¡Hola!

イスラエルです。

 

 

メキシコで10月といば死者の日です!

  

Thumb_img_9464_1024

メキシコは大きな国なので、各街、各地域に独自の伝統、独自の暮らしや習慣があります。そんな中でも、全てに共通する伝統があるとすれば、間違いなく死者の日のお祝いです。

 

死者の日は、死者を称えるメキシコのお祝いです。この伝統はスペイン統治以前の時代から根付いていたものですが、今日ではカトリックの要素や現代的なタッチさえも取り入れたものになっています。

 

メキシコでは、死者の日は2日間あります。地域や歴によって前後しますが、基本的には11月1日が全霊の日として祝われます。この日に子供たちの魂が到着し、次の日の2日には大人の魂が到着します。

 

 

Thumb_img_9444_1024

死者の日の起源

 

様々な文化と歴史を通して、死と結びつくのは、反省、宗教的やスピリチュアルな儀式、答えの探求などで、それらは恐れや賞賛、時には答えのない結果を導いてきました。

 

スペイン統治前から、人間の魂は死後も存在し続け、死後の世界で食器や道具、食べ物などを使い存在し続けると信じられてきました。

 

メキシコでの死者の日のお祝いの起源は、アステカ(Aztecas)、マヤ(Mayas)、プレペチャ(Purepechas)、ナワ(Nahuas)、トトナカス(Totonacas)などのメソアメリカの先住民の時代にまでさかのぼることができます。

 

先祖の命を祝う儀式は、少なくとも過去3,000年もの間、これらの文明によって行われてきました。スペイン統治前の時代には、頭蓋骨を装飾品として保存し、死と再生を象徴する儀式の際に展示するのが一般的でした。

 

後の『死者の日』となったお祭りは、アステカ太陽歴の9ヵ月目(現在の8月初旬頃)に行われ、丸々1ヵ月間祝われました。このお祭りは『死の貴婦人』(現在は「ラ・カトリーナ」に相当)として知られる『ミクテカシワトル神』(Mictecacihuatl)が執り行い、亡くなった子供たちと親戚へと捧げられました。

 

スペインからの征服者が15世紀にアメリカ大陸に到着したとき、彼らは先住民の異教の慣習に恐怖を感じ、カトリックに改宗させようとして、カトリックの祝日のひとつである11月初旬の万聖節にこの死者の日のお祝いを移動させました。

 

 

非常に長い歴史をもつ死者の日、後編に続きます!

 

イスラエル

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧