前回 の続き。


旅行の楽しみは、何よりも「食」というメキシコシティスタッフ。

ここイダルゴでは鱒(TRUCHA)が有名なんです。


たどり着いたのは、San Miguel Reglaという自然公園。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-8

鱒が有名というだけあって、ベンチのデザインもこの通り。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-1


一向は早速養殖場へでかけます。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-2


ここでは、魚釣りもすることができます。(釣竿というよりは、

棒と糸と針と餌だけでしたが)。


それは次の機会にのこしておいて、今回は鱒の餌だけ

購入しました。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-3


鱒が泳いでいるところをみるのは初めてですが、この写真の

ように、みんなそろってぐるぐる回っています。


そこへ餌を投げ入れると…


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-4


鱒の叫び声でも聞こえてきそうなくらい、ばしゃばしゃばしゃ、

オレが食う、オレが食うと、和を乱します。

そして食べつくししばらくすると、今までのことがなかったかの

ようにまたぐるぐるまわりはじめます。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-5


みなさんも餌を買って、まいてます。

きちんと順路があるのですが、最初の生け簀でみなさん

餌をまくのですが、だんだん面倒になっていくのか、

途中でえさをまくのをやめてしまいます…。そしてゴールが

見えてくるとまたまき始めます。なんだかなぁ…。


さて、魚を見終わった後、やっぱり向かうのはレストラン。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-7


公園内には、鱒料理をだすレストランが、文字通り軒を

連ねてます。

H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-6


食べ方はたくさんあります。

素材をそのまま味わうために、ガーリック蒸しにするもよし、

揚げたものに塩だけのものでもよし、ディアボラソースがけに

しても良し、ベラクルス風にしても良し、ひとそれぞれです。


みんな別々な調理法で頼みましたが、どれも本当においしい

のです!!!


食べ物は鱒が有名ですが、お酒ではROM POPE(ロンポペ)が

有名です。

ロンポペは、卵ベースのお酒です。カルーアとは全く違いますが

あんな感じのものを想像して下さい。


もともとはプエブラ州の修道院で生まれたものですが、現在は

プエブラだけでなく、モレーロスやイダルゴなど、各地でその味を

楽しみことができます。

(メキシコシティのスーパーでも売ってますが、味が違いますね)


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-8


その味もバラエティに富んでます。

ココナッツ風味、カプチーノ風味、バニラ風味などの定番から

レモン風味などメキシコでしかだせない風味まで、その数

実に10数種類ありました。


H.I.S.メキシコシティー支店~タコタコ・タコス通信~-10


試飲もできました。

レモン味が一番おいしかったというのが私たち全員の意見でした。

牛乳と混ぜて飲んだり、お菓子作りにも応用できます。
おみたげにも喜ばれます。



食べ物のおいしいところっていいですよね。

イダルゴ観光はまだまだ続きます。




***yuta + メキシコシティ支店スタッフ




同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧