8月半ばのある日。
ワイキキの海の high tide(ハイタイド / 満潮)を見に行きました。

Img_2039
場所はアウトリガーリーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート・ホテルの海側。
ん~、確かにいつも見るワイキキの海より水がたっぷり(?)。

Img_2040
ザバーン。

Img_2041
さらにザバーン。

Img_2042
おお! 目の前で見るとこのザッバーン……

Img_2043
かなり迫力です。

Img_2056

海で遊ぶつもりで来たけれど。この感じ、慣れてないと躊躇しますよね。

Img_2050_2

もともとビーチ幅のそれほど広くないエリアですが、さらに狭い!
ビーチの移動は海水に浸かりながらです。

Img_2048

満潮の海の中で楽しむ人もパラパラと。ちょっとコワイ気もしますが。

ビーチの手前にはアウトリガー・リーフ1階ビーチフロントのレストラン&バー「ザ・リーフバーアンドマーケットグリル」あり。

20171024_0585(アウトリガー・リーフからいただいた写真です)

この日のハイタイド、時間は15:37。
ザ・リーフバーアンドマーケットグリルのランチタイムは11:30~15:00。ディナーは17:00~22:00。
でも15:00~17:00もバーエリアは営業しています。

20171024_0408(アウトリガー・リーフからいただいた写真です)

ビールやカクテル、またはソフトドリンクを傾けながらワイキキの満潮を眺める、なんていうのもいいかもしれませんね!

オアフ島の観光地として名高いポリネシア・カルチャーセンターやチャイナマンズハットの近くに、広くて、ピースフルなビーチパークがあります。

駐車場の目の間に広がるのは、どーんと広大な芝生。

Img_4214

後ろを振り返ると雄大なコオラウ山々。

Img_4213

少し小高くなっている丘の先がビーチなので、駐車場に降り立っただけでは海は全く見えません。

Img_4205

比較対象物が写っていないので分かりにくいですが、右手に小さく見えているのが、ワイキキのビーチパークにもたくさん置いてあるゴミ箱です。結構歩いたよ、と思うくらい歩かないとビーチにはたどり着けません。

で、だんだん見えてきます。海!

Img_4206

正面。左。右。

Img_4208

Img_4210

Img_4211

砂浜は広くはありませんが、十分な広さ。そして、砂は白くてさらさら。何よりも、土曜日のお昼間なのに人がいないことにびっくり!

気持ちの良い広々としたビーチと芝生を独り占めできた、贅沢なビーチパークでした。

ふーみん@MKT

レンタカーでワイキキ中心部から一時間程度です。

For_web_lealea_42_195

LeaLea ラウンジでお申し込みいただけます。

(申し込みカウンターの営業時間は8:00~15:00)

Img_2518

Img_2519

この日はあいにくの小雨もぱらつく曇り空でしたが、大きな雲がアクセントとなり、荘厳な朝の空気を味わえました。

日の出前、30分くらいに現地に到着するのがお勧めです。

朝焼け、日の出と、どんどんと空も海も色が変ります。

日の出後、20~30分ですっかり見慣れた日中のマカプウの風景になりました。

Img_2541

Img_2536

マカプウ・ビーチ/Makapu'u Beach

Makapuu Beach Park

501 Kalanianaole Highway, Waimanalo

シーライフパークが左手に見えたら、右折すると、広い駐車場があり、そこから右手のビーチに下りていきます。

https://goo.gl/maps/TYdj64wAwrt



H.I.S. ホノルル支店

2018.11
loading...
WORLD情報局