2019.01.16

こんにちは インターンシップ生の渡辺です

3泊4日の旅

今回は、宝石箱をひっくり返した町とも称されるグアナファトについて

レオンからバスで小一時間、レオン空港からも3,40分でアクセスできます。

 

入り口に到着。日本語もあります。何かうれしいですね

 

Entrance_2

 

ちなみにトイレの説明も日本語。

(グアナファトの多くの場所では、トイレは有料なので小銭を持ち歩くことをお勧めします)

Bathroom

バスステーションからまたバスに乗り、10分ほど

到着です

Pic_spot

まず初めに行ったのは、ミイラ博物館

博物館には、約200体のミイラが展示されています

Murmur

Omg

埋葬の方法が日本のような火葬ではなく、土葬のためなかなかリアルです、、、、

Saying

考えたこともない質問WWW

では、気を取り直して

いやぁーほんとにきれいな景色ですね

Staires

途中歩いてると、アイススケートリンクを見つけました

メキシコではあまり雪が降らないとあってすごい行列でした。

Ice_link

街並みを見下ろせる展望台に行く途中には、多くの観光スポットがあります

まずは、

グアナファト大学

石造りでとても美しい建物です。

案内してくれたグアナファト在住のメキシコ人の友達も、ここに行きたかった~って嘆いてましたw

Ug

マーケット

多くのお店が入ってて、ごはん、ショッピングを楽しめます

Market

ここで食べたお昼ごはん

自分で好きなもの選ぶスタイルです

Lunch

トンネル

石畳が非常に美しく、ヨーロピアンを感じることができます。(トンネル内は歩けます)

ちなみに、案内してくれた友達によると、地元にはトンネルには幽霊が住んでいるという言い伝えがあるらしい、、、、

Tunnel

口づけの小道

友達の説明によると、、、昔 両サイドのいえには、それぞれ階級の違う家族が住んでいました。ある時、左の家に住む娘と、右の家の息子が恋に落ちてしましましたが、もっと階級の高い人と結婚してほしい娘の父親はこれに大反対。そのため、隠れて2人は、道を挟んだバルコニーから口づけを交わしたということです。そのあと2人には、悲劇が訪れるのらしいですが、、、

ストーリーはともかくほんとにその道の細さに驚かされました‼

バルコニーまで上がることができ、多くのカップルが写真を撮っていました

というような観光場所を見ながら

ようやくたどり着きました~展望台

Night_view

暗くなっちゃいましたが、夜の景色もきれいです

View

こんな感じで、3泊4日の旅が終わりました

ホントにグアナファトは、街並みの美しい町でした。徒歩での観光をお勧めします‼‼

HISにもツアーがあるのでこちらもチェックしてみてください

https://activities.his-j.com/TourLeaf/MEX0045/

2019.01.16

こんにちは、インターンシップ生の渡辺です。

3泊4日でグアナファトに行ってきました。

今回は、グアナファトの中心からバスで約一時間ほどのところにある街 レオン について

まずは、近くの空港から。

Photo_2

レオン国際空港(BJX)は、カナダやアメリカ、もちろんカンクンから気軽にアクセスすることができる便利な空港です。

この空港から、バスで30分でレオン市内に到着

Photo_3

バスステーションの周りには、数多くの革製品のお店が並んでいます。

「革製品 レオン」の画像検索結果

歴史ある美しい大聖堂などのあるセントロへ移動 (タクシーで10分。徒歩でもいけます)

途中、グアナファト歴史博物館によりました。

なんと入場料は無料。グアナファトの歴史などが学べます。

Photo_4

Photo_5

Photo_6

こんなにコーンって種類あるんですね。初めて知りました~

また、セントロに行く途中には

レオンのサッカーチームのホームスタジアムもあります

Soccer

自分のシールコレクションにもちゃっかりくわえましたw

Laptop

では、大聖堂に向けて、、、

見えてきました。日が沈む途中というのもあり、きれいです

Great_view

大聖堂

Templo expiatorio del Sagrado Corazon de Jesus

Church_2

Inside

この大聖堂の前では、ダンスショーが行われていました

Dance_concert

ちなみに大聖堂の向かいには、テラス席のあるバーがあり、ライトアップされた大聖堂を見ながらメキシコのビールも楽しめちゃいます‼

また、セントロには、たくさんの出店、バー、レストランがあり、とても賑わっていました。

City_hall

Fountain_of_lion


レオンのシンボルは、ライオン

街の至る所にライオンが描かれています

Fountain_of_lion_2

Stale

本場のタコス

Tacos

Bar

グアナファトの中心から簡単にアクセスでき、小さな町なので半日あれば十分観光できます。

ぜひ、グアナファトに訪れた際はいってみてください

次は、グアナファト編です

ど~も、アンディです。

今回はディエゴ・リベーラを書きたいと思います。🐸

リベーラ先生はグアナファト州で1886年に生まれ、こどもの時から絵の才能である。10歳に、絵画のコンクールのため、写真見たいにお母さんの肖像画が書き、賞を受賞した。(ドロレス・オルメド美術館に見える)。

リベーラ先生はカエル顔って呼ばれたが

なぜカエル顔って呼ばれたの!?実は甲状腺の病気がありました。あと、グアナファト州は出身地でカエルのいる山がちな場所という地名という地名ですから。

しかし、カエル顔って呼ばれたのがうれしかったです。🐸wink カエルとしていろいろな自画像が描きました。(笑)

そんなにイケメンでしたのに、かなりモテたんですcoldsweats02 

46468159_10155944362760893_90294698

ほかの2人の画家と一緒、一番大切な20世紀の画家でした。それでメキシコの5万以上の遺物が集め、展示されるため、ピラミッドみたいに美術館を作りました。

Img_3743



H.I.S. メキシコシティ支店

2019.01
loading...
WORLD情報局
カリブブログ一覧