こんにちは〜マルです♪

 

カンクン在住。7月に連休があったので、カンクンから飛行機で5時間。メキシコ南部にあるオアハカへ。

 

7月にオアハカ?と聞いて有名な各地からの民族が集まり、カラフルな文化、華やかなダンスをお披露目するフェスティバル「ゲラゲッツァ」を思い出した方。

 

そうなんです。これを目指して行ったのですが、あまかっ!ゲラゲッツァは年々人気を博し、ウォークインでは入場が難しくなっている。(実は朝5時から並んでみたけどあまりの行列、そして寒さに心めげてしまった)

 

ゲラゲッツァについて書きましたが、派手なお祭り、コロニアル調の街並み、バラエティに富んだ食文化、色鮮やかな雑貨、だけじゃない!魅力溢れたオアハカ。

 

1987年ユネスコの人類文化遺産に登録されている「モンテ・アルバン」。へバモノースnotes

 

 

オアハカに来たなら行こう!世界遺産「モンテ・アルバン」

 

以外と近かった!オアハカ中心部からは約10kmの場所にある。

 

「モンテ・アルバン」という名前。モンテ=山。アルバン=? あまり情報がない中、有力なのがスペイン植民地時代に、この山並みがイタリアのアルバン山脈に似ている、というもの。

 

そして一方で「白い山(丘)」を意味しているという説も。

 

20200420_01

この大きな木に咲いている白い花。Casahuate(カサワテ)の花が山肌一面を白く染めていて、遠くから見ると白い山のように見えた、と現地ガイドさん。

 

20200420_02

標高1500mの場所。400mほど登ったところの丘稜を削って、造られた古代遺跡。テオティワカンに影響を受けたと言われ、サポテカ族によって建設された。

 

20200420_03

BC500年〜AC800年に栄たとされ、寺院、お墓、球技場、天文観測所、宮殿が点在していて、全体的には宗教儀式用途にされていたとか。

 


20200420_04

このプラットフォームからは、陶器や翡翠でできたアクセサリーなども見つかる。では登ってみる。

20200420_05

カンクンと違って山のあるオアハカ。絶景。

 

20200420_06

古代遺跡には欠かすことのできない球技場が右手に見える。

 

20200420_07

お分かりのように、チチェンイッツァ遺跡などでよく見られる輪っかのゴールが見当たらないが、これが球技場だ!

 

20200420_08

20200420_09

この遺跡では「踊る人」のレリーフが発見されていることで知られている。写真のものはレプリカだが、なるほど。コミカルに踊っているように見えるので、こう呼ばれている。

 

よく捕虜の拷問を表していると言われているが、この日のガイドさんの説明によると、「医療カルテ」若しくは「手術記録」だと。調査が進むことで、歴史は変わるのだ!と言っていた。

 

20200420_10

高い塀に囲まれているこの建物は、宮殿らしい。エリートの住居。プライバシーを守るためにこのような作りになっているとか。

 

20200420_11_2

この真ん中にあるものは、天文観測所となっている。これもまた古代遺跡にはつきものだ。

 

20200420_12

山のないカンクンから来た私。何やら懐かしさに浸りながら、しばしボーッと。

 

モンテ・アルバン遺跡見学を終え、斜面を降っていく。小さな博物館が隣接しており回って見ると、なんともかわいいオブジェ。ミニチュア売ってたら欲しかった・・・

20200420_13_2

20200420_14

20200420_15

オアハカの街からのアクセスもよく、絶景もお楽しみいただけるモンテ・アルバン遺跡。

オアハカに来た際にはぜひ立ち寄ってみて下さい!

 

ミトラ遺跡とのオアハカの2大遺跡を巡るツアーはこちらをポチッと。

オアハカ2大遺跡 モンテアルバン&ミトラ遺跡

 

それでは〜マルでした♪ アディオースnotes

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧