メキシコ湾岸沿いに位置する港町ベラクルスは、1519年に

建設された、メキシコ最初のスペイン植民都市です。


このベラクルスには実に様々な魅力があります。

古い歴史を持つコロニアルな町並み、港町の新鮮な魚介類、

温暖な気候とビーチ、盛んな音楽やダンス…など挙げれば

きりがありません!


そんなわけで今回はそのベラクルスの魅力に迫ります。


まずメキシコシティから行く場合、移動手段は飛行機かバス

となります。飛行機だと約1時間、バスだと5~6時間。


飛行機は一日に13便(2008年7月現在)、バスは毎時数本の

運航があります。


1

朝一番のclickメヒカーナで行くと、ベラクルス到着は7時30分。

まだ動き出していない港湾都市に、日が昇りはじめてます。



この旅では、異常に早かった到着ですが、そんなに朝早くついて

何をすればいいか。

もちろん朝食です!


2

GRAN CAFE DE LA PARROQUIA

(グランカフェ・デ・パロキア)


地元ではやたら有名なお店で、地元の人と観光客でやたらと

賑わってます。

中でも有名なのが、CAFE CON LECHE(カフェ・コン・レチェ)、

コーヒー牛乳というかカフェラテというか、そんなものです。


注文すると、エスプレッソの入ったコップが運ばれてきます。
6


ウェイター方が、ミルクの入ったヤカンをもって歩いて

いるのですが、これに熱いミルクを注いでくれます。

周りをみても、どのテーブルにもこのグラスがのってます。

3

できあがった見た目は、いたって普通ですけど…。



カフェを飲んでいると外から聞こえてくるのはマリンバの音色。

5


このベラクルスでは、いたる街角でマリンバを聴くことができます。

親子でマリンバを弾く姿を良く見かけます。

多いときは、おじいちゃん、息子、孫の3世代で弾いていたりします。

今回見かけたのは、マリンバは2人でしたが、それにサックスが

加わってました。

この街には、マリンバだけでなく様々な音楽に溢れておりますが

どの音楽も街や生活に自然と溶け込んでいるように思います。

とても素敵な街です。



次回に続く


***yuta

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧