¡Hola!

こんにちは!インターン生の中村です。

 

今日はメキシコシティーの夜の様子について書きたいと思います!

 

 

夜のメキシコシティ

Img1667_1_2

ソカロ広場にある有名なメトロポリタン大聖堂。

 

このメトロポリタン大聖堂はラテンアメリカで最大規模の大聖堂らしく、とても迫力があります!

 

昼間に来てももちろん素敵ですが夜だときれいにライトアップされているのでよりロマンティックな雰囲気です♪

 

20:00には閉まってしまうようなので、この日は中に入る事ができませんでしたが、いつもとは違う様子のメトロポリタン大聖堂を見れたので大満足でした!

 

たまには夜に来るのもいいかもしれません♪

 

 

ソカㇿ周辺も散策してみました。

 

まるでヨーロッパの街並み

Img1695_1

Img1693_2

 

一瞬本当にここがメキシコシティーか疑いました!
まるでヨーロッパのような街並みです。

 

スペインの植民地時代を色濃く残している地域ですが、夜になるとさらにヨーロッパ感が増す気がします。

 

昼と夜では違った雰囲気を味わえるメキシコシティー。訪れたらぜひ両方ご体感してみてください!

  

HISではメキシコシティの夜を巡るナイトツアーも実施しています!

夜だと治安が不安ですが、こちらのツアーならガイドさんと一緒なので安心です♪

 

中村

 

 

   

~毎週水曜&土曜に更新中!~

ヨーロッパ風の街並みも素敵なメキシコシティにぜひ来てみませんか?

メキシコシティ周辺にも行けるツアーが他にも沢山あります!気になる方はこちらから

¡¡Buenos días!!

こんにちは!

 


メキシコシティに来たけど、これからどうしよう・・・。
出来れば多く回りたい!効率良く人気スポットを回りたい!!

と思っている方は多いと思います。

 

 

そんな方にはこちらのツアーが必見!!

太陽のピラミッドと天使の街プエブラ~メキシコシティ歴史地区・人気スポット立ち寄り【英語ガイド】

https://activities.his-j.com/TourLeaf/MEX0150/

 

こちらのツアー、なんと、
世界遺産を
4つ、一日でまわることが出来るんです!!!(-)

とってもお得ですよね!!!

 

では一つずつまわるスポットを紹介したいと思います!
  
  
   

   

【メキシコシティ歴史地区】
   
   

この地区はスペイン文化とアステカ文化(メキシコの昔の名前)が入り混じるとても雰囲気のある街です。
様々な歴史ある建築物を見ることが出来ます。
  
   

例えば、これはメトロポリタン大聖堂。
アメリカ大陸の中で最大のキリスト教建築物です。
アステカ帝国がスペイン人に征服された後(
16世紀)に建てられました。


Sekaiisan2

他にも様々な建築物を見ることが出来ますよ♪

 


   

【テオティワカン遺跡】
  
  

テオティワカンはアステカ帝国の首都です。
当時はアメリカ大陸で最大の都市で中米の主要都市として繁栄していました。
  

Sekaiisan1

テオティワカンは「月のピラミッド」「太陽のピラミッド」で有名ですね(*^-^*)

聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

この場所で人類の謎に包まれた歴史を存分に感じてください!!

 


【パドレ・テンブレケ水道橋】


この水道橋は2015年世界遺産に登録されました。

Sekaiisan3_2

この水道橋のすごさは、


1)17年もの歳月をかけて作られたこと。
2)ヨーロッパの水利技術とアメリカ先住民の文化が融合している
3)長さ48km、最も高いところは38m

といったところにあります。

この壮大な橋は一生に一度は見てみたいですよね!

 

 

【プエブラ歴史地区】

  

この地区はスペイン人がメキシコを征服してから作られた街です。

ですので街並みは古代のスペインに似ていています。

写真で見るようにとってもキュートな街です(*^-^*)

メキシコにいながらヨーロッパの雰囲気を味わうことが出来ます

Sekaiisan4



この可愛い街、ぜひ訪れてみてください!

インスタ映えもすること間違いなし!!

 

このお得なツアーの詳細、予約はこちらのリンクをチェック!!

https://activities.his-j.com/TourLeaf/MEX0150/

 

 

 

 

ど~も、アンディです。

今回はディエゴ・リベーラを書きたいと思います。🐸

リベーラ先生はグアナファト州で1886年に生まれ、こどもの時から絵の才能である。10歳に、絵画のコンクールのため、写真見たいにお母さんの肖像画が書き、賞を受賞した。(ドロレス・オルメド美術館に見える)。

リベーラ先生はカエル顔って呼ばれたが

なぜカエル顔って呼ばれたの!?実は甲状腺の病気がありました。あと、グアナファト州は出身地でカエルのいる山がちな場所という地名という地名ですから。

しかし、カエル顔って呼ばれたのがうれしかったです。🐸wink カエルとしていろいろな自画像が描きました。(笑)

そんなにイケメンでしたのに、かなりモテたんですcoldsweats02 

46468159_10155944362760893_90294698

ほかの2人の画家と一緒、一番大切な20世紀の画家でした。それでメキシコの5万以上の遺物が集め、展示されるため、ピラミッドみたいに美術館を作りました。

Img_3743



HIS メキシコシティ支店

2020.05
loading...