2017.12.08

今月のメキシコ新聞でソチミルコのウーパールーパーが取り上げられていました。

要点は

・従来1平方キロメートルあたり数百匹生息していたが現在0.3匹まで激減

・ソチミルコの汚染によって絶滅の危機に陥っているということ

・メキシコだけでなく、アメリカ・フランス・スペイン・中国・日本の研究所が尽力している

近い将来いなくなってしまうかもしれませんね

保護されているウーパールーパーをみにきてみて下さい。

汚染とは言われていますが

静かで落ち着いた沼地のような感覚です。

ウーパールーパーは

メキシコ原産

脅威の再生能力

 臓器、さらには切断された臓器を再生できる

水を歩く魚

可能性しか感じませんね、すばらしい!

世界中から生物学者の研究対象にもなっているそう

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. メキシコシティ支店

    2018.02
    loading...
    WORLD情報局