¡Hola!

イスラエルです。

今回はメキシコシティから直行便で約2時間半、随一のリゾート地、カンクンの豆知識をご紹介します!

 

 

カンクンの成り立ち

 

カンクンは、もともとは、CalindaとNizucと呼ばれる2つの橋で結ばれている島でした。

1975年にFONATUR(National Fund for Tourism)によって設立されました。

Image2_8

カンクンは5つのゾーンに分かれています。

都市ゾーン、ホテルゾーン、プエルトフアレス、エヒダルストリップ、アルフレドV.ボンフィルに分かれていて、約14,000人の人々が住んでいます。

Image1_8

 

 

カンクンとハリケーン

 

1988年 ハリケーン ジルベルト(Huracán Gilberto)

8億8,000万ペソ(約40億円)を超える被害と300人を超える死者が出ました。今までカンクンに最も壊滅的な被害をもたらしました。

 

2005年 ハリケーンウィルマ(Huracán Wilma)

9月19日にカンクンに上陸しました。時速280キロの強風と、洪水に溢れた道路は生活基盤を麻痺させました。この経験がカンクンに、ハリケーンに対しての防災意識を植え付けるきっかけとなりました。

 

 

現在のカンクン

 

現在のカンクンは、巨大なホテルが立ち並ぶホテルゾーン

おしゃれなスポットが増え始めたセントラルゾーン

大自然が残るセノーテ

コロニアル街が残る近郊都市など

様々な顔を楽しむことができます。

 

みなさんもぜひお越しください!

カンクンのツアーたくさんあります!

 

 

Israel

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.08
    loading...
    WORLD情報局