富士山へ7月28.29日の1泊2日で添乗に行ってまいりました。

エコツアーデスクの山崎です。

今回のお客さまは最年少の10歳の男の子から60代の方までの計24名様
そして同行ガイドは世界7大陸登頂ガイドの山田淳さんです。
当日は7時に新宿駅を出発!
バスで富士宮口5合目へ。予定より到着も早く11時20分から登り始めました。
登り始めは少し霧がかかっていました。

Photo

エコツアーで利用するルートは『プリンスルート』
登山開始の標高が一番高い富士宮口から登り始め、御殿場ルートへ合流するコースです。 
富士宮口は標高が一番高く御殿場ルート混雑が少ない良いとこ取りのコースです。
また途中は宝永山の火口が見えたり、景色も面白いコースとなります。

登り始めて1時間ほどで、『蟻地獄』と言われる2歩進むと1歩分ずり下がるような急な砂利道が続きます。
ここが一番厳しいポイントかもしれません。蟻地獄を1間ほど登ります。

Photo_2

1日目の山小屋到着は16時半頃となりました。
山小屋の布団は3階建てとなります。
到着した人から休んだり、ごはんを食べたり、外でのんびり景色を見たりと思い思いに過ごしていただけます。
そして何より嬉しいのが、夕食のカレーはおかわりし放題!

Photo_3

8合目まで来ると気温は1桁になります。富士山での防寒は必須です。
夕方の雲海もとても綺麗でした。

Photo_5

翌日は朝1時半出発。4時半頃のご来光に合わせて登っていきます
途中ヘッドライトを全部消すと、こんな星空みたことがないと言わんばかりの星空。
流れ星を私は4回くらい見ました。
夜明け前には剣が峰に到着。
剣が峰からのご来光本当に美しく、
日本で一番高いところから、ご来光を拝めることは本当に貴重な経験だと思いました。

Photo_6

御来光を見た後は神社で御朱印をもらったり、
郵便局に立ち寄ったり、山小屋へ戻りたい人は先に下り。
各々のペースで山小屋まで向かいます。
山小屋到着は7時頃
朝食には暖かいハムエッグ、お味噌汁、ごはんをいただくことができます。
これも嬉しいですね。
下山途中には大砂走りがあり、大学生の男の子たちは走り下っていました。

Photo_7

下りは宝永山に立ち寄り、5合目下山が11時頃となりました。
温泉へ立ち寄り新宿へ。
帰りのバスでは皆さまひとりひとりに富士山ツアーの感想などをお話しいただきました。
やはり登るペースはそれぞれで。
それでもひとりひとりが一歩一歩自分の足で、
24名全員登頂ができたこと私自身とても感動しました。
山頂からの御来光や影富士、満天の星空は皆さまへの本当にご褒美だと思います。

Photo_8

皆様お疲れ様でした。

こんばんは、編集部・杉原です。
先日の個人的な山行から一枚。
さて、この山わかりますでしょうか!?


“自然を愛する”エコなブログ


[ヒント]特徴は、この美しい山体。...
花崗岩でできているそうで、どこかで見覚えがある気がして調べてみると、、、
屋久島・宮之浦岳も花崗岩!
やわらかい印象を与えてくれて、頂上に佇むと幸せを感じるあたりも似てますね~
(宮之浦岳以外にも、金峰山、瑞垣山、甲斐駒ヶ岳なども花崗岩の山です。)



“自然を愛する”エコなブログ



★世界7大陸最高峰登頂の山田淳さん同行
屋久島宮之浦岳・縄文杉・白谷雲水峡縦走4日間
【催行決定/募集締切:10月24日午前中まで】
http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-FKZ0001-ECO

~green traveler by H.I.S.~
★五感にチャージする大自然の旅★
http://eco.his-j.com/eco/


HIS エコツアーデスク

2019.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧