H.I.S.Tours ピサヌローク支店 

Untitled

こんにちは

この4月から H.I.S の新入社員となったリュウです。

この前に私がピサヌローク県の山奥にある故郷(ナコンタイ)へ帰りました。

両親と久しぶりに出会って、とても嬉しかったです。

どうして私が両親と出会ったことを書くのは理由があります。

まず、タイ人の考え方について説明させていただきます。

もし、説明しないと、これから書くブログの話が分からなくなってしまうでしょう。

タイ人は人間でも動物でも、それに、物にも「魂」があると信じています。

我々の魂は自分の心にあります。自分の心とは、我々の気持ちです。

我々が嬉しいのだったら、魂も同じ気持ちであるはずですが、

悪いことに遭遇した時はちょっと違います。

それは魂が自分から消えてしまって、そのため、不運な事が次々に起きます。

そのため自分の魂を戻すために、呼び戻す儀式を行ったりします。

でも、不運の時にだけ儀式を行うわけではありません。他の機会にも行います。

例えば、結婚式とかなどでも行います。

つまり新しい生活を始める時に行います。

私は卒業したばかりなので、それで、両親がこの儀式を行ってくれました。

儀式の行い方はバイシー(บายศรี)という花と葉っぱで飾っている入れ物を準備して、

それに、料理を1セット準備して、霊媒師のような人を呼んできて、儀式を始めます。

57486128_420562978501010_8566250192

儀式を終わってから、サイシン(สายสิญจน์)というコットンから作られた糸で私の手首に巻いて縛りました。

57446416_1556703814459960_793977725

この儀式の参加した人が一人ずつ巻いてくれて、

知り合いと親戚から小遣いをもらいました。小遣いの一部は寄進します。

それに、この儀式で親戚同士が久しぶり会うことができます。

家族が一緒になれる日となるわけです。

57154264_273405040266189_6172296268



メオダム独白

昨年行われたルーイ県のダンサイ村で開催されたピーターコーン祭りの写真をピサヌローク支店のホームページにアップしました。

http://www.his-bkk.com/phitsanulok/gallery.php

今年は7月の第一週の週末に開催されます。

このピーターコーン祭りのダンサイ村へ行く途中に、新入社員のリュウ君の出身地「ナコンタイ村」があります。

ナコンタイ村は、本当に田舎ですけれど、タイの歴史の中では大変に重要な土地です。

スコタイ王朝を成立させた初代の王様、シーインタラーティット(พ่อขุนศรีอินทราทิตย์)の出身地でもあります。

きっと、そのうちにリュウ君がタイ最初の王様のストーリーを紹介してくれることと期待してます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. バンコク支店

    H.I.S. ピサヌローク支店

    2019.05
    loading...
    WORLD情報局