こんにちは〜マルです♪

 

カンクンから飛行機で5時間。メキシコシティからは1時間のメキシコの南部に位置する、オアハカを訪れた。

 

先住民族の割合が高い地域のようで、未だサポテカ、ミシュテカ、アステカといった先住民族から発せられる異なる言語が普通に飛び交う。

 

オアハカに訪れたのは7月。寒暖差が激しいとは聞いていたが、本当だった。日中はメキシコの陽気な太陽がジリジいリと肌を焼てくる。

 

現在住んでいるカンクンと比べると湿度はぐーんと低く、太陽が沈めば絶対に上着が必要となる。この気候、似非カンクネーゼには心地よく懐かしくもある。

 

オアハカはカラフルで歴史あるコロニアル調の街並みが続く。そんなキュートな街へバモノースnotes

 

写真に映える街の色彩

 

Image11_2

まずは寝床を紹介しよう。賑やかな通りからは少し離れるが、街の探索にはちょうどいい。もちろんホステルを選択。入り口からはずーっと奥に歩いたところに中庭のある、メキシコであるあるスタイル。

 

Image19_2

ホステルの天井いっぱいにカラフルな旗がデコレーションされている。「パペルピカド」というメキシコ版切り絵といったとこ。イベントやお祭りには欠かせないアイテムになっていて、これをみるとテンション上がるぅぅといった感じ。

 

メキシコに因んだモチーフが切られているが、この一枚をよーくみると Guelaguetza(ゲラゲッツァ)。そう!この訪問したのはちょうどゲラゲッツァのシーズン。

 

Image9_2

スペイン語が話されるようになるよりずっと前から続けられている先住民族の伝統的祭典では、それぞれの民族衣装で伝統的ダンスが披露される。

 

大きなフェスティバルはスタジアムで開催されるが、この時期は街中がゲラゲッツァ。あちらこちらで華やかなダンスや衣装を目にすることができる。

 

Image10_2

さぁ街へ散策に出かけて見る。燦々と降り注ぐ太陽の下、色とりどりの壁が並ぶ。私は基本的にグリーンとイエロー の壁が好き。

 

Image7_2

あ、ブルーも好き。この間口の横に取り付けられているリボン。街でよく見かけたが、かわいいーのだ。これだけで。

 

Image4_2

縦に吊り下げられたファブリック。裾のフリンジも愛らしい。どこかの民族モノなのか、看板的用途だろうが惜しげもなく店先に飾られている。

 

Image16_2

かわいい民族衣装を着た女性と意気投合!そしてその上にはリボンの飾り付け。

 

Image1_2

門の飾り付けの一部を撮影。繊細でキレイ。グリーンとブルー好き。

 

Image5_2

もう少し足を伸ばして見ると中央広場のソカロがあり、目の前にラ・ソレダ教会。この日はウェディングが行われて一層賑わっていたよう。

 

 

街歩きにかかせないストリートフード

Image8_2

ソカロの脇にはたくさんのお店が軒を並べ、目に止まったのは老舗ホームメイドのアイスクリーム屋さん。たくさん歩いたからね。

 

Image2_2

ブルーの保冷ケースの中は全てアイスクリームが詰まっている。

 

Image20_2

こんなにたくさんのメニューがある中選んだのは・・・

 

Image21

QUESO:チーズ オアハカはチーズで有名なのだ!
GUANABANA:グアナバナ(英名:サワーサップ)熱帯フルーツ
どちらもめちゃおいしいけど、ちょい失敗。色がホワイト&ホワイトで映えない・・・⤵︎

 

Image6_2

因みにグアナバナの見た目、ちょっとドリアンのよう。味はミルキーで爽やか!たとえようのない味だけどうまい! アイスの中にはこの黒いタネも入ってた。

 

Image18_2

ソカロを歩いていると、通り沿いに屋台のおっちゃん。カットされた白い物。そしてたくさんのスパイスが入っているコンテナを搭載。

 

Image22

手前のがその白い物の正体なのだが、「ヒカマ」と呼ばれる、野菜かな。食べるとシャコシャコと歯触りよく、梨や大根のような食感。ヒカマ自体には全くというほど味はない。それに好みのスパイス。チリ、砂糖、ライムなどをフリかけていただくシステム。

 

Image12_2

これ「ヒカマ」。みためカブみたいだけど、葛芋らしい。今調べました。先住民族から伝わる野菜だって。やっぱ野菜。

 

 

夜も続くお祭りモード

Image15_2

お祭りモードに誘われ、再び夕方の街へも繰り出してみる。

 

Image3_2

夜も賑やかだ。

 

Image14_2

市場が立ち上がり、中はおいしい匂い、湯気、ケムリが渦巻くフードコートの出店だらけ。

 

Image13_2

大きなフライパンの上で調理をするおばちゃん。オアハカ産のチーズをふんだんに使ってる。

 

Image17_2

カウンターの上には食材が並ぶ。手前に写っているのは、ズッキーニの花。

 

 

伝統的メキシコ感、そして情緒たっぷりの街、個性的バックグラウンドを持つ人々、色鮮やかなオアハカ。

 

是非訪れていただきたい街のひとつに勝手に認定! 寒暖差が激しいので、対応できるような格好でどうぞ。


ん?効率よくオアハカの街を知りたい?それではコチラをポチっと
オアハカ市内半日観光

 

ではマルでした〜 アディオースnotes

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

¡Hola!

Ryokoです!

 

 

今日はメキシコシティからバスで約4時間のサン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)についてご紹介したいと思います。

 

政府認定Pueblo Magico(プエブロ・マヒコ)のひとつ

 

サンミゲルデアジェンデは、メキシコ中央高地のグアナファト州にある小規模都市。

 

メキシコ観光政府が、魅力的な街や村にだけ与える称号「Pueblo Magico(魔法の村)」認定も受けている、とても美しいコロニアル都市です。

 

まるで絵本の中に迷い込んだような、カラフルでロマンチックな街並み。

 

メキシコの中でも洗練された、インテリアやアート、お洒落なお洋服屋さんが多く私も大好きな街です!

 

 

絵になる美しい街並み

 

まずは街の中心、メキシコでも珍しいゴシック様式の教会「Parroquia de San Miguel Arcángel」

20200326_01_2

シンデレラ城みたい✨絵になりますね!この色は塗られたわけではなく、地元で取れたピンク色の石材で作られているのだそう。

 

人々の憩いの場、ソカロ広場「Jardin de Allende(Allende Garden)」を囲む木々も可愛らしい。スナックを売る露店やカフェ、お土産物屋さん...

 

こういった街歩きが楽しいのも、サンミゲルデアジェンデの魅力の一つ。

 

石畳の坂道を展望台へ向かって歩いていきます。
道すがら見える街並みが美しいので苦になりません。

20200326_02_2

展望台からは教会を中心に街全体が、遠くに広がるメキシコ中央高原まで見渡すことができます。

 

 

たくさんの色があふれる市場

 

民芸品市場を散策。

20200326_03_2

雑貨屋さんがひしめく通りがあります。興味のあるお店に入ってみましょう。

 

奥に進んでいくとローカル向け市場の「Mercado Ignacio Ramírez(イグナシオ・ラミネス市場)」があります。

生花や食品、日用雑貨、食器や洋服、何でも揃います。

20200326_04_2

 

チュロスの老舗「San Agustín(サン・アグスティン)」でひと休み。

20200326_05_2「Espanol(エスパニョール)」のチュロスセット

 

活気のある店内は天井までお洒落なインテリアで、時間を忘れていつまでも過ごしたくなります。

20200326_06_2

 

ソカロに戻ってみましょう。夜の教会がなんとも美しいですね。

20200326_07_2

大都会のメキシコシティとも、ビーチリゾートのカンクンともまた違う雰囲気の

洗練されたサンミゲルの街並みを皆様もぜひ散策してみてください!

 

【メキシコシティ発】世界一美しい都市サンミゲル デ アジェンデ・ピンクの教会と石畳&コロニアルな街歩き

 

 

Ryoko

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。



HIS メキシコシティ支店

2020.11
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧