宗教 2017.03.01

カイロからこんにちは!!!

さて、前々回のオールドカイロ紹介に戻りまして、

今回は各観光ポイントの紹介をしていきます!!!

まず、オールドカイロ地区を中程まで進むと目に付く大きな建物は、

P1000702

聖ジョージ教会です。

この教会は10世紀又はそれより前に、建造されたと考えられています。

その後、火事により多くの損傷を受けましたが、

20世紀初頭に損傷された部分を修復し、現在の形に至りました。

写真の奥の建物の形の事ですが、エジプトで唯一の丸型をした教会です。

修復により、綺麗になったものの、

火事以前の元々の姿は失われたといわれています。

それは、現在の建物にローマやロンドンにある教会のイミテーションが働いたからです。

しかし、内部は荘厳な雰囲気で、ミサや日曜日に行けば宗教的な行事が行われている事もあります。

観光客の他にも、小中学生の団体が見学している事もあります。

聖ジョージ教会を通り、マリーキルギス駅の近くまでいくと、ムアッラカ教会の入り口が見えます。

P1000712

この教会は聖母マリアに捧げられたコプト教の教会です。

英語名で「Hanging Church(ハンギングチャーチ)」と言いますが、

その名の通り、アラビア語の「ムアッラカ」とは「吊るされた」と言う意味です。

なぜ、このような名前になったかと言うと、ローマ時代に造られたバビロン城の門の一部が床に使われているいるからです。

この教会は、7世紀に建設されましたが、その後9世紀には壊されてしまいます。

その後、何度も改修がなされてきたので、現存しているもので原型を留めているのは一部しかありません。

最近にも改修がありましたが、現在は改修は行われていません。

P1000716

内部の装飾には目を奪われます。

P1000724

寄木細工が至る所にあしらわれています。

エジプトで最古のコプト教の教会と言われています。

にほんブログ村 エジプト情報

博物館 2017.02.24

カイロからこんにちは!!!

前回のオールドカイロの続きと言いたいところなのですが、、、

先日、エジプトのオールドカイロ地区にあるフスタートに『エジプト文明博物館』がオープンしました。

なので、今回は急遽変更し『エジプト文明博物館』の紹介をしたいと思います。

P1000877

世界四大文明の一つであるエジプト文明は紀元前4000年から紀元前30年ほどまで続いた最古の文明です。

その壮大さを表すように、博物館の敷地もかなり広いです。

東京ドーム約2.5個分もの敷地面積(135000平方メートル)があります。

Dsc_0350

駐車場もかなり大きく、乗用車450台、バス55台駐車する事が可能です。

展示エリアの他には、お店、ラボ、博物館のマネージメントとサービスをする地区があり、

完成後の運営までしっかりと考えられた設計になっています。

しかしまだ、全館オープンしているわけではなく5ホールあるうちの1ホールしか開館していません。

展示室の一つ一つにコンセプトがあり、

「各時代の重要な遺物」

P1000898↑マムルーク朝時代のエナメルが施されたランプ

「テーマごとに分けられた展示品(文明黎明期、ナイル、ライティング、社会と国家、文化のマテリアル、思考と信仰)」

P1000902 ↑様々な時代の土器、下部はラスター彩

「マミーギャラリー」

「定期入れ替え展示室」

「カイロのランドマークの紹介」

時代は総なめしており、

「文明黎明期」、「ファラオ時代」、「グレコローマン時代」、「コプティック時代」、「イスラム時代」、「近現代」です。

P1000952 ↑上の階にはジュエリーが展示されています。

P1000944 ↑ジュエリー類はヌビアン、シーワンと古代によって分けられています。

P1000933

↑ファラオ時代の装飾品

これだけ、大きな分野をあつかうに

これから、展示品が運び込まれ、続々開館していくことに期待大です!!!

にほんブログ村 エジプト情報

宗教 2017.02.21

カイロからこんにちは!!!

カイロにはムハンマド・アリー・モスクを始めとした様々なイスラム教のモスクがあるイスラミック・カイロと、

コプト教の寺院や教会、博物館などがある、オールドカイロ(コプティック・カイロ)地区が観光スポットになっています。

P1000722

イスラム教やモスクに関しては今まで色々と紹介してきましたので、

今回はオールドカイロに焦点を当てたいと思います。

まず、コプト教とは?

コプト教とは、エジプトがイスラム化する前からエジプトにある原始キリスト教の一派の事です。

イスラム化とは6世紀初頭に預言者ムハンマドの出現により、アラビア半島から徐々に広がっていった、中東のイスラム教化のことを指します。

コプト教はもちろんその前の紀元前40年頃、アレキサンドリアから始まったと言われています。

その後、2世紀にはほぼ国内全土に広がり、当時エジプト人はほぼキリスト教徒だったと考えられています。

詳しい説明は省きますが、コプト教はイスラム教と同じ一神教ですが、宗教的な細かい部分には大きな違いがあります。

ミサや宗教行事の際にはコプト語を話しますが、日常ではもちろんアラビア語を使います。

コプト教徒の割合はエジプト人全体の約10%の900万人程度です。

そもそも、なぜオールドカイロと呼ぶのかと言うとカイロの発祥の地だからです。

その為、エジプトの歴史を肌で感じられるような雰囲気の街です。

P1000700

P1000708

教会や寺院、博物館がある観光地に隣接した「マル・キルギス駅」↑があり、地元民にとってもなじみの深い場所です。

主な観光場所は聖ジョージ教会、↓

P1000703

聖セルジウス教会、↓

P1000727

ムアッラカ教会、↓

P1000717

コプト博物館です。↓

P1000704

いずれも、コプトの魅力を存分に味わうことができます。

次回の更新はそれぞれの観光地の説明をしていきます。

にほんブログ村 エジプト情報

                                                   

H.I.S. カイロ支店

2017.03
loading...
WORLD情報局