カリブの島々 2009.04.23
キューバには、ハバナ旧市街以外にもモチロン
世界遺産があります。

Trinidad y Valle de loos Ingenios
(トリニダードとロス・インヘニオス渓谷)


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

16世紀に栄えた、砂糖産業の街
往時の面影を、現在も残したコロニアル・タウン

非常に小さな街で、15分もあれば街の端から
端まで移動することができるほど

それでも、街全体が博物館といわれるような
かわいらしくて、ほのぼのした街


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

ハバナから、夜行列車で10時間
それからさらに車で2時間

田舎道を延々と行った先にあるこの街
一番の魅力は、人の良さ

基本的に田舎の人たちなので、とても温かくて、
とにかく親切。ハバナの人もモチロン親切なの
ですが、ここは特別。 

純粋というか無垢というか、こちらまで暖かい
気持ちになります。



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

10分も歩けば、馬がもっしゃもっしゃと草を
食む、田舎景色。

いい所だ、、、。



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

そんな田舎街にもモチロン根付いた革命精神
よーく見ると、車のライトにチェ・ゲバラが、、、。

このライトを照らすと、夜道にチェが浮かびあ
がるのかなぁ。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

味の薄いパンに玉ねぎと、かすかなチーズを
のせて焼いたピザを食べながら、豊かさってなん
だろう、とふと考えてみる

難しいけど、素朴なピザもおいしいなぁ。






 *** oliver

カリブの島々 2009.03.19
 

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

『教育なくして、革命はならず』

街ですれ違った、ランニング中のおじさんのTシャツに
書かれていた言葉(写真を撮り損ねた、、、)。

革命の理念の根底に流れるのは、教育と社会主義。
この国では、国民全てが、大学卒業までの全ての教
育を無料で受けることができます。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

教育こそが、革命の未来を保証するもの、と考えてい
るのです。

本州の半分以下の国土に、東京の人口より少ない約
1100万人が暮らしており、大学は63もあります。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

体育は近くの公園で。



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

部活は広場でバレーボール。みんな手足が長い!!
まさか、この中から、未来の代表選手が、、、?


教育の中にこそ革命の実現を見出した、
Fidel Castro (フィデル・カストロ)

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

『革命の理念は、星のように尊し』 Fidel



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

Viva Fidel = フィデル万歳

最高指揮官の座を退いてなお、国民のリスペクトを
受けているようです。



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

キューバの人たちは、穏やかで優しいだけでなく、
しっかりとした理念の下で教育を受けているので、
道徳観、というものを持っている気がします。

短い旅行期間で、そういったものを感じるのは難し
いかもしれませんが、積極的にコミュニケーション
を取って貴重な体験ができれば、素晴らしいことで
すよね。




■キューバ・パッケージ・ツアー

お見積となります。下記メールアドレスにお問い合
わせください。
  mexair@his-mexico.com



■キューバ行航空券

弊社HPをご参照ください。
HIS HP






*** oliver





カリブの島々 2009.03.12

ご存知ですか?
キューバがどこにあるか。

僕はメキシコに来てから知りました。

メキシコのお隣、メキシコシティから首都ハバナまで
1800km、飛行機で約2時間30分。カンクンからだと
たった500km、飛行機で約1時間のところにあるんです。

日本からソウルが約1200kmなので、同じような距離と
いえます。

アメリカからも近いのですが、政治的な関係から、フラ
イトはありません。メキシコからだと、近くてアクセスも
抜群。

やはり、メキシコに来てから、キューバの近さを知り、
キューバに足を伸ばす方も多いです。

直行便はメキシコシティから1日2本、カンクンからも1
日2本。メヒカーナ航空とクバーナ航空の運行がありま
す(2009年3月現在)。





H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

革命の島、カリブの楽園、ゲバラとカストロの国、ラムと葉巻
の国、、。

どんな言葉も的確に表しているようでいて、
本質を捉えきれない国、キューバ。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

資本主義社会が発展を続けるこの21世紀に、世界でも
唯一かもしれない、革命の匂いがいまだにする国、キューバ。

そんなキューバも近年、観光に非常に力を入れており、
その独特の文化、歴史、社会、政治、経済的背景も手伝って、
世界中から多くの観光客を受け入れている国でもあります。





H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

キューバの首都ハバナ


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

キューバも、他のラテンアメリカ諸国と同じく、スペインの長
年の植民地支配を受けた国。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

旧市街には、スペイン支配時代の建造物が多く残されてお
り、その文化的価値から、旧市街全体がUNESCOの世界文
化遺産に登録されています。






社会主義の現在では、信じられない話ですが、アメリカの
力により、スペインからの独立を遂げ、約50年間アメリカの
半植民地支配の時代へと移ります。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

旧市街に残る、旧国会議事堂は、アメリカの国会議事堂を
モデルに建てられたもの。そっくり。






H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

街には、1959年のキューバ革命後のアメリカによる経済封
鎖以前に輸入されていた、旧型のアメ車が今も現役バリバ
リで走っています。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

社会主義国家としての再生、キューバ危機、東西冷戦などの
世界情勢の中で物不足は続き、当時の旧車を修理、修理で、
使い続けていくしかなかったのです。



H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

表向き、アメリカの経済制裁は続いていますが、フィデル・カ
ストロの退任、オバマ大統領の懐柔的なキューバ政策により
両国の関係は正常化へと向っています。

現在でも年間数万~数十万人のアメリカ人がキューバ旅行
をしていると考えられていますが、もし、渡航自由化となった
らアメリカ人だけでも100万人以上がキューバ旅行をすると
考えられています。

社会主義国だからこその、日本や他の資本主義国とは根底
から異なる、思想、社会、政治、文化、そういったものは、海外
から入ってくる情報が多くなればなるほど、良くも悪くも変わっ
ていってしまうんじゃないかな、と個人的には思います。

そういう意味では、今のうちが、キューバらしいキューバを体
感できるラストチャンスかもしれません、、、。







■キューバ・パッケージ・ツアー

お見積となります。下記メールアドレスへお問合せください。
mexair@his-mexico.com


■キューバ行航空券

弊社HPをご欄ください。
HIS HP





*** oliver










H.I.S. メキシコシティ支店

2019.06
loading...
WORLD情報局