こんにちは

ナガテカです。
前回に引き続き、オアハカのビーチの紹介です


ボートに乗り込み向かうはビーチ!

9つものビーチをボートから見て、その中からひとつ行きたいものを選ぶのですが
その道中に・・・




ガイドさんが釣っちゃいました

「マグロ」らしいのですが、これはマグロ!?

(ボートの上でさばいてお刺身で食べたいなあーと思いましたが
 ガイドさんがお持ち帰りしました、残念)


さて、マグロ(?)を釣って、ついにビーチを選んで上陸です

どのビーチもきれいすぎて、選ぶのが大変だったんですが
選んだのはこちらのビーチ!




決め手はもちろん人がいない→貸切できるから!

他にも人がいないビーチはあったんですが
この白い砂浜に惹かれてここに決定!

他に人がいないビーチで友人とワイワイするのは最高でした

プライベートビーチ体験



海の色も最高です

こんなきれいなビーチを貸しきれちゃうなんて
メキシコサイコー!ビバメヒコ!




ガイドさんにお礼を言って戻ってきました。


メキシコの秘密のビーチ、行きたくなっちゃいましたか


好きになりそうな方!


もうなっちゃった方!ポチっと!ぽるふぁぼ~る!

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ


にほんブログ村




こちらもやってます!ポッチっと!


ますますメキシコが好きになる!好きになろっ!




人気ブログランキングへ




(C) 2013 h.i.s. giras internacionales mexico sa de cv
Holaaaa :)

特別に秘密のビーチをご紹介しちゃいます

ご注目~!!

それは・・・

オアハカのHuatulco国立公園


なんとここ、ボートを1つ貸しきってクルーズができちゃうんです

クルーズで行くのは・・・
もちろんビーチ!
道路がなく、海からしか行けないビーチもあるんです

私が行ったときは
9つのビーチをクルーズで海からチェック→気に入ったビーチ1つに上陸!
というコースにしました




ボートに乗り込んで出発!です

クルーズ自体は合計1時間半ほどでしたが、
(テンションが上がっていたためか!?)船酔いをしやすい私も船酔いをせずに楽しめました。


クルーズ中は思いがけないものに出会ったり!?
ビーチがどれもきれいすぎて選べない!?

どんなビーチに上陸したかは次のブログ更新で発表です

ナガテカ


好きになりそうな方!


もうなっちゃった方!ポチっと!ぽるふぁぼ~る!

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ


にほんブログ村




こちらもやってます!ポッチっと!


ますますメキシコが好きになる!好きになろっ!




人気ブログランキングへ




(C) 2013 h.i.s. giras internacionales mexico sa de cv

メキシコ太平洋のリゾート地、ウアトゥルコship

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカやカナダでは、

結構有名なリゾート地flair


ウアトゥルコの特徴はつものがあり、

全部で30以上ものビーチがあるんですup


そんな中のひとつ、町の中心地からもほど近い、

サンタクルス湾ラ・エントレガというビーチに足を運んでみましたfoot


ビーチにたどり着くまでは、写真の後ろにも写ってるような、

山道をクネクネと進んでゆきます

そんなこんなで、

なんだか伊豆三浦を思い出させるここウアトゥルコsun


きめ細やかなに澄んだ海shine

メキシコシティで生活している私にとっては、

日々の喧騒を忘れさせてくれる至福の場所



カリブ海のカンクンのような鮮やかな青ではありませんが、

透明度はなかなかのもの


が非常に穏やかなので、子供でも安心して遊べるのも魅力good


ボート遊びもよし、


犬と泳ぐのもよし・・・


また、ここウアトゥルコ太平洋・カリブ海クルーズ

寄港地としても有名sign01

ちょうど、大人気のセレブリティ客船、インフィニティ号が寄港ship

今回は、このクルーズのお客様をお出迎えするために

このウアトゥルコにやってきました。

太平洋・カリブ海クルーズかぁ、

パナマ運河やら、コロンビアやらコスタリカ

やらに寄ってきたらしいです。うらやましいなぁ。。。

詳しくはこちら

↓↓↓↓↓

http://www.cruiseplanet.co.jp/usa/tg_if_081003_nrt.htm



を満喫した後、今度はダウンタウンへ足を運んでみました。


中心広場(ソカロ)


リゾート地とはいえ、田舎町といったカンジtulip

ダウンタウンはとても小さいエリアなので、1~2時間あれば、

一通り散策できます。


ウアトゥルコオアハカ州、やはり先住民の方がたくさんflair

機織りで、昔ながらの民族衣装を作っている様子。


そしてオアハカ名物TLAYUDA(トゥラユダ)も食べてきましたnotes

超特大タコスですね

ここウアトゥルコのレストランならどこにでもあります。

Lサイズのピザ並みの大きさ


町中の屋台もTLAYUDAimpact



ここウアトゥルコは、まだ本格的なリゾート地としての発展段階で、

とてもすばらしい自然素朴さが多く残っていますshine


これからどんどんと、『太平洋のカンクン』として、

リゾート化されていくのだとは思いますが、

なんとなくこのままの、ゆったりと時が流れ、静かにバケーションを過ごす、

隠れ家的な場所でいてほしいような、

そんな落ち着くウアトゥルコでした


***MAFU





H.I.S. メキシコシティ支店

2019.06
loading...
WORLD情報局