28年目を迎えるワイキキの老舗エンターテイメントショー「マジック・オブ・ポリネシア」を観てきました!

 

実は初めてだったのですが、とにかく面白くて大笑いで、期待以上に楽しめました。

余談ですが、あのブルーノ・マーズが15歳の時にマジックショーの前座として歌っていたそうです。ここから育ったと思うと感無量です。

 

Img_0140

会場はワイキキ ビーチコマー バイ アウトリガーの2階になります。
現在改装中なので、入口がわかりにくいですが...。

 

Img_0141

ここが入口。

 

Img_0142

奥のエスカレーターに乗り、2階のロビー階に向かいます。

 

Img_0143

受付はロビーの奥になります。

 

Img_3742

こちらが受付。

 

Img_3743

ハワイアンレイでお迎えしてくれました。 

※このハワイアンレイのサービスは、デラックスディナーとデラックスディナー+ロブスターコースのみに付いてきます。

 

Img_0144

会場へは、こちらのエスカレーターで上がります。 

 

Img_4321

上がって外に出ると、幻想的な夕焼けが見られました。

そして、会場に入る前にポリネシアンな衣装のキャストとの記念撮影があります。

 

Img_37531

会場はとても広く、アミューズメントパークのような感じ。

 

Img_4326

まずはドリンクをオーダーします。
お酒が飲めない方には、ソフトドリンクもありますが、ハワイアンなカクテルでハワイの雰囲気を味わいたい方は、ノンアルコールのカクテルも作ってくれます。

 

Img_4328

 

Img_4330

ワインやカクテルなどなど。
中央右はノンアルコールのラヴァフロー、左がココナツ風味のピナコラーダ。

乾杯したところで料理が出てきました。

Img_3745

こちらはデラックスディナーのサラダ。
お野菜が新鮮。右の白いのは「ヤシの新芽」。ヤシの芽が食べられるなんて初めて知ったのですが、こりこりして美味しいです。

Img_3755

ディナーロールとバター。

 

Img_3756

メインのヒレステーキ。

 

Img_4338

実はお料理にはこだわっていて、別の場所で作って運ぶ間にちょうどいい焼き加減になるように調整しているのだそうです。

うん。確かにちょうどいい焼き加減でとっても美味しい! 

 

Img_3758

こちらは「スタンダードディナー+ロブスター付き」プランのメイン、しょうがとゴマ風味の骨なしチキンと白身魚のパン粉揚げ。
 

チキンがやわらかくて、しょうがとゴマ風味が日本人の口にあっていると感じました。

 

Img_3760

「スタンダードディナー+ロブスター付き」プランのロブスター。
 
プリプリのロブスターは食べやすく処理されていてツルっとむけたので、大きなロブスターの身をガブっといただきました。

うぅ~幸せ~。

 

Img_3761

こちらはデザート。濃厚なチョコレートケーキをイチゴのソースでいただきます。

 

と、お料理を堪能しているうちにショーが始まりました。

ショーは撮影禁止なのでご紹介できませんが、マジックあり、華やかなフラダンスあり、圧巻のファイヤーダンスありと盛り沢山。

特に、日系イリュージョニスト、ジョン・ヒロカワの絶妙なトークがおもしろくて大笑いの連続。
一年分笑った!と言っても過言ではありません。
 
ちなみに、ジョン・ヒロカワはほとんど日本語を話しませんが、簡単な英語と、分かりやすいジェスチャーで、英語が分からなくても楽しめる内容になっています。
 
今度は家族を連れて観に行きたいと思います。

 

ショーのダイジェスト版はこちら▼


YouTube: マジック・オブ・ポリネシア

 

マジック・オブ・ポリネシアの予約はこちら▼
マジック・オブ・ポリネシア

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ホノルル支店

    2018.12
    loading...
    WORLD情報局