オアフ島ノースショアのライエという町にある「ポリネシア・カルチャー・センター」に行ってきました!

1963年に設立したこのセンターですが、最近リニューアルして、カヌーショー「HUKI」とイブニングショー「HA」が新しくなったそうです。

 

Img_0164

ワクワクしながら、ワイキキから送迎バスに乗ってノースショアのポリネシア・カルチャー・センターに向かいました。

 

Img_0179

今回は「アンバサダー・デラックス」という人気のパッケージツアーを体験。

 

12:50にワイキキを出発し、80分後の14:10にポリネシア・カルチャー・センターに到着。

 

ちょっと遠いけど、車中は日本語ガイドさんが見所を案内してくれて、東海岸の景色を眺めながら向かったので退屈しませんでした。

園内には、ハワイ、トンガ、サモア、アオテアロア、フィジー、タヒチの6つのポリネシア諸島の島が再現されていて、広さは何と東京ドーム3個分くらいあるそうです。

 

Img_0217

最初は、毎日14:30から開催されている、新しくなったカヌーショー「HUKI」を見学!
 

Img_0214

このカヌーショーは、ポリネシア諸島の歴史をテーマにしています。

そこで、観客を6つのブロックに分けて、各島の代表ダンサーがあいさつのボードをかかげてみんなで掛け合い合戦がありました。

  • ハワイ「Aloha」(アロハ)
  • トンガ「Malo e lelei」(マロエレレイ)
  • サモア「Talofa」(タロファ)
  • アオテアロア「Kia Ora」(キアオラ)
  • フィジー「Bula Vinaka」(ブラヴィナカ)
  • タヒチ「Ia Orana」(イアオラナ)

ちょっと耳慣れない言葉ばかりで面白かったです。

 

Img_0243

カヌーショーのクライマックスは、6つの島のカヌーが勢揃いして大迫力でした。

総勢120名が関わっているという新しいカヌーショー「HUKI」。

見ごたえありのすばらしいショーでした。

 

30分間のカヌーショーが終わると、約15名ほどのグループに分かれて、日本語ガイドさんと園内ツアー開始!

 

Img_0199

カヌーショーの後すぐに、15:05からサモアの村人のショーが始まるとの事で、急ぎ足で移動。

サモアの村に到着。

Img_0249

村民のユーモアを交えたショーは、英語が分からなくても、見ているだけで楽しめました。

 

Img_0252

ショーの後半には、高いヤシの木に素早く登る芸も見せてくれました。
すっごい速さで登っていってビックリ!

 

Img_0201

隣の建物に行くと...。何やら木の棒がごろごろ転がっています。

Img_0204

ここで「サモア流の火おこし」の体験が出来るようになっています。

ガイドの方にお手本を見せていただきました。

コツがあるみたいなんですが、力を入れて細い棒で擦っていくと...

 

Img_0205

数分で火種が出来ました。

 

Img_0206

火種をココナッツの実の皮に移すと、大きな火がおこりました。

昔の人の知恵は凄いですね。

 

Img_0208

横の青空キッチンでは、昔ながらの手法でサモア料理を作っていました。

 

Img_0209

こちらはタロイモの皮をむいている所だそうです。

 

サモア村を楽しんだ後は...。

 

Img_0254

ニュージーランドのアオテアロア村に到着。

 

Img_0257

アオテアロア村のマオリ民族の入れ墨のデモンストレーションを体験。

 

Img_0258

腕や足首でもOKですが、顔につけることも可能です。

※乾くまではこすらないように注意が必要ですが、乾いた後はこすっても取れないようになっています。お風呂に入ったらすぐに落ちるのでご安心を。

 

Img_0259

村の広場では、マオリの踊りに使われるポイボールの遊び方を教えてもらえます。

これが結構難しいんですよ。

 

Img_0264

マオリの踊りも見学することが出来ます。
難しかったポイボールを華麗に操るダンスは必見です。

 

Img_0268

お次はトンガ村です。

 

Img_0272

トンガ村の建物は、タパという桑の木の樹皮から作られた布で覆われていて、他の村とは違った特色があるそうです。ベッドもタパで作られていました。

 

Img_0279

トンガのショーも見学しました。会場の観客も参加した、ユーモア溢れるショーで面白かったです。

 

Img_0281

最後に訪れたのは、タヒチ村です。
 

Img_0282

新鮮なココナッツで作ったタヒチのパンの試食がありました。

 

Img_0283

これ、結構おいしかったです!

 

Img_0289

主要な村を訪れすっかり満喫した所で既に16:00。

大きな園内を回っていたら時間も忘れてしまいました。

さて、次はカヌーツアーです。

 

Img_0295

日本語のガイドさんが見所を説明しながら、園内のラグーンをゆっくり進んで行きます。

 

Img_0297

イースター島のモアイ像もカヌーから見学。

 

Img_0300

15分ほどのカヌーツアーの後は、映画館でオリジナルムービー「ハワイアン・ジャーニー」の観賞です。

 

Img_0302

通常訪れることができないような秘境を、ドローンの撮影で見せてくれます。

実は、この映画館は2次元映像+動く座席やミストなどの演出で4D体験ができる映画館との事ですが、現在機械のメンテナンス中で体験できませんでした。残念。メンテナンスが終わったらまた行ってみたいです。

  

さて、この後は、楽しみな食事、そしてメインイベントのイブニングショー「HA」の観賞と続きますが、長くなったので、次の記事でご紹介します。

見所たっぷり「ポリネシア・カルチャー・センター」後編

 

▼ポリネシア・カルチャー・センターのお申し込みはこちら▼
ポリネシア・カルチャーセンター

Img_0096

ウルポへイアウに行って来ました。

カイルアのカワイ・ヌイ・マーシュの東端にあります。

Img_0098

へイアウは石造りで、140フィート×180フィートもあります。
北極星に向けて建てられているそうです。
多くの石は、10マイル以上離れたクアロアから運ばれてきたとか。

Img_0035

湿地には色々な植物があります。

Img_0065

Img_0019

Img_0020

広~い。

Img_0057

タロイモやウォータークレス(クレソン?)がたくさん育っています。

Img_0074

よく見るとブタさん(イノシシかも…)の足跡がたくさん。

Img_0034

GRP/Yae

セグウェイでウルポヘイアウへGO!

(午前出発)

【カイルア・セグウェイツアー】パワースポット+エコツアー(午前)

(午後出発)

【カイルア・セグウェイツアー】パワースポット+エコツアー(午後)

アロハ~wink

ハワイでしたいこと・・・思い切り海を眺めること。プールサイドでドリンク片手にくつろぐこと。

新たにエヴァウイング、そしてNY本店のデパート「ブルーミングデールズ」がオープンした

アラモアナセンターをチェックすること。ワイキキビーチからサンセットを眺めること。

な~んて、あれもこれもと欲張ってしまいますが、中でも外せない~♪ 外したくないのが、

スパでの自分へのごほうび時間。

というわけで、友達から勧められた「スパ・ラ・キュア(旧名スパ・ラ・キュール)」へ!

Dsc05702_f

場所は便利なワイキキの真ん中。ホリデイ・イン・リゾート・ワイキキビーチコマーホテル内。

ロビーの1つ上の階、221号室です。

Dsc05704_f

パーソナルな雰囲気で、なんだか、ホッと落ち着ける空間です。

Dsc05701_f_2

鍼灸師の資格を持つオーナーセラピスト、SAKIKOさんが明るい笑顔で出迎えてくれました!

Dsc05700_f

今日お願いするコースは、「レインボードロップ」。

医療現場で導入されているという、9種類のエッセンシャルオイルを優しく降る雨だれのように

脊柱に垂らして浸透させるトリートメント「レインドロップ」を、SAKIKOさんがハワイ流に独自に

アレンジしたアロマテラピー&全身マッサージです。

Img_3598_f

まずは至福のマッサージ。あ~幸せ・・・。

Img_3610_f

これまでいろいろなスパでロミロミマッサージを受けてみました。こそばゆいようなライトタッチの

セラピストさん。力強く押してくるセラピストさん。一度、やや毛深い男性セラピストさんにかかった

ときは、彼の腕毛がジョリジョリと身体に触れる度なんともいえないむず痒さに襲われ、

リラックスするはずのマッサージで逆に肩が凝ったことも・・・crying

SAKIKOさんのマッサージは優しい感じ・・・なのに、なんだかジワッと効いてきますheart01

体の芯に効いているような・・・。

(もちろん、マッサージの強弱について好みを聞いてもらえます。SAKIKOさんに「このくらいで

どうですか?」と尋ねられたその強さがまさに私好み!)

Dsc05706_f_2

嬉しかったのはSAKIKOさんがご自身で育てているティリーフを施術に使っていたこと。

ティリーフは邪気を祓うといわれ、ハワイではよくお家や建物の入口付近に植えてあります。

また、食べ物を蒸す際に使ったり、お皿として利用したり、古代ハワイでは医療にも利用

されていました。SAKIKOさん、施術のためにラナイ(ベランダ)のミニガーデンにある

ティリーフを切ってくれます。

Dsc05709_f

SAKIKOさん独自のプログラム「レインボードロップ」は、「レインドロップ」の脊柱とは異なり、

お腹に(虹にちなんで)7種類のエッセンシャルオイルを垂らします。ちなみに「レインボー(虹)」は

ハワイの象徴。虹が多く出ることから、「レインボー・ステート(虹の州)」と呼ばれているんですよ。 

Img_3618_f_2

お腹は丹田とも呼ばれ、エネルギーを発する大切な場所といわれています。また、腸は「第二の脳」。

そこへ働きかけることによって、腸内環境を整え、体と心のバランスをとるんだそう。

「体と向き合うスピリチュアルな時間ですよね」と、SAKIKOさん。

レインドロップやレインボードロップの施術を受けたお客様は、過去の記憶がよみがえったり、

インスピレーションがわいたり、スピリチュアルな体験をすることも少なくないとか。

Img_3620_f_2

私はスピリチュアルというより、無になれたというか・・・。

リラックスしようと思って、スパで施術を受けたり、温泉へ遣ったりしても、どうしても雑念から

逃れられず、結局大してリラックスできないことが多いのですが(どれだけ雑念が多いねん)、

ここでは、透明な無の世界に入れたんです!

と、SAKIKOさん、「『ひとつ別の世界に行ったみたい』っていうお客さまもいらっしゃるんですよ」。

ま、まさしくそんな感じ!

Dsc05712_f

自分の体だけでなく、施術ルーム全体が優しいエネルギーに包まれた気がしました。

Dsc05698_f

施術に使用するエッセンシャルオイルはすべて、最高品質といわれるYoung Living社製だそうです。

香りにもとっても癒されました・・・大満足。

スパ・ラ・キュア(Spa La Cure)*

住所:ホリデイ・イン・リゾート・ワイキキビーチコマー #221

2300 Kalakaua Ave. Honolulu, HI 96815

Holiday Inn Resort Waikiki Beachcomber

電話番号:(808) 923-0460(日本語OK)

2015年12月より「スパ・ラ・キュール」から「スパ・ラ・キュア」に名前が変わりました。

スパ・ラ・キュアのホームページはこちらから

「レインボードロップ」のお申し込みはこちらから

「レインドロップ」のお申し込みはこちらから



HIS ホノルル支店

2019.11
loading...
WORLD情報局