2020.06.25

先日、コロナの影響で約2か月半閉鎖していたMGMグランドホテルが再オープンしました。

現在の様子をご紹介いたしますsign01

まず入り口から駐車場に入ります。

コロナ後、お客様を呼びこもうとMGMリゾート系ホテルすべてとラスベガスストリップのほとんどのホテルの駐車場はFREEになっています。(無料期間は未定)

もちろんMGMグランドホテルも駐車場は無料 happy01

あさ10時過ぎでほとんど満車でした。Img_4724

早速、駐車場のエレベータ近くにサニタイザーステーションを発見!Img_4726ここのハンドサニタイザーは、アルコールの匂いがきつくて、ちょっと気になる。。。

そこで、ハンドサニタイザー豆知識impact

良いハンドサニタイザーの条件は、アルコールが60パーセント以上入っているもの。
60%以下だと菌は減少するけど殺菌はできません。
商品を買うときに成分の中に、ethyl alcohol(エチルアルコール)isopropyl alcohol(イソプロピルアルコール)benzalkonium chloride(塩化ベンザルコニウム)のうち一つ入っているとよく、アルコールは必ず60%以上のものを選んで下さいね。

また、メタノール(methanol)が入ったものは毒性があるから絶対使用しないでくださいね!

このホテルで使用されているサニタイザーは、アルコール成分が多いようで安心して使用できますね。

ちょうどチェックアウト時間だったので、チェックアウトしてホテルを出る人がいっぱい!

想像よりも多くの人で驚きました。Img_4728

駐車場がらホテルの入り口に向かう途中にはこんなサインが。。Img_4729コロナ感染に対する予防注意書きです。

他のホテルやお店にもこのような注意書きをよく見かけますが、

マスク着用の奨励、約2mのソーシャルディスタンスの実行、手を20秒間頻繁に洗うこと、洗っていない手で目、鼻、口を触らないこと、咳やくしゃみをする際は口をカバーすること、病気の人には近づかないこと等が書かれています。Img_4733ちょうど、フロントデスクのロビーに入る前には「MOBILE CHECK IN」の手順のサインがありました。

人の手に触れる機会を減らるよう、また、長い列の人混みを避けソーシャルディスタンスが保たれるよう工夫されています。

ホテルのチェックインで通常ID(身分証明書)の提出を求められますが、これもスマートフォンで写真を写して手順に従い提出したら終了。鍵もスマートフォンに表示されたスクリーンをドアにかざせばドアが開くようになってます。

このシステムは今後も続けば、チェックインで並ぶ時間が節約できていいですねhappy01

ロビーに飾られているゴールドのライオンは健在!Img_4734

カジノフロアーの通路は、混み合いを防ぐために、ENTERは一方通行になってました。Img_4736カジノのど真ん中には、手洗いステーションが置かれていました。Img_4742また、マスク、手袋は無料で配布、サニタイザーもここで使用できます。Img_4738エレベーターの前のサインImg_4739_2他のお客様と一緒にエレベーターに乗るときはマスク着用必須。マスクを着用してない人はフライべートエレベータに並ぶよう書かれています。

以上、コロナ後に再オープンしたMGMグランドの様子をお伝えいたしましたが、十分なコロナ感染予防対策が施されており、安心してホテルに滞在できる体制は十分整っておりました。

その後、ストリップ通りを車で走ってみましたが、Img_9072_2

Img_9079やはり人の数は以前より少なく、以前のストリップ通りの活気に戻るまではまだ先ののようですね。

でもラスベガスのストリップホテル街は一丸となって安全対策を実施し、日々努力をしております!

弊社も、早くラスベガスが元の活気に戻れるよう日々努力をし続けております!

弊社では、現在の状況を払拭して自由に旅ができる日まで、現地に行った気分になるようなオンラインセミナー、オンライン体験HIS #ふたたび美しい世界へ 特別企画~を実施中です。

ぜひご参加下さいねsign03

HIS #ふたたび美しい世界へ 特別企画はshineこちらをクリックshine

また、皆さまと現地でお会いできることを楽しみにしていますhappy01

MS

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2020.07
    loading...