人の友人もこれには感激してました!

Img_0749

Img_0748


昔、回転寿司に行っていた頃は、見ためで選んでたものですが、
今ではどのお寿司がなんのネタなのかがきちんと書かれた札も一緒に回ってる!

Img_0753

この焼き肉ソースがかかったお肉のお寿司は。刺し身に馴染みのない友人にも好評でした。

Img_0752

ここでは一皿$2.50が基本。
高いのか、安いのかよくわかりませんが、1貫がかなり大きいので、
5皿も食べれば 十分にお腹一杯になります。

Img_0743

Img_0744
厳選して取らないと、食べたいネタまでお腹がたどり着けない感じです。
次回からは、よく選んでから取ろうと心に決めました。

あまりお寿司を食べ慣れない友人も、カラマリ(イカのフライ)とか、ラーメンとか、
いろんなサイドメニューがあったので、ずいぶん楽しめたみたいです。

Img_0750
この、揚げたたい焼きがのったデザートは特に好評でした。

Img_0756
アトラクション的な要素を持つ回転寿司は、アメリカの友人に日本の文化を親しんでもらえる
絶好のお店です。

cancer

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2020.05
    loading...