古代マヤ文明の遺跡は本当に数多く存在しています。

世界遺産に登録されているだけでも

チチェン・イツァー

ウシュマル

パレンケ

カラクムル


と、4つもの遺跡が登録されています。


そして世界遺産に登録されていなくとも、まだまだ本当にたくさんの、

そして素晴らしいマヤの遺跡が

ユカタン半島、メキシコ南東部、中米各地に点在しています。


もちろんチアパス州にもそれはあります。


今回ご紹介するのは


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
  Yaxchilan ヤシチュラン


グアテマラとの国境沿いに広がる

ラカンドン熱帯雨林に位置しています。


本当にグアテマラは目と鼻の先。
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
この遺跡目の前の川を渡ればもうグアテマラなのです


遺跡までの交通手段も不便で仕方ありませんsweat01

幹線道路なるものはなく、
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~

このようなボートで川を上ってゆくか、

もしくはセスナ機で遺跡にひとっ飛びかに限られます



遺跡はこれぞまさにジャングル地帯

パレンケやチチェン・イツァーもジャングル地帯に

位置しているといわれいますが、ヤシチュランに比べればかわいいもの。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
野生のおサルさんがお出迎え


遺跡は人の手があまり加えられておらず、
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
とても神秘的な雰囲気を醸し出していますshine



ヤシチュランはマヤ語で『緑の石の場所
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
その名の通り、石で築かれた都市には緑が宿っています。


紀元後4世紀から9世紀頃まで栄え、絶頂期は8世紀頃、

マヤ文明で最も重要な都市のひとつとして数えられています。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~




その当時栄えていたティカル王朝

(グアテマラの世界遺産に登録されている素晴らしい遺跡)

と同盟を組み、パレンケ王朝とライバル関係を築いていました。


たくさんの石碑がこのヤシチュランからは発見されており、
H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~
戦争儀式の様子に加え、年号マヤ文字も多く刻まれていたので

マヤ文明解明の大きな糸口にもなりましたflair



次回はヤシチュラン近郊の、非常に素晴らしい壁画が残っている

ボナンパック遺跡を紹介します。


マヤの遺跡、魅惑のチアパスはまだまだ続きます



***MAFU


同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧