Aloha, Pehea ʻoe ? (こんにちは、ぺヘア オエ。お元気ですか?)

H.I.S.のツアーの一つに ”オアフ島一周観光 ミニポリネシアン・ショー”というのがあり、参加させて頂きましたが、中でもとても気にいった場所とショーがマカデミアン・ナッツ・ファームの秘められた場所でのポリネシアン・ショーです。

そこにはステージと観客席があるのが残念ですが、それがないと本当に水際にあるジャングルの中で原住民が平和に暮らして居た様な光景を感じるさせられる場所です。

Img_3518_edited

まずはココナッツ・ツリー(ヤシの木と実)。捨てる場所は一切なく、まさに生活の宝物。

ヤシの木の幹は家つくり、カヌーや楽器にも使えます。

ヤシの木の葉は、家の屋根とか、衣装、ほうきやカゴを作ったり、写真のようにトングも作れます。

Img_3521

昔は火を起こすのはもちろん、料理も男性の仕事だったそうです。そこで観客の女性に、ここに嫁ぎますか? なあんて色んな冗談も取り混ぜ、楽しませてくれます。

ココヤシの繊維を使っていとも簡単に火をつけてますが、いざ私がやって火をつけれるにはどの位の日にちがかかるのかは疑問です。

Img_3522_2

せっかく火をつけてくれたので、ファイヤー・ダンスを披露してくれます。 

Img_3524_edited

そしてヤシの実をこれまたいとも簡単に割って開けてくれました。
残念ながら、写真を撮っていませんがコツがあって皆さんにでも開けられるやり方があります。できればヤシの実を割る体験できると良いですねー。

Img_3525_edited

私もお子様達と一緒にサンプルを頂きました。フレッシュ・ココナツのお味はそれほど甘くなく、新鮮で美味しかったです。野生の鶏がおこぼれ頂戴と沢山集まってきます。(写真を撮ってなくて残念)

Img_3534

ここから眺めるハワイ独自の山並みが雄大で良いですよねー。

色んな野生の植物、果物なども見られます。(これも写真がなくてすみません)

Img_4441

この方、どことなく、私の大好きなジャッキー・チェンに似ていませんか? ウフッ lovely

Img_4587

こちらでのもっと詳しい記事はへなしゅんのハワイ・スクープを見て下さいね。

http://www.hawaiiscoop.com/?p=17908

GR ミチミチミッチー coldsweats01

7/1~10/5限定で始まったポリネシアカルチャーセンターのファミリーパッケージに子ども達と行ってきました♪

10時過ぎにワイキキを出発busノースにあるポリネシアカルチャーセンターにまっすぐ行くのではなく、市内のイオラニ宮殿、カメハメハ大王像を車窓から見学し、この木何の木でおなじみのモアナルアガーデンでは下車し、お写真タイムcamera

Img_4537_3

ポリネシアカルチャーセンターに到着したらもうお昼なので早速ビュッフェランチrestaurantお腹いっぱいになったらガイドさんが園内を案内してくれました。

「広大な敷地にハワイをはじめとする6つのポリネシアの国の文化や生活様式を本格的に復元した6つの村が点在する、ハワイきってのテーマパーク」なのです。6つというのは、ハワイ、サモア、フィジー、トンガ、タヒチ、オアテアロア(ニュージーランド)です。

村々ではアクティビティーが楽しめるのですが、何をするかはその日によって違います。私達は魚釣り、やしの葉っぱで魚のおもちゃ作り、木で火おこしを体験しました。

Img_4538_3

日本ではなじみの薄いティラピアという白身魚を釣ります。残念ながらうちは一匹も釣れませんでしたが、何匹か釣っている人達もいました。キャッチアンドリリースですけどね。美味しいんだけどな~笑。

やしの葉っぱを切ったり折ったりしての魚作りはコツをつかめば簡単かな?これを上手に折って帽子や籠を作っている人をよくワイキキの道端で見かけますね。

Img_4539_4

火おこしは難しそうなイメージですが、ガイドさんがいとも簡単にやるもんだから、それじゃあ!と私達もチャレンジしてみたところ、、、やっぱり難しかったsweat01木の角度と音でわかると言っていましたが。

最後に15:00からのカヌーショーを見学します。各村のカヌーで素敵なダンスを披露してくれましたnote

夜のショー、HA:ブレスオブライフはせりふはないもののストーリー仕立てになっていて、たくさんのダンスやファイヤーダンスを大勢のダンサーが披露してくれる大迫力のショーです。こちらも是非是非見てほしいですが、帰りが夜遅くになってしまうので、子供たちがもうちょっと大きくなってからがいいかな?

朝ゆっくりめの出発で戻りは夕方のこちらのパッケージは、疲れやすいお子様やおじいちゃんおばあちゃんにもおすすめです。ハワイをはじめポリネシア文化の勉強にもなるので夏休みの宿題の自由研究にもってこいですねscissors

GR SARAH

ハワイ、オアフ島の夜のエンターテイメントと言えばなんといってもディナーショーやディナークルーズではないでしょうか?

今回はなかでも最高にゴージャスな気分を味わえるスターオブホノルルのサンセットディナークルーズ5スターコースをご紹介いたします。

Dsc_0054スターオブホノルル号は全長70.7m、船幅13.7m 収容人数1,500人を誇るハワイ最大のクルーズ船で、ハワイ唯一のバリアフリー船でもありますので車いすの方でもご利用頂けます。1階から4階まで4つのデッキに分れ下から上へそれぞれ、パシフィックスター、スター、3スター、5スターの4つのコースのサンセットディナーとショーが楽しめます。

Dsc_0057停泊場所のアロハタワーマーケットプレイス、ピア8に到着すると早速ハワイアンダンスで我々の乗船を歓迎してくれました。

Dsc_0068_2夏のカナッペ
キャプテンのウエルカムアレセプションにて
リコッタとゴートチーズのクリークのプラム添え
キャラメル仕立てのオニオンジャムとマッシュルームのポレンタ乗せ
スパイスを効かせたシュリンプとザジキ

エレベーターで4階デッキへ上がりキャプテンのウエルカムレセプションでハワイアンベリーニとカナッペを頂きながらしばしハワイの潮風を感じます。

室内に入り着席後しばらくするとドリンクのオーダーを取りに来てくれます。

Dsc_0071_6

5スターサンセットディナーアンドショーには7コースのフレンチスタイルディナーとドリンク3杯がセットになっていてドリンクはオーダーする度にチケットを1枚づつサーバーの方に渡します。この3ドリンクチケットは乗船前に各自に配られます。ドリンクメニューもカクテル、ウイスキー、ビール、ワインとなかなか豊富で、追加料金を支払えばボトルワインやハードリカーのオーダーも可能です。日本で10万円ほどもするオーパスワン(ワイン)が355ドルで販売されていました。オーパスワンのお好きな方はぜひ試してみては如何でしょうか?


食前酒の後はいよいよ7コースディナーのスタートです。

Dsc_0072_3

ローストしたトマトとバジルのビスク

カニのラビオリとクレームフレージュ

Dsc_0073フォアグラソテーとサラダ

マイクログリーン、ローストしたイチジク

マンゴマーマレードとシェリーのビネグレッド

Dsc_0074

サラダを頂いているとウクレレ演奏とフラダンスが始まりました。いよいよ出港の時間です。

Dsc_0075

空輸された活メインロブスター

キャビア、エアルームトマトのコンフィ

ベビーベジタブルフィンガーリングポテト、ロブスターのナージュ

Dsc_0077

ライブピアノの演奏をBGMに食事を頂いていると船はオアフ島の東へ向け進んでいきます。ダイヤモンドヘッドもすぐ近くにに見えてきました。

Dsc_0079

お口直しのシャーベット

パイナップルとミントのシャーベット

Dsc_0080_2


前半の食事が終わりしばし休憩していると日没間際の夕日がまぶしいほどに輝いていました。あと15分程でサンセットです。今日は船上からグリーンフラッシュが見えるでしょうか?

Dsc_0081

ポルチーニ茸をまぶした最高級プライムテンダーロインビーフ

ホワイトアスパラガス。茄子。ワイルドマッシュルームのラグーとデミグラス

マカデミアナッツのダックワーズDsc_0082

ココナッツのパンナコッタ、リリコイムース、フレッシュフルーツ

デザートと一緒に頂くお飲み物は、煎れたてのスターカスタムコナブレンドコーヒーでした。

ハワイは日本と比べてどこも食事の量が多いから食べきれない、もったいないとおっしゃる日本からのお客様が沢山いらっしゃいます。特に今回は7コースディナーと聞いて、とても食べきれないんじゃないかと私にも若干の心配がありました。が、全部おいしく頂けました。一品一品上品なサイズで、また途中お口直しなどもあってか全ての乗客の方が全部お召し上がりになっていました。食べきれるかなあの心配は不要です。

Dsc_0083

食事も終わりに近づくとピアノトリオによるジャズのライブ演奏です。船が港に戻っても他コース(3スター、スター等)のお客様の下船が終了するまでジャズ演奏で盛り上げてくれます。そして5スターの参加者は最後におもむろに下船をします。

5スターはドレスコードがあり、7コースディナーでジャズのエンターテイメントなどと説明されるのでなんだか緊張してしまい、もっとカジュアルな他コースまたは他社のサンセットディナークルーズでいいやと、しり込みをしてしまうかもしれません。が、ドレスコードと言ってもジャケットにネクタイなどは不要で男性は長ズボン、踵のあるシューズ、上はアロハシャツで全く問題ありません。女性もショートパンツではなくムームーやワンピースでOK。他社や他コースの様に皆でワイワイガヤガヤ盛り上がるのもそれは楽しい物ではありますが、ハネムーンや記念日のお祝いなどちょっとだけこ洒落れてムードのよい雰囲気の中で高級なディナーを楽しむのも非日常を楽しむ旅の醍醐味ではないでしょうか?

ところで肝心のサンセットの写真がないのですが、実は今回は残念ながら丁度日没時は太陽は雲の中でグリーンフラッシュは見ることが出来ませんでした。それでもサンセットが見えなかった事を残念と思わせない程の内容のクルーズでした。

専用リムジンでの送迎付きプラン夜景観賞ツアー付きなど、5スターにもいろいろなプランがあります。

皆さまもぜひ一度は体験なさってみてください。

*食事内容は季節ごとに変更となりますので予めご了承願います。

BY OTTO

H.I.S. ホノルル支店

ホノルル支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ラニカイビーチ

プラン名:「オアフ島のイーストコーストとノースショアの風景を楽しみながらレンタカーでドライブ♪」

AM 08:00 ハナウマ湾
AM 09:00 移動 (車で5分)
AM 09:15 ハロナ潮吹き穴
AM 09:45 移動 (車で20分)
AM 10:00 ワイマナロビーチ
AM 11:00 移動 (車で30分)
AM 11:30 カイルアビーチ
PM 12:00 ラニカイビーチ
PM 12:30 移動 (車で30分)
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ハワイのおすすめプランを見てみる→

2017.03
loading...
WORLD情報局