エコツアープロデューサー鮫島です。

6月にチャンマイに行ってきました!チェンマイは米旅行雑誌「トラベル+レジャー」の読者投票による2016年の観光都市ランキングに2位にランクインした今、注目の街!
(日本では京都6位が最高)

発展の遂げるバンコクが失ったどこか素朴で古き良きタイが残っている街です。今回の旅は、エシカルな旅を求めること。
エシカルとは倫理的という意味で、なるべく旅先の環境に負荷をかけることなく、自分も楽しみながら、できる限りその地域に還元・貢献できるようなエシカルツアーをつくりたいと思って。

チェンマイのエシカルツアーポイント!
★宿泊費がHIV孤児院に寄付されるエコロッジ宿泊

Photo_13

チェンマイ郊外の素敵なコテージHoshihana Villegeに宿泊。

Photo_14

木々や花々に囲まれ、鳥の声とともに目覚め、心地よい食堂で朝食をとり、夜はプールサイドで一杯飲みながら星空を眺める・・・そんな優雅なオトナ時間。

Photo_15宿泊費の一部は隣接するHIVに母子感染した孤児たちの保護施設バーンロムサイに寄付されます。



★ケシ栽培脱却のためタイ王室プロジェクトで山岳民族がつくった高原野菜の地産地消ランチ

Photo_16山岳民族の暮らす村に隣接するこの開放的なレストランはタイ人の間でも人気。

Photo_17このレストランは山岳民族のケシ栽培から農業への転換を目指したタイ王室プロジェクトの内の施設で、山岳民族がつくった高原野菜・きのこ・果物を素材にした地産地消のメニュー。

Photo_18この王室プロジェクトの取り組みは、先進的な住民主体の観光(Community Based Tourism)としても有名です。 

Photo_19

周辺の山岳民族の村も訪れます。

1_4

4_2言葉は通じなくてもどこか懐かしさを感じるって不思議・・・カレン族・モン族も定住化が進み、徐々に生活習慣が変わりつつあるようです。



★年老いた象や病気の象の保護施設で象とのふれあいとトレッキン

Photo_20 3_3


9_2
赤ちゃん象とたわむれ!!!とにかく無我夢中!

4_4えさやり


1_5
水浴び


2_6
象乗りトレッキング

体験費が保護運営に充当されます 



★山岳民族の自立支援を行うクラフト雑貨店ソップ・ムーイ・アーツでお買い物

Photo_21

1_6マーケットよりもクオリティがすばらしい!大切な人への贈り物はぜひここで!この通りはカフェや雑貨屋が並ぶチェンマイ一番おしゃれな通り



その他ヒーリングスポット・スピリチュアルスポットがたくさん!
タイ最高峰2,565 mの聖なる山ドイ・インタノン

Photo_12

山頂の駐車場から歩いて5分ほどで山頂についてしまいます・・・・

Photo_11

2_4

5_3でも山頂付近のトレイルの苔の世界がすごかった!約30分ほどの散策でスニーカーでも大丈夫!


タイ北部は滝の宝庫 マイナスイオンたっぷりのヒーリングスポット
タイ有数の落差とテラス風なメーヤー滝

Photo_10

タイの文化にもディープに!
ご当地グルメのカオソーイの地元での人気No1店サムーヂャイ

Photo_8

チェンマイオールドカルチャーセンターではご当地グルメのカントーク料理も!

Photo_9

Photo_22ここでは山岳民族の伝統舞踊も鑑賞できます


チェンマイでの川沿いの絶景リバーサイドレストランでトムヤクンなどタイ料理

Photo_24

1_7



古き良き伝統の朝の托鉢

Photo_7

2_3クルーバーシウィチャイで托鉢僧に喜捨体験をします。喜捨するとご利益があるそうですよ!


このツアーの様子は、なんと7/24雑誌「ランドネ」でも特集が紹介されます。ぜひお買い求めください!


★~私によくて世界にイイ~エシカルホテルに宿泊!
タイ最高峰と象と癒しのオトナ旅チェンマイ6日間
http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-CNX0002





同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS エコツアーデスク

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧