オアフ島ノースショアのライエという町にある「ポリネシア・カルチャー・センター」に行ってきました!

1963年に設立したこのセンターですが、最近リニューアルして、カヌーショー「HUKI」とイブニングショー「HA」が新しくなったそうです。

 

Img_0164

ワクワクしながら、ワイキキから送迎バスに乗ってノースショアのポリネシア・カルチャー・センターに向かいました。

 

Img_0179

今回は「アンバサダー・デラックス」という人気のパッケージツアーを体験。

 

12:50にワイキキを出発し、80分後の14:10にポリネシア・カルチャー・センターに到着。

 

ちょっと遠いけど、車中は日本語ガイドさんが見所を案内してくれて、東海岸の景色を眺めながら向かったので退屈しませんでした。

園内には、ハワイ、トンガ、サモア、アオテアロア、フィジー、タヒチの6つのポリネシア諸島の島が再現されていて、広さは何と東京ドーム3個分くらいあるそうです。

 

Img_0217

最初は、毎日14:30から開催されている、新しくなったカヌーショー「HUKI」を見学!
 

Img_0214

このカヌーショーは、ポリネシア諸島の歴史をテーマにしています。

そこで、観客を6つのブロックに分けて、各島の代表ダンサーがあいさつのボードをかかげてみんなで掛け合い合戦がありました。

  • ハワイ「Aloha」(アロハ)
  • トンガ「Malo e lelei」(マロエレレイ)
  • サモア「Talofa」(タロファ)
  • アオテアロア「Kia Ora」(キアオラ)
  • フィジー「Bula Vinaka」(ブラヴィナカ)
  • タヒチ「Ia Orana」(イアオラナ)

ちょっと耳慣れない言葉ばかりで面白かったです。

 

Img_0243

カヌーショーのクライマックスは、6つの島のカヌーが勢揃いして大迫力でした。

総勢120名が関わっているという新しいカヌーショー「HUKI」。

見ごたえありのすばらしいショーでした。

 

30分間のカヌーショーが終わると、約15名ほどのグループに分かれて、日本語ガイドさんと園内ツアー開始!

 

Img_0199

カヌーショーの後すぐに、15:05からサモアの村人のショーが始まるとの事で、急ぎ足で移動。

サモアの村に到着。

Img_0249

村民のユーモアを交えたショーは、英語が分からなくても、見ているだけで楽しめました。

 

Img_0252

ショーの後半には、高いヤシの木に素早く登る芸も見せてくれました。
すっごい速さで登っていってビックリ!

 

Img_0201

隣の建物に行くと...。何やら木の棒がごろごろ転がっています。

Img_0204

ここで「サモア流の火おこし」の体験が出来るようになっています。

ガイドの方にお手本を見せていただきました。

コツがあるみたいなんですが、力を入れて細い棒で擦っていくと...

 

Img_0205

数分で火種が出来ました。

 

Img_0206

火種をココナッツの実の皮に移すと、大きな火がおこりました。

昔の人の知恵は凄いですね。

 

Img_0208

横の青空キッチンでは、昔ながらの手法でサモア料理を作っていました。

 

Img_0209

こちらはタロイモの皮をむいている所だそうです。

 

サモア村を楽しんだ後は...。

 

Img_0254

ニュージーランドのアオテアロア村に到着。

 

Img_0257

アオテアロア村のマオリ民族の入れ墨のデモンストレーションを体験。

 

Img_0258

腕や足首でもOKですが、顔につけることも可能です。

※乾くまではこすらないように注意が必要ですが、乾いた後はこすっても取れないようになっています。お風呂に入ったらすぐに落ちるのでご安心を。

 

Img_0259

村の広場では、マオリの踊りに使われるポイボールの遊び方を教えてもらえます。

これが結構難しいんですよ。

 

Img_0264

マオリの踊りも見学することが出来ます。
難しかったポイボールを華麗に操るダンスは必見です。

 

Img_0268

お次はトンガ村です。

 

Img_0272

トンガ村の建物は、タパという桑の木の樹皮から作られた布で覆われていて、他の村とは違った特色があるそうです。ベッドもタパで作られていました。

 

Img_0279

トンガのショーも見学しました。会場の観客も参加した、ユーモア溢れるショーで面白かったです。

 

Img_0281

最後に訪れたのは、タヒチ村です。
 

Img_0282

新鮮なココナッツで作ったタヒチのパンの試食がありました。

 

Img_0283

これ、結構おいしかったです!

 

Img_0289

主要な村を訪れすっかり満喫した所で既に16:00。

大きな園内を回っていたら時間も忘れてしまいました。

さて、次はカヌーツアーです。

 

Img_0295

日本語のガイドさんが見所を説明しながら、園内のラグーンをゆっくり進んで行きます。

 

Img_0297

イースター島のモアイ像もカヌーから見学。

 

Img_0300

15分ほどのカヌーツアーの後は、映画館でオリジナルムービー「ハワイアン・ジャーニー」の観賞です。

 

Img_0302

通常訪れることができないような秘境を、ドローンの撮影で見せてくれます。

実は、この映画館は2次元映像+動く座席やミストなどの演出で4D体験ができる映画館との事ですが、現在機械のメンテナンス中で体験できませんでした。残念。メンテナンスが終わったらまた行ってみたいです。

  

さて、この後は、楽しみな食事、そしてメインイベントのイブニングショー「HA」の観賞と続きますが、長くなったので、次の記事でご紹介します。

 

▼ポリネシア・カルチャー・センターのお申し込みはこちら▼
ポリネシア・カルチャーセンター

今話題のカカアコ地区。

ウォールアートやお洒落なカフェ、レストラン、

オーガニックスーパーがオープンしたりと目が離せません。

カカアコの中心的存在のSALT。

Img_9032_2

朝から沢山の人でにぎわっています。

Pioneersaloon_001

一番人気の「Arvo Cafe」(アーヴォ カフェ)

Img_9035

土曜日の午前中でしたが、すでに並んでいます。

Img_9034

2階にもお店ができてました。

Img_9038

人気のコールドプレスジュースとアサイボウルのお店みたいです。

ロコに人気みたいで...今度試してみたい。

Img_9039

カイルアの人気カフェ「Morning Brew」の2号店もオープンしてます。

Img_9043

SALTを離れ、山側に歩いていくと、

オーガニックスーパー「Down to Earth」ができていました。

今週オープンみたいなので、楽しみですね。

Downtoearth_002

カカアコ地区にはオシャレなコンドミニアムがどんどん建っています。

これからもどんどん新しいコンドミニアムが建つ計画だそうです。

Img_9030

そして、Down to Earthの数ブロック先の公園には...

Img_9048

人気のウォールアートがあります。

Img_9047

皆さん、記念写真を撮ってますね。

Img_9046

ウェディングの記念撮影にも人気だそうです。

Img_9045

どんどん変わっていくカカアコ地区、ますます目が離せません!



LeaLeaラウンジスタッフがガイドとなって、カカアコ最新フォトジェニックスポットをご案内する、フォトジェニックツアーもご用意しております。

詳しくは、こちらの記事をごらんください。

数年前まではさびしい商業・倉庫街。
それがいま、ホノルルの最新スポットに!
そうです、カカアコです。

Img_8194
再開発で、いまどきなコンドミニアム多数。
おしゃれなショッピングエリア「SALT」誕生。
さらにウォールアート。

Untitled_collage

そんなカカアコのウォールアートを見に(撮りに)いけるツアーに参加してきました。
その名も LeaLeaオリジナル ホノルル・フォトジェニック・ツアー(3Dメガネ付き)。 

なんで3Dメガネが付いてくるのかって?
今年新たに描かれたウォールアートの中には、3Dの飛び出る絵もあるんです!

そしてこのツアーの素晴らしい点は……
Img_8144
カカアコの前に、オアフ島の絶景スポットのひとつ、タンタラスの丘の頂上にあるプウ・ウアラカア州立公園展望台へ寄ること!
ツアー名に恥じないフォトジェニックさ。

まずはロイヤル・ハワイアン・センターのツアー集合場所へ。
Img_8102_3
ツアーのシャトルバスに乗車!
Img_8109
ワイキキを出ます。
Img_8111_2
車内から見る外の景色は新鮮。

一般の住宅や教会、学校……そんな街の風景を見ながら、シャトルバスはタンタラスへ。
Img_8119
タンタラスの頂上までは、ホノルルとは思えないような緑の中を通ったり。
そんな丘に一般住宅があることに驚いたり。
Img_8129
プウ・ウアラカア州立公園に到着。
商業車用のパーキングから片道5分ほど歩いたら展望台です。
Img_8125_2

気持ちいい~。
絶景フォトスポットであるとともに、深呼吸スポット!

Img_8142
右はこのツアーのガイドを務めるLeaLeaスタッフ。
景色について説明……よりも、ツアーのお客様の写真を撮るのに大忙し。

自撮りの方もいましたが、同行者と一緒に写真に収まりたい方も多く。当然ですよね。
そんなときはLeaLeaスタッフに気軽に声をかけましょう。
スマホやカメラを渡して写真を撮ってもらいましょう。
Img_8150
次はカカアコ。タンタラスからはシャトルバスで20~30分。
Img_7724
カカアコで下車する際、3Dメガネを渡してくれます。

LeaLeaスタッフ手作りの、ウォールアートアルバムや地図も用意されています。
(アルバムは借りるだけで、お持ち帰りはできません)
Untitled_collage_2
このツアーの嬉しい点は、ウォールアートをLeaLeaスタッフ(ガイド)と回るか、自分たちで自由行動するか、選べるところ。
LeaLeaスタッフと一緒なら、見るべきアート、撮るべきスポットへ効率よく行けますし、自由行動なら約1時間を好きなように過ごせます。
お目当てのアートへ一直線したり、SALTでお茶したり。
Dsc00811
こちら、3Dの絵です。ほかにもありま~す。
Img_8210
カカアコが終わったら、ワイキキに戻る前、最後にマジックアイランドへ。
アラモアナビーチパークの中にある、ワイキキ寄りのエリアです。
Img_8207
ここから実によくダイヤモンドヘッドが見えるんです。
ヨットやサーファーの姿も見えたりして。
記念用、思い出用、インスタやFB用にも、いい写真が撮れそう!

この3か所をいっぺんに、自分たちで行こうと思うとかなり大変。
とっても便利な約3時間のツアーです!

LeaLeaオリジナル ホノルル・フォトジェニック・ツアー(3Dメガネ付き)



H.I.S. ホノルル支店

2019.05
loading...
WORLD情報局