メキシコシティにある国立人類学博物館。

世界でも有数の規模を誇り、様々な遺跡から発掘された貴重な出土品が

展示されている、メキシコシティ観光のハイライトの1つflair


そんな人類学博物館のとある一室に展示されている壁画art
 

トルテカ文明のとある遺跡で発見された壁画のレプリカです。

本物は、その遺跡に足を運ばないと見れません…sweat02

ということで、

こんなキレイな壁画が本当に残ってるのかなぁ

と、この目で確かめたくなったので、行ってきましたその遺跡へscissors


その名も、カカシュトラ


トラスカラ州の州都、トラスカラから、バスに揺られること30分弱、

カカシュトラの最寄の村に到着します。
なーんにもない最寄の村から坂道を上り続けて約15分、

ようやく遺跡が見えてきましたeye

どれが遺跡?? 』

ここカカシュトラは他とはちょっと違う、一風変わった遺跡なんです


そしてようやく遺跡到着dash

残念ながらアクセスしづらい、個人では行きづらい遺跡ですsweat01

しかし、週末にはトラスカラからツアーが出ているみたいなので、

それで行くのがベストかもしれません


カカシュトラ、何が一風変わっているかというと…



このように、とても大きな屋根に遺跡全体が覆われています


なぜかというと…




このように、など色彩豊かな壁画が、

保存状態よくいくつも残っている為。

太陽の光や雨で壁画が色落ちしないよう、壊れないように

あの大きな屋根覆っているのです。


遺跡全体はこんな感じ。

やはりこの大きな屋根のせいか、少し違和感があります…


ちなみに遺跡を覆っているこの大きな屋根。

2007年5月に豪雨ならぬヒョウthunderが降り、屋根を壊してしまい、

そして壁画を少し傷つけてしまった為、屋根を修復する関係で

しばらくの間、遺跡を見学することができませんでした。

ようやく屋根が修復され、最近になって公開されるようになりました。


こんなキレイ壁画が保存状態良く残っています

メキシコ原産のとうもろこしや、雨に関連してカエル

が描かれており、農作業雨乞いか何かを表しているのだとか…


いくつかの鮮やかな壁画たちの中で、有名とされている壁画は2箇所flair


まずは全長22mにもわたって描かれている壮大な壁画sign03


48人以上の人物が描かれており、戦いの様子などが表現されています。

わかりづらいので、少し近づいてみましょうpaper

う~ん…アップにしてもよくわからないsweat02

人が描かれてるのはわかりますが…

この壁画は色落ちや、剥げてしまっている部分がちょっと多いです。


では、もうひとつの有名な壁画へご案内door

そして僕が予てから見たかったのもこちらdownwardleftdownwardleftdownwardleft

古代に描いたものとは思えない、保存状態の良い極彩色の壁画art


そしてこの壁画が冒頭に載せた、

国立人類学博物館にあるレプリカ本物


ではさっそく比べてみましょうsearch  まずは上記左側の壁画からenter

ヘビの上に乗ったジャガーの戦士
⇒⇒


続いて右側の壁画enter

羽毛のヘビの上に乗ったワシの戦士
⇒⇒


おぉsign03 レプリカそっくりup 


ここカカシュトラの壁画は、テオティワカンマヤなど様々な文明の

影響を受けているところも大変興味深いですshine


メキシコの様々な遺跡から壁画は発見されていますが、

このカカシュトラ壁画群が最も保存状態の良い、美しい壁画とも

いわれています



メキシコシティからすぐのところに、こんな素晴らしいトコロがあるのですが、

なぜか日本のガイドブック等では、あまり大きく取り上げられず…down


メキシコシティご滞在で余裕のある方は、是非×2

足を運んでみて下さい!

余裕のない方は…

国立人類学博物館でご覧あれnotes



***MAFU


同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧