ニュース 2012.05.09

2012年、

世界は滅亡するっっ!?



こんな話が盛り上がり始めたのも、

まさにアメリカのSF超大作「2012」が2009年に公開されてから

だったんじゃないかなーなんて思いますが・・・


皆様、本当のところ、どー思ってますか



そんな訳ないよー、とお考えの方もいれば、

今年滅亡するなら貯金もパーッと使っちゃおう♪

なんてお考えの方もいるかもしれませんね



じゃーメキシコではどう考えられてるのか



実際、メキシコ人ガイド達と話をしていて滅亡説を信じている!

という人はいないのです


なぜかというと・・・

2012年は「滅亡」の年ではなく、「再生」の年だからshine



説明しましょう

マヤ人達というのは、おおまかに4つの暦を使ってたのですが、

その内の一つが「長期暦」clock


これは普通の太陽暦などとは違って、

周期が始まった時から

ずーーーーーーっっっっと毎日を数え続けているという暦


・・・マヤ人って、そーとー根気強かったんでしょうね



その周期はマヤ人たちの単位で13バクトゥン=1周期となったのですmemo

・・・が!

13バクトゥンを今の単位で考えると、約5125年分sign01

1872000日分といった方が分かりやすいでしょーか・・・


マヤ人達は今の周期は紀元前3113年に始まったと考えていたので、

ふむふむ・・・

5125年が1周期なのに対し、紀元前3113年に周期は始まった・・・

5125年-3113年=2012年sign03


だだぁぁぁぁぁーーっっっっん!!

今年の2012年!!!!


これが

長期暦の1周期が終わる=世界滅亡説

に繋がった理由ですflair



たーだーし

さっきも言ったように、世界は再生しますimpact


マヤ人達、アステカ人もしかりですが、

彼らの考えで、この世界というのは既に4回滅びたことがあるのです


でも1つの世界が終われば、もちろん新しい世界がまた始まる

そうっそれが「再生」


ということで、皆様ご安心あれ

今回の2012年12月21日は5回目の世界(周期)が滅びるのであり、

2012年12月22日には6回目の世界(周期)が始まるのでした


あーーーー良かった良かった


と安心ばかりも出来ません

アステカ人は日にちこそ言ってなくとも、

「第5の世界は、大飢餓か大○○で滅びる~~~」

と言ってたりして・・・


「大○○」が気になる方は、

ぜひメキシコシティ支店のツアーに参加して

アステカ文明の話を聞きましょう・・・



そんなこんなでeye

とにもかくにも2012年を満喫したい方

信じるも信じないもあなた次第

それでも2012年はたった1度!

次は約5125年後ですっっ!!

せっかくの周期の区切り目をぜひメキシコで



メキシコシティ支店 取り扱いツアー
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

piscesカンクン支店 取り扱いツアー pisces
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~



misa


同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. メキシコシティ支店

    2019.10
    loading...
    WORLD情報局