こんにちは
 
キャットです。
 
今日は皆さんにパン屋へ連れて行きます。
私はその店のパンが大好きですから、皆さんに勧めたいと思います。
 
その店は「プンノイ」です!!! 英語で「Phungnoi」と書きます。
 
プンノイ」はピサヌロークにたくさん支店があります。
でも、私は皆さんにセントラルの支店へお連れします。
 
 
セントラル支店の「プンノイ」はセントラルデパートの3階にあります。

59519242_2609026912458335_131953008


行きましょう!!
 
そこはたくさんパンがあります。例えば、ケーキやパイやマカロンなどです。
 

59321431_598546720658723_3055426239

59189060_399817357533372_3109328770


美味しそうですね!!

59285690_335096800542265_4599751970


そこのパンは値段が安いです。 いいですね。
 

59332242_314826219210019_6991296452


はい! 私はパンを買いました。
 
 
 
私の買ったパンを見ましょう。
 

59337443_441970849890115_3473122099


私はブルーベリーケーキ、クッキー、プリンとデニッシュチョッコです。
全部で 110 バーツです。
 
プリンを食べてみます。!!

59415231_317527465594257_4879243608

美味しかったです。!!


メオダムからひとこと

タイ語でパンのことをカノムパン(ขนมปัง)と言います。

カノム(ขนม)とはお菓子のこと、パン(ปัง)は日本と同じで、ポルトガル伝来の外来語のパンです。

しかし、パンの前にお菓子を意味するカノムが付くあたりからして、タイ人にとってパンとはお菓子としての要素が高いようですね。

このキャットが紹介しているものも、どちらかと言うとパンと言うイメージよりお菓子に近いようです。

 

パンとお菓子の話で言えば、フランス革命前夜、パリ市民が「パンを食わせろ」とデモをしていたころ、マリーアントワネットは「パンがないなら、お菓子を食べればいいじゃない」とつぶやいたとか、言語では「お菓子」ではなくブリオッシュのことだそうで、強いて言えば「菓子パン」のこと。

カノムパンを直訳してしまうと、「菓子パン」ということになるので、キャットがパン、パンと言いながら、お菓子を紹介しているのにも、筋は通っているのかもしれません。

 

どうやらH.I.S.ピサヌローク支店のマリーアントワネットもお菓子がお好きなようで、私の留守中にデスクでお菓子を召し上がられてたようですね。

ちなみに、プンノイ(ผึ้งน้อย)とは直訳すると小さなミツバチです。

そして確か本店はチェンマイにあったはず。

今から10年以上前になりますが、プンノイ本店のお嬢さんだったかが、東京の西荻窪にあった、1斤1万円のパンを売るお店でアルバイトをしていた記憶があります。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS バンコク支店

    H.I.S. ピサヌローク支店

    2019.11
    loading...
    WORLD情報局