皆さんこんにちは!エコツアーデスクの成田です。
いきなりですが、小笠原諸島はどこにあるかご存じですか?
小笠原諸島は東京から南に約1000kmに位置し大小30あまりの島々からなる海洋島です。
そんな小笠原ですが実は日本の東京都に所在してます。小笠原諸島内に走っている車はなんと品川ナンバー!

東京から約 1,000km 南にありますが、小笠原に飛行場はありません。
来島する手段としては【おがさわら丸】という大型客船のみで父島まで24時間かかります。
そんな【おがさわら丸】に潜入してまいりました。


1、おがさわら丸の基本情報
2、おがさわら丸の船室
3、おがさわら丸の設備

おがさわら丸の基本情報

おがさわら丸は本土(東京・竹芝桟橋)と小笠原諸島(父島・二見港)を結ぶ定期船です。
定期船としては小笠原に行く唯一の交通手段となっております。

Img_7388
総トン数:11,035t
全長:150m
旅客定員:894名
航海速力:23.8ノット(時速約44km)

東京竹芝桟橋から、小笠原へ行くのに片道24時間、丸1日かかります。
また定期船のため基本的には6日に1便ペースで運行しており、その行きづらさから小笠原は日本最後の秘境とも言われています。

Img_4690

東京竹芝桟橋までのアクセス
[電車]
①JR浜松町駅北口下車徒歩約7分
②東京臨海新交通「ゆりかもめ」竹芝駅より徒歩約1分
③地下鉄大門駅下車徒歩約8分
④羽田空港より東京モノレール終点浜松町駅下車徒歩約10分

おがさわら丸の船室

おがさわら丸の客室は下記6つの等級にわかれています。
1等室から特等室までは個室、2等和室から特2等寝台は相部屋となっております。

Img_4695
個室、相部屋の他にもコンセントが付いているか、テレビが付いているかなどの違いがそれぞれございますので詳しく紹介させていただきます。

・特等室(スイート)
◆定員2名(全4部屋)床面積19.1㎡
◆キングサイズベッド 1台(幅180cm 長さ200cm)
◆バス、トイレ、テレビ、冷蔵庫、空気清浄機、ドライヤー、電気ポット、お茶・コーヒーセット
◆アメニティ:室内着・スリッパ・タオル大小・ボディタオル・歯ブラシ・ヘアーブラシ・男性用カミソリ・コットン、

Img_7925



更に、専用ラウンジが無料でご利用いただけます。
マッサージチェアー、ドリンクサーバー(水・お茶・コーヒー)、水素水サーバー

Img_7938

Img_4761

・特1等室(デラックス)
◆定員3名(全23部屋)床面積19.1㎡
◆シングルサイズベッド 2台(幅90cm 長さ200cm)・ソファベッド 1台
◆バス、トイレ、テレビ、冷蔵庫、空気清浄機、ドライヤー、電気ポット、お茶・コーヒーセット
◆アメニティ:室内着・スリッパ・タオル大小・ボディタオル・歯ブラシ・ヘアーブラシ・男性用カミソリ・コットン、

Img_7916

Img_4753

・1等室/2名定員(スタンダード)
◆定員2名(全39部屋)床面積8.8㎡
◆シングルサイズベッド 2台(幅90cm 長さ200cm)
◆テレビ、電気ポット、お茶パック
◆アメニティ類:タオル小・スリッパ・歯ブラシ・ヘアーブラシ

Img_4743

Img_7901


・特2等寝台(プレミアムベッド)
◆全178床(約10名の部屋)
◆ベッドタイプ(幅80cm 長さ200cm)
※対面する上段、下段別にベッドがございます。
◆各席にテレビ、コンセント

Pc040026_1

★上段同士または下段同士の2名が向き合う、ペア対面型の設計
区画の入口に設置されているカーテンを閉めれば、プライベート感のある空間をお楽しみいただけます。

Pc040025


・2等寝台(エコノミーベッド)
◆全250床(18名または約160名の部屋)
◆上下二段ベッド(幅80cm 長さ200cm)
◆コンセント付

Pc040051

・2等和室(エコノミー)
◆全296床(カーペット敷きの広間)
◆カーペット敷きの広間
◆マットレス(幅75cm 長さ200cm)、上掛け、枕付
貸し毛布・シーツは300円にてレンタル可能です。

Pc040107

おがさわら丸の設備

おがさわら丸の中にはレストランや売店、展望ラウンジなどの設備がございます。
時間帯によって利用できるところ、できないところがありますのでご紹介いたします。

①レストラン Chichi-jima・・・船内にあるメインレストランです。
東京⇒父島 昼食 11:15 ~ 14:00 夕食 17:30 ~ 21:00 朝食 7:00 ~ 10:00
父島⇒東京 夕食 17:30 ~ 21:00 朝食 7:00 ~ 9:00 昼食11:30 ~ 14:00

Pc040094

②展望ラウンジ Haha-jima・・・景色を一望できる展望ラウンジで軽喫茶の営業もあります。
東京⇒父島 12:00 ~21:00 / 7:00 ~10:00
父島⇒東京 16:30 ~21:00 / 7:00 ~14:30

Pc040127


③シャワールーム

2デッキから6デッキまでの各デッキにあります。男性・女性別です。
ボディソープとリンスインシャンプーを備えています。
タオルはのご用意はありませんのでご準備ください!
24時間ご利用いただけます。

Img_4734_2

Img_7880

④貴重品ロッカー(無料)

4デッキにあります。指紋認証と暗証番号でロックしますので鍵はありません。
小型78個、大型20個あります。

Img_7865



いかがでしたでしょうか?最初は24時間も船に乗るの?っとちょっと不安があると思いますが、
レストランや、展望ラウンジなどもあり充実した24時間を過ごすことができます。
また、シャワールームも完備しており24時間利用できます。

是非これからおがさわら丸に乗る予定のある方、小笠原に行きたいけど24時間の船旅が心配という方もご参考にしていただければと思います。

皆様も、【絶海の世界自然遺産】小笠原諸島へ旅してみませんか?
エコツアーデスクでは、海も山も楽しめるアクティビティ付きのツアーをご案内してます。


   /
 bell 小笠原 特集ページはこちらから
   \

GREEN TRAVELER CAFE 2023.10.25

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
こちらの記事はエコツアーデスクのブログより2018.01.29に発信した記事です。
ブログ移行に伴い、旅ブロにて改めて紹介させて頂きます♪
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

皆さんこんにちは!
こちらはGREEN TRAVELER CAFE マレーシアナイトの回顧録になります。

マレーシア料理

旅がもっと楽しくなるマレーシアナイト~まるかじり!マレーシアの食と自然!~
を開催しました!

今回開催した場所は池袋にあるマレーシア料理屋・マレーチャン!
マレーシア料理ってあまり食べる機会はないですよね・・・!

マレーチャンのオーナーは日本人の女性の方で、
皆からママ、ママと親しまれていますハラル料理やハラル弁当なども作られており、
調味料や香辛料はマレーシアにご自身で買いに行かれるのだとか!
そりゃあ美味しいはずです。

マレーシアのお話し

O
そんなマレーシア料理を食べながら、マレーシアの観光地情報から、
マレーシアへ実際に行ってみて”ここは変だなぁ”と感じたところ、”やっぱりここが好きだなぁ”と感じたところ等々、
日本に移住しているマレーシア人スタッフが逆に日本で感じたことも比較しお話しました!

行ったマレーシアクイズでは全問正解が3人も!
マレーシア通ですね・・・!

みなさんはマレーシアって聞くと何を思い浮かべますか?
自然?
オランウータン?
テングザル?
マレーバク?
イスラム教?
エスニック?
パームオイル?
熱帯雨林?

・・・全て正解です!

マレーシアは一つの場所にいながら、
食事をはじめ、文化や宗教、生活など様々なことに触れることができる国なのです!
観光も多様ですよ~!

マレーシアには色々な民族が暮らしており、お互いを尊重し多文化が共生している社会があります。

食欲も知的好奇心もあたたかい気持ちも満たしてくれるそんな場所です。

是非みなさまも一度訪れてみてはいかがでしょうか?

GREEN TRAVELER CAFE 2023.10.25

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
こちらの記事はエコツアーデスクのブログより2017.06.24に発信した記事です。
  ブログ移行に伴い、旅ブロにて改めて紹介させて頂きます♪
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

GREEN TRAVELER CAFE 第一回開催時の回顧録です。

Photo_4


1、お酒の準備から
2、テーマは「旅先スケッチ」

お酒の準備から


お酒もこれだけたくさんご用意しました。

添乗員が各地から集めてきたお酒です。

屋久島からは三岳、愛子、たんかん酒

利尻から昆布焼酎

タイからシンハー

そしてモンゴルから40度のウォッカ!!

テーマは「旅先スケッチ」

今回の学びのテーマは「旅先スケッチ」

講師は前回もご紹介させていただきましたMariさんです。

大手企業のカレンダーやパッケージデザインなどもされていらっしゃいます。

魔法のようにMariさんの手から水彩画のグラデーションが生まれます。

参加者のみなさまにはMariさんの秘伝のテクニックをご覧いただきました。

Mariさんが10分程度で描いてくださった水彩画がこちら。

1_3

旅先の一瞬をこんな風におさめることができたら素敵ですよね。

そのあとの体験ブースでもみなさま素敵な水彩画を描かれていらっしゃいました。

これはじめての方とは思えない出来ですよね・・・!

みなさん真剣です!

2_3

そしてみなさまお酒片手に旅先での再会と新たな出会いを楽しまれていらっしゃいました。

学びと出会いは日常に彩りをくれますね。


3_3



ほとんどがお一人様参加の方ですのでお気軽にどうぞ。



HIS エコツアーデスク

2024.07
loading...
テーマ一覧