サンセットクルーズの中でも一番人気の「スターオブホノルル・サンセットディナークルーズ<3スター>」を体験してきました。

Img_9806

今回のお迎えは、シェラトン・ワイキキのアロハランディング。

※お泊りのホテルによってお迎え場所が異なります。

Img_9810

ゆったりとした大型バスです。

Img_9809

バスの中にはトイレも完備。

Img_9814

20分ほどで、ホノルルハーバーのピア8に到着。

スターオブホノルル号は、1500人乗りの大型船です。

屋上の展望デッキは約18m、ビル5~6階の高さです。

Img_9816

乗船前からフラでお出迎えしてくれます。

隣のピアには大型客船「エメラルド・プリンセス」が停泊中でした。

Menu1

お席に案内していただきました。

オーキッドのお花のセッティングが癒されます。

すぐにウエルカムスパークリングドリンクがサーブされます。

Img_9835

まずは「ジンジャーピル」をリクエスト。
船酔いが心配な方は、サーバーにリクエストすれば無料でいただけます。

ちなみに、「ジンジャーピル」は、
生姜の根を粉末にした生姜100%という天然の酔い止めサプリです。

Menu6

こちらは前菜バー。
チーズとクラッカー、フレッシュフルーツなど目移りしちゃうものばかり。

これから5コースのディナーなので、控えめにいただきます。

Menu3

コースディナーの始まりは、ナロ・グリーンサラダ。パンジーも食用フラワーです。

甘酸っぱいパッションフルーツ・ヴィネグレットがおいしい。

Img_9822

ハワイアンミュージックのショーもスタートしています。

Img_3237

続いて、ロブスターの産地、カナダのノバスコシアから直送されたロブスターが、丸ごと一匹でてきました! お皿からはみ出すほどのビッグサイズ!

テーブルにお道具はありますが、サーバーの方がキレイに剥いてくれるのでご安心を。

バターソースと特性タレでいただきます。

Img_9830

ロブスターが苦手な方、アレルギーなどの方は、写真のマヒマヒ(カジキの一種)、または、チキンへの代替が可能です。

※事前にリクエストが必要です。予約時にお申し付けください。

Img_9824

3スターの会場はオープンエア。ハワイらしい心地よい風が吹き抜け、気分が上がります。

ワイキキとダイヤモンドヘッドが望めます。

船上からしか臨めない景色にウットリ。

Img_9834

ハワイアンソングに変わって、ジャズの演奏が始まりました。

Img_3240

続いてメインのテンダーロイン・ステーキ。
自家製マッシュポテト添え。

お肉、柔らかくておいしいです。

Img_9832

どんどんダイヤモンドヘッドが近づいてきました。

この角度からのダイヤモンドヘッド、見たことなかった!

Img_98381
さらにエンターテイメントは続き、ポリネシアン・ショーが始まりました。

Img_9839

みんなで一緒にノリノリでダンス大会。

座ったまま見ているだけでもOKです!

Img_3248

デザートは、マンゴームーズ。ホワイトチョコレート添え。

さっぱりしてて美味しいです。

Img_9841

さらに会場はノリノリのクライマックス。

Img_9854

帰港時にはアロハタワーがライトアップされていて、クルーズの終わりを彩ってくれました。

Img_9853

お迎えのバスまでの案内札を持ったスタッフ。最後まで笑顔のサービス、ステキです。

行き先別に番号で分かるようになっていて、大変スムーズな誘導でした。

サンセット、夜景、豪華ディナー、ショーがすべて一度に楽しめる、

【スターオブホノルル】サンセットディナークルーズ<3スター>

おすすめです!

先日ご紹介したワンランク上の「5スターディナークルーズ」の記事はこちら

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ホノルル支店

    2019.08
    loading...
    WORLD情報局