春が待ちどうしいツアークリエーターの神谷です。

ひと足早く春が訪れる小笠原諸島、父島以上に自然が残る母島。大自然の素晴らしさから、母島は屋久島と同様に離島ハイキングが人気です。

10606050_761533127295752_6654189228

特に母島最高峰の乳房山(標高462.6m)の遊歩道沿いは「マルハチ」や「ハハジマノボタン」など独自の進化を遂げた固有種の宝庫で、初級程度の脚力でもOKな約4km・2時間の「南崎遊歩道」や本格的なトレッキングが楽しめる約5.5km・4.5時間の「乳房山遊歩道」があります。

10169227_761533207295744_6235750946

小冨士からは真っ青に輝く太平洋の景観が広がりハイキングフィールドの充実感は、小笠原が海だけではない魅力をもった場所である事を体感いただけます。
10930094_761533153962416_5047811728


★小笠原旅行の決定版!父島・母島をめぐる6日間★
http://eco.his-j.com/eco/EcoTops/detail/TF-FZF0005

★小笠原父島フリープラン6・9日間★
http://goo.gl/Mgdv2s

★GW・SW大型連休特集★
http://goo.gl/X0FUB9

★green traveler by H.I.S.
~五感にチャージする大自然の旅~
http://eco.his-j.com/eco/

ツアークリエーターの神谷です。太平洋に浮かぶ絶海の孤島「小笠原」。

1_2上陸する人数制限がある美しい南島


東洋のガラパゴスと称され、2011年にユネスコ世界自然遺産に登録されました。小笠原は過去に一度も大陸と繋がったことのない海洋島のため固有の動植物が生息し世界からも注目されています。

Photo_5特に陸生貝類(カタツムリ)はあのガラパゴスより固有率が高いとか!

小笠原の周辺海域には数多くのイルカやクジラが生息しており日本最大のアオウミガメの産卵地としても有名で様々な生物を見る事ができますが、12月~5月は小笠原近海に出産・繁殖・子育のためザトウクジラが現れ『ホエールウォッチング』が楽しめます!

1_31~4月は迫力あるザトウクジラのシーズン


しかし人の往来が活発になるに連れて外来種動植物も増え、固有の生態系が崩れていることも大きな課題となり観光業との共存が課題となっています。

Photo_6ボニンブルーと呼ばれる海

Photo_7亜熱帯のジャングル

Photo_8光るキノコ

小笠原を知るためホエールウォッチングやシュノーケリングなど美しい海での自然体験や森歩きをしながら、固有種の保全や外来種の問題を学び、ウミガメ飼育体験を通じて大自然に触れ貴重な自然を体感し楽しく学び課題を見出し行動するエコツアーを実践しています。

自然を体感し楽しく学び課題を見出し行動する旅
「世界遺産小笠原 自然環境を学ぶ6日間」

1_4ウミガメ飼育体験

ルールを守って自然を楽しもうsign03

◆好評発売中!
~楽しく学ぶ環境学習~
世界遺産小笠原 自然環境を学ぶ6日間」
http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-ECO0001-Z32


◆green traveler by H.I.S.
~五感にチャージする大自然の旅~
http://eco.his-j.com/eco/


自然の力に圧倒されっぱなしの鮫島です。
迫力のホエールウォッチングのベストシーズン!
12~3月頃に小笠原近海にはザトウクジラが子育てのためにやってきます。今まさに迫力のホエールウォッチングのベストシーズン!陸上から観ることができるほど遭遇率も高い!

大好物のオキアミがいるアラスカ・ベーリング海・北太平洋からなぜ温暖な海域にやってくるの?それは、子クジラを天敵シャチから守るため。まさに生命をかけた大航海!!!すごい!

●ウミガメ保全活動!小笠原自然環境を学ぶ
http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-Z32002

●ホエールウォッチング付小笠原エコツアー
http://eco.his-j.com/eco/EcoTops/detail/TF-FOS0001-ECO

~green traveler by H.I.S.~
★五感にチャージする大自然の旅★

http://eco.his-j.com/ 


HIS エコツアーデスク

2020.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧