こんにちは

リュウです。

今日は私の故郷にある大きな木を紹介したいと思います。

私の故郷はピサヌローク県のナコンタイです。

ここはとても田舎だと思います。

でも、嫌ではありませんよ。

逆です。

とても好きです。

特に伝説とか物語もあります。

 

というわけで今日は大きな木の話を選びました。

この木はタイ語でチャンパー(จำปา)と呼んでいます。

日本語ではキンコウボクです。

64949285_317883225802534_9109243597

このチャンパー(จำปา)の木は800前にシーインタラーティット(พ่อขุนศรีอินทราทิตย์)というタイの最初の王様が植えられました。

64759592_2580715471939040_212353542

その時は13世紀スコータイ時代です。

その時代はとても平和な時代ですが、平和な時代と言っても、小さな戦争することがあります。

シーインタラーティットはタイの王様になる前にモン族と戦争しました。

その時はタイの軍隊がモン族と比べて、まだ強くないです。

兵隊たちもこの事がよく分かっています。

シーインタラーティットは兵隊たちに勇気をあげたいです。

自分の妻とどうすればいいのか考えていました。

シーインタラーティットの妻は戦争の結果を占うために、チャンパーの木を植えましょうと言いました。

シーインタラーティットも賛成しましたが、どこに植えるかいいかもう一度考えていました。

シーインタラーティットは凧を上げるのが大好きな人です。

ある日、凧を上げている途中で、強い風が吹きました。

この風で凧は手から離れてしまいました。

そこで、兵隊たちに凧を探すよう命令しました。

凧が見つかったところはとてもいい場所ですから、ここに木を植えようと決めました。

このチャンパーの花は普通なら、黄色ですが、

シーインタラーティットはもし自分がこの戦争が勝てるのなら、

チャンパーの花は白い花になるようにお願いします。

時間が流れました。木が大きくなりました。

信じられないことも起きました。

それはチャンパーの木に白い花が咲いたのです。

この事が兵隊たちの耳に入って、兵隊たちは勇気が湧いてきました。

戦争して勝ちました。

この事でシーインタラーティットは山に登って、自分の白い腰帯は旗にするために、竹に括ってから、山に置きました。

それから、「毎年我々ははこの山に白い旗を置く」と言いました。

この活動は今も私の故郷のお祭りとして残っています。

『パクトンチャイ(ปักธงชัย)』と呼んでいます。

山に登る前に必ずチャンパーの木にお祈りします。

現在チャンパーの木を植えたところはお寺になりました。

私がこのお寺へ行った時にはまだ花が咲いていませんでした。

ちょっと残念です。

65028483_537104390156156_3883130346

もしこの木に興味があるなら、ぜひ来てください。

64783293_373528456479284_6528339634

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS バンコク支店

    H.I.S. ピサヌローク支店

    2019.11
    loading...
    WORLD情報局