2020.05.19

いつもラスベガス支店のブログをご覧いただきありがとうございます。

皆様が安心してアメリカにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を努めていきますが、外出制限があり、記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などを含む場合が御座います。何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
。:+* ゚ ゜゚ +:。:+ ゚ ゜゚ +:。:+ ゚ ゜゚ +:。:+ ゚ ゜゚ +:。:+ ゚ ゜゚ *+:。

現在、コロナの影響で残念ながら各地のマラソン大会が中止になっています。


予定では5月末のサンディエゴマラソンに日本の家族と合流して参加する予定だったのですが、
それも残念ながら中止、、、

こんな時期なので仕方ないですよね。

早く、以前のように安心して楽しめる日が来るのを祈っています。

そんな中、支店のスタッフから「バーチャルレース(VR)大会があるよー」と教えてもらいました。

その名も「ステイホーム・バーチャルレース」

Img_1811

こんな時だからこそのイベントですよね。
楽しそう、と早速登録。

距離は、ハーフ・10K・5Kの3種類。好きな距離を選ぶことができます。

ハーフ?、とも思ったんですが、給水所もなく、一人で20K以上も走るのはつらそうと、
今回は半分の10Kを選択しました。

走る場所は近所でも、公園でも、なんなら家の中でもどこでもオッケー。
とにかく、「体を動かしましょう!」という意図が感じられます。

こんな時期なので、日程は4/25と一応決まってはいるものの、 
体調にも配慮して、「まあ6/3までに走ればいいよ」というゆるーい感じ。

タイムの測定も HONEST SYSTEM(正直者のシステム)を採用。
走った後にウェブでログインして自己申告。そのまま採用されるシステムです。

時間を競うものではなく、走りきることに意義があるという、
家族や初心者の入り口に最適な、楽しいイベントでした

完全にお遊びな感じですが、ちゃんと大会日までにTシャツやゼッケンも送られてきて、
完走後はりっぱなメダルも送られてきます。。。

Img_1806

Img_1807
といっても、このような時なので、郵送に時間がかかり、
メダルはまだ手元に届いていないのですが、こんな感じみたいです。。。

Img_1809

最近では普通のマラソン大会が運営できないので、
いろんな種類のバーチャルレースが開催されています。

アイデア満載で、次はどれに参加しようかなーと楽しく選んでいます。

ちなみに、次はバックヤードウルトラレースに参加する予定。

Img_1812

100Kマラソンですが、普通のウルトラマラソンと違って、
1か月の期間内であれば、好きなペースで走ってもいいというゆるさ。

1か月で100K走る、、というのは、私にとってはかなり大変ですが、
走りきれれば、自分の自信につながるような気がします。

こちらも、正直者システムを採用しているので、自分自身が試される、、
という試練が一番大きいかもしれませんが。coldsweats01

この後も、続々と、あっと驚くバーチャルマラソンが出てくるのを楽しみにしています。

cancer み cancer

マラソン大会好きの支店スタッフが、ラスベガスマラソンの楽しみ方をご紹介する
無料セミナーを行います。
興味のある方は、是非ご参加くださいね

【アメリカ時間5月20&27日 限定】
    ファンラン大好き集まれ マラソン初心者大歓迎 ラスベガスマラソン編
    ~本気ランナーはお断り(笑)

 https://tour.his-usa.com/city/las/detail.php?tid=6544

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2020.05
    loading...