みなさんこんにちは!編集員の内田ですsun

6/27~7/4までチロルハイキングにいってきましたので体験レポートを数回に分けてお届けしたいと思います。

今日はレッヒにいったDAY4.5をレポート!

レポートその1はこちら

レポートその2はこちら

******************************************************

今回の私の行程はこんな感じ▼(一部省いています)

DAY1:成田からインスブルックへ。その後、車でゼーフェルトへ

DAY2:ゼーフェルトの街をぶらぶら散策

DAY3:ゼーフェルダーヨッホ→午後はスパイスブーケ作り

DAY4:電車でインスブルック→市内観光の後、車でレッヒへ

DAY5:クリーガホルン展望台→シュプラー湖とホルマリン湖をハイキング

DAY6:リュリコプフ展望台→ハーブの道をハイキング→レッヒウェッグをハイキング

DAY7~8:帰国

******************************************************

さて、その3はヨーロッパ1美しい村「レッヒ」をご紹介!

朝ご飯を食べたら10時の電車に乗ってインスブルックへ。ホテルから駅まで5分。

チケットも自動販売機が英語になるので簡単に買えましたgood

所要時間30分。片道5.40ユーロ。これならふらっと日帰りでもいけちゃいますね。

Photo_2

車内の様子。地元の人ものる普通の電車。自転車も乗せることができるんですね!

Img_2044

さて、メインのマリアテレジア通りへ。快晴で奥にある山まで見通せる!

ランチはヴァイセスレッセル(意味は白馬亭)へ。

Img_1997

おいしいサラダと、伝統チロル料理(ビーフとじゃがいものお料理)を頂きました!

うっすら写っているのはフーゴというお酒。ホルンダー(西洋ニワトコ)ジュースを白ワインで割り、ミントを添えたカクテルなんですがほろ甘くてとっても美味しい!

午後はインスブルックをチラっと散策。地元のマルシェ(市場)へ行ってみました。

Img_2029

日本にはないようなモモやベリーなどフルーツいっぱい。

Img_2031

オリーブオイルやチーズも。おいしそう♪なんて思いながらあっという間の散策終了。

その後はインスブルック→レッヒへ。

高速で1時間半程度で着きましたscissors

そして、着いてからホテルを視察したり話したりしてるうちに気づけば9時。(9時まで明るいのでついつい時間を忘れて話しこんでしまったのです。。。)

もう持っていたパンとマルシェで買ったフルーツでいいよね~と話していたらsign03

Img_2049

なんと泊ったホテルのオーナーママとパパがハムとチーズを切ってくれましたshine

Img_2057

なんて優しい人なんだろう~sign03せっかくだからワインとビールも出してプチディナー。

ママとパパ(勝手にオーナー家族をそう呼んでいました)も一緒に食べてもらい、とっても楽しい時間を過ごしましたheart04

さて、次の日。

Img_2059

また快晴ですsun晴れ女パワーlovely泊ったホテルはこんな感じ。

Img_2085

そしてこれがレッヒの町の様子。山もキレイですが川の水が透き通っていて本当にキレイ。

朝はリフトにのって、クリーガーホルン展望台へ。

Img_2103

見て下さいsign01このサウンドオブミュージックのような世界。

Img_2135

お花畑とはこのこと。

Img_2154

牛さんもご飯がいっぱいでのどかで幸せでしょうね~

Img_2152

モーtaurus(なんか言った?)

途中のヒュッテで美女に出会いました↓

Img_2297

このヒュッテでは、牛乳を飲んでいる人が多かったです。確かに新鮮なミルクはおいしそうnote

そしてヒュッテから5分登るとこんなにキレイな湖が・・・

Img_2168

水面に映る逆さアルプスもキレイですね。

Img_2301

お花越しの山もなかなかキレイ。

っと、ここでクリーガーホルン・ハイキングはおしまい。

というのも、私達はホテルのママにランチに招待されていたのですflair(本当に優しい人!)

Img_2381

じっくり煮込んだお肉とセロリとにんじんとじゃがいも。

Img_2047

前菜のサラダはお庭で育てたサラダ菜やルッコラ。

チーズやお肉も地元で育てた牛。地産地消ランチですね。

Img_2382

ケーキまで焼いてくれたママ。愛情いっぱいでおいしかったな~heart01

 * * * * *

さて、そして午後はオーストリアで一番きれいフォルマリンゼーという湖へ。

ちなみに…レッヒに滞在するとレッヒカードという滞在中ずっと何回でも使えるバスやリフトの共通カードがもらえます。

環境配慮のため、地元民以外はこの湖に行くための道を通る時、5ユーロ払う必要があるのですが、公共バスを利用すればタダでいけますよ。

Img_2412

なんだここは!!写真じゃ伝わらないかもしれないけど、水がとっても透き通っていて本当にキレイ。

マスが釣れるそうですが1日5匹しか釣っちゃいけないんだそう。これも環境配慮

ちなみに水温6度・・・snow落ちたら心臓止まりそう・・・sweat01

Img_2452

ママが案内してくれました。昔からハイキングによく来ていたそうでそのへんに生えてるハーブについて教えてくれました。(ハーブの話は次の回で詳しくclover

Img_2456

そして30分程度、ヒュッテがあるところまでハイキング。

2時間かかる平坦コースと30分のアドベンチャーコースどっちがいい?と聞かれて迷わずアドベンチャーを選びました(笑)

さくさく~と斜面を進むとこの景色↓

Img_2472

最初の写真と比べるとだいぶ登りましたsign03それにしても本当にキレイ~

上からみるとまた違いますね。

Img_2480

ヒュッテに着いたところでおつかれさま~の一杯beerここも地元の人が多いそうです。

地元の人がいくところに行くってなんかツウな感じがしていいですよね~note

さて、そして帰りにもう一つの湖、シュプラーゼーへ。

Img_2530

こちらはオーストリア国鉄が作った人口のダムだそうで。

フォルマリンゼーと違ってとにかく大きい湖で、こちらも魅力的でした!

ちなみにこれ夜の8時過ぎmoon3明るいですよね~

さて、最終回の次回はハーブの道をハイキング♪。

Img_2612

お楽しみに~

cloverGREEN TRAVELER by H.I.S.エコツアーデスクclover
普通の旅じゃあ満足できない!
自然体験、交流、学びのある旅はこちらから
http://eco.his-j.com/eco/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: 188bet -2018年1月 5日 (金) 04時50分

      As a result of their hard work, Positive View's events have received coverage from the 3 major global
      television networks and still have been streamed for online viewing.
      It was President Theodore Roosevelt who had given it the White House in 1901. Here you can shop by theme or browse an entire selection of themes if you're sill unsure on which to base the party.

    

    HIS エコツアーデスク

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧