モンゴル 2015.05.18

エコツアープロデューサー鮫島です。モンゴル3年間駐在していた私が自分が良いと思った体験を詰め込んだツアーがこちら

_

これからベストシーズンを迎えるモンゴルについてレポートしていきます。第1回目のテーマははツーリストキャンプ。

1_3

モンゴルを訪れたら一度は宿泊してみたいのが、遊牧民のゲルを模ったツーリストキャンプ。遊牧民の気持ちになれます!

3_2

宿泊するゲルの内部はこんなかんじ。ベッドはだいたい2~4つあります。ツアーで使うキャンプはシーツもあって清潔。毛布もあります。灯りは白熱灯がひとつ。質問の多いコンセントはひとつゲルの中にあります。場所はキャンプによりけりです。タオルも備え付けがひとつありますが、基本的にはご自身でフェイスタオル・バスタオル両方を持参したほうが良いです。

4_3

ゲルの真ん中には蒔きストーブが!実は標高1000m以上の高地にあるモンゴルは、夏でも朝晩は5度以下になることが多いです。キャンプのスタッフが日暮れと明け方頃に火をおこしに来てくれます。もちろん自分でできる人はご自身で火おこしに挑戦してみてもOK!キャンプに泊まる場合は、寒いですので、夏場でも、フリースやダウン・携帯カイロはもって行くのが良いでしょう。しつこいですが、朝晩は本当に寒いです!

5_2

ツーリストキャンプでの食事は、レストラン用の大きなゲルで頂きます。意外とちゃんとした料理を出します。

6_3

またビール・ミネラルウォーター・コーラなどドリンクも販売していますよ。モンゴルは意外と国産ビールの種類が豊富!私が好きなのはコクのある「アルタンゴビ」!

7_2

水洗トイレ・シャワーは管理棟にあります。
シャワーはお湯が出ます。市民プールのシャワー室みたいないわゆるシャーワーブースタイプ。着替えるスペースがあまりありません。ボディソープ・シャンプーなども各自持参が良いでしょう。
水洗トイレでは、トイレットペ-パーは絶対に流さないように!すぐつまります!

キャンプでの過ごし方はさまざまですが、、、お勧めなのは夜の星空、明け方の朝日です。

029

標高が高く広大な夜空に浮かぶ星空は言葉にならないくらいスバラシイ!天の川は当たり前、北極星のような小さな星たちもまばゆいくらい輝きを放っています!極めつけは、星座がデカイ!日本人になじみある北斗七星も、想像を超える大きさ!さすが標高が高いだけあって、星座が巨大!本当に星が降ってくるような感覚になりますよ!


2
もうひとつは、朝日ですね!夜明け前は時には朝もやがかかったりしてとっても幻想的になることも!また広大な草原の色合いが最もコントラストが浮かび上がり、とても幻想的です!


いかがでしたか?

ツーリストキャンプでの宿泊は、一見、不便に思われるかもしれませんが、自然の中で溶け込むような感じがとってもよくお勧めです。最初は気難しいお父さんやお兄さんも、なぜかキャンプに1泊するだけで童心に返っています!


日本とはまったく異なる空間ですので、非日常を体験した人にはピッタリです!


★モンゴル遊牧民文化交流5・6日間
http://goo.gl/DZNZZA


GREEN TRAVELER by H.I.S.
http://eco.his-j.com/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS エコツアーデスク

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧