¡Hola!

イスラエルです。

 

およそ1か月前ですが、9月16日はメキシコ独立記念日でした。

1810年9月16日、メキシコがスペインからの征服を終焉させた日です。

 

Image1

 

独立運動のはじまり

  

独立運動を進める反乱には多くの原因がありました。スペインによる搾取、奴隷制、社会的圧力、クレオール(イダルゴやニュースペインなどで生まれたスペイン人)が政治に参加することが不可能であったことに加え、1808年にはナポレオン戦争によるスペインへの侵略がありました。 

 

このナポレオン戦争によるフランス軍の侵略と、スペイン国王の強制的退去に直面し、ニュースペイン(メキシコを含むスペインに征服されていたエリアの名称)の住民は自国の王国の防衛に参加することができませんでした。

 

メキシコ市議会は、スペイン国王フェルナンド7世を擁護するために軍事政権を建てることを提案しましたが、これは1808年9月にガブリエル・デ・イェルモ(Gabriel de Yermo)によって行われたクーデターにより阻止されました。

 

この時から、悪い副官政権を打倒し、フランス軍に投獄されたフェルナンド7世を“救う”ことを前提に、軍、市民、宗教グループの間で秘密裏に会合が行われるようになりました。

 

このいくつかの会合は1808年に当時のバジャドリド(Valladolid)、現在のモレリア(Morelia)で発見されました。この会合の一つは、文学集会を装って、ケレタロ―(Queretaro)にある治安判事ホセ・ミゲル・ドミンゲズとホセファ・オルティズ・デ・ドミンゲズ夫妻の家で行われていたため、『ケレタロ―(Queretaro)の陰謀』と呼ばれていました。

 

この『ケレタロ―の陰謀』は、サン・ミゲル・エル・グランデ(San Miguel El Grande)、現在のサン・ミゲル・デ・アジェンデ(San Miguel de Allende)で建てられた秘密の軍事政権と密接に関わっていました。

 

この秘密の軍事政権を率いていたのが、クレオール軍人イグナシオ・アジェンデ(Iginacio Allende)でした。また、イグナシオ、フアン・アダルマ兄弟(Igunacio y Juan Adalma)やマリアーノ・アバソロ(Mariano Abasolo)など歴史に残る著名な人物が召喚されていました。

 

 

Image3

 

独立記念日の祝い方

 

前日の15日の夜に、メキシコではよく知られている独立を宣言する雄叫びを上げて、盛大に祝います。この記念日をお祝いするため、メキシコ各地でイベントが開催されます。イベントでは遊具の屋台があったり、伝統的なメキシコ料理が出されたり、ライブ音楽が演奏されたりします。

 

この独立を宣言する雄叫びは『ドローレスの雄叫び』と呼ばれ、牧師であったミゲル・イダルゴ・コスティーヤ(Miguel Hidalgo y Costilla)が1810年9月15日の夜に行ったものと言われています。そこには、メキシコ解放軍を率いていたイグナシオ・アジェンデ(Ignacio Allende)と独立を進める反乱軍に参加していたフアン・アルダマ(Juan Aldama)の姿も共にありました。

Image2

 

この雄叫びは、グアナファトにあるドローレス教会の鐘をついて、独立戦争の始まりを宣言するものでした。この伝統は、今日でも教会の鐘を鳴らし、国旗を振りながら、次の言葉を宣言して行います:

 

メキシコ国民よ!

¡Mexicanos!

 

我々に祖国を与えてくれた英雄達よ万歳!

¡Vivan los héroes que nos dieron Patria!

 

イダルゴ万歳!*

¡Viva Hidalgo!

 

モレロス万歳!*

¡Viva Morelos!

 

ホセファ・オルティズ・デ・ドミンゲズ万歳!*

¡Viva Josefa Ortíz de Domínguez!

 

アジェンデ万歳!*

¡Viva Allende!

 

アルダマとマタモロス万歳!*

¡Viva Aldama y Matamoros!

 

国家独立万歳!

¡Viva la Independencia Nacional!

 

メキシコ万歳!メキシコ万歳!メキシコ万歳!

¡Viva México! Viva México! Viva México!

 

*それぞれ独立に貢献した英雄

Image4

この宣言に対して、熱狂的な人々も「メキシコ万歳!(¡Viva México!)」と返します。そしてパーティーと歌で祝います。

 

メキシコ各州でそれぞれ特有のお祝いがあり、どんな形であれ、この日はスペインの征服に対してメキシコの人々が立ち上がったことを記念し、メキシコ独立記念日を祝います。

 

こらからも9月16日を誇りをもってお祝いしましょう!

メキシコ万歳!

 

 

イスラエル 

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧