観光 2006.06.17

死者の地、永遠の休息の地の意味をもつミトラ遺跡


ミトラとは今でも一番多く話されているアステカ時代の言葉、

ナワトル語のミクトランからきてます、きてま~す。

縁起の悪い気がする

実際、一時期埋葬地として使われていました。納得納得。


前回ご案内したモンテ・アルバンに比べると、正直か~な~り小さい。

でも見ごたえは十分。何が見所かって言うと、幾何学模様の石細工

Mitla2 Mitla4

箱根の寄木細工にも似ている気がする。と思うのは私だけだろうか。

別に同意は求めてませんけど・・・wobbly、共感してもらえるとそれはそれで、happy01

かなり前のものでも古臭さを感じない、時代が経っても、

人種が違っても人間の根本的な感性は変わらないんですね。


Mitla3

こういった石の細工、全部切石によるはめ込み。

保存状態もよく全体の90%が当時のまま残ってます。


では、一体全体いつ栄えたんですかねぇ。

栄えたのは9世紀から12世紀にかけてでございます。

日本で言うと平安~鎌倉時代

うぅん、ロマンを感じますね。


メキシコからはcarやバスで5、6時間。

是非足を伸ばしてオアハカに行ってみましょうrun



同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS カンクン支店

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧